カテゴリ:55mmF2.8 AiS Micro( 3 )

2019年3月1日(金曜日)

2月26日の火曜日、朝早く起きて 2018年度の確定申告に行きました

お供は、ヘリコイドに潤滑油を注射して フォーカスリングが軽く回るようになった
AiS マイクロニッコール 55mmF2.8 です





1
b0069128_08553661.jpg

AiS Micro-Nikkor 55mmF2.8 on Nikon F

青い瞳の AiS マイクロニッコール 55mmF2.8 を 1959年のニコンF に 付けています

AiS マイクロニッコール 55mmF2.8 は 1980年に発売されました
わたしは ”AiS” マイクロニッコールと呼んでいますが
レンズ鏡胴には ”Ai”とか ”AiS”とかは書かれておらず 単に ”Micro-Nikkor” とだけ表示されています

でも 絞りリングを見れば このレンズが ”AiS” であることが判ります

単層膜に見える 青い瞳のコーティングは、良く見ると マルチコートが施されています





2
b0069128_08554018.jpg

惚れ直しました

フォーカスリングが固かったときには どうも持ち出すことが少なかったのですが
ヘリコイドへの潤滑油の注射で よみがえりました ♪♪♪

AiS マイクロニッコール 55mmF2.8、惚れ直しました


それでは α7 II に 付けて撮った 確定申告のあとの古い池田市の街並みの
絞り開放写真に行きます





3
b0069128_08554958.jpg

アジト

朝早く起きて行きましたので 確定申告は10時には終わり
豊能(とよの)税務署を飛び出しました

1枚目は、怪しげな忍者たちが集まるアジトという 飲み屋さんです
以降 撮った順番に並べております





4
b0069128_08555508.jpg

ブロック屋さん

さくら通りの、ブロック屋さんと思われるお店の 駐車場の片隅です

ブロックが きれいに積み上げられていました





5
b0069128_08560340.jpg




路地

路地の美容室です

暖かい春のひかりに 溢れております





6
b0069128_08560872.jpg

郵便ポストのある家並み

郵便ポストのある 落ち着いた家並みです

ここから ゆるやかな坂道を上がって行きます





7
b0069128_09443549.jpg




白塀(しろべい)

このあたりから 坂道が急になります

この白塀は 池田文庫という図書室の塀です
池田文庫は 阪急電鉄の創始者の 故 小林一三さんの思いが詰まった図書室です





8
b0069128_09444167.jpg

池田文庫

池田文庫には 阪急電鉄と宝塚歌劇に関する資料が集められています
左手奥には 一三さんが好きだった茶室があります


ところで、この写真 とても F2.8 の 開放で写した画像とは思えませんでしょ
まるで 中判カメラを三脚に載せて撮ったみたいです





9
b0069128_09445462.jpg



池田城跡公園

いつもの 池田城跡に着きました

この日は 休館日で入れませんでした
せっかく 坂道を上がって来たのに





10
b0069128_09450175.jpg

パンダくん

池田城跡の向かいに 小さな小さな公園がありました

なかなか可愛い表情をした パンダくんが、じっとわたしを見つめています





11
b0069128_09451103.jpg



Fireman

ここに来れば 必ず撮る 少年の消防士です

ハンマーを持つ姿が 堂に入ってます





12
b0069128_09451702.jpg



うさぎさん

消防士の少年の横に 二匹の可愛いうさぎさんがいます

ここは、老人ホームの出入り口のロータリーの植え込みなんです





13
b0069128_11302277.jpg

愛宕神社

池田城から 行きとは違う細い坂道を下りてきました

城山町の愛宕神社です

この神社というか 祠(ほこら)と呼ぶのかは 開いているのを見たことがありません





14
b0069128_11302707.jpg

トンネル

ちょっとフレアーがかかった気味の やさしい写りです

この写し方は


判りませ~ん
特に 変わった設定はしておりませんよ





15
b0069128_11303207.jpg




ウォンバットくん

栄町商店街を歩いて、疲れたので ベンチに腰をかけて一服です

池田市のマスコットアニマルの ウォンバットくんが タルのドラムを叩いております

このウォンバットくんは 池田市の五月山動物園におります

さあ、帰りましょう





**************************************************
■ 2019年2月26日 撮影
■ 1 ~ 2枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
■ 3~15枚目 AiS Micro-Nikkor 55mmF2.8 on Sony α7 II
■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F2.8

**************************************************

ヘリコイド注射してもらい、よみがえった AiS マイクロニッコール 55mmF2.8 の 写り
いかがだったでしょうか

この AiS マイクロニッコール 55mmF2.8 は、いまだに現役で 新品が売られています
マクロレンズらしい きっちりした写りが嬉しいです









-
by nakajimaakira1948 | 2019-03-01 12:05 | 55mmF2.8 AiS Micro | Trackback | Comments(6)
2014年6月21日(土曜日)

ニコンV1、昨年の3月29日に買っていますので 16ヶ月ほど経っていますが
トータルで1500枚強しか撮っておりません。
平均したら 1ヶ月に100枚以下、1日に3枚程度しか使ってもらっていない悲劇のカメラなのです。

でも 銀塩フィルム時代を思い起こせば、月に24枚撮りで4本ですから 多く撮っているほうです。

最近、ニコンV1と 純正マウントアダプターFT1に ファームアップの連絡がありました。
だいぶ古くなったV1も 忘れられてなかったのね ♪♪♪

それで ひさしぶりに ニコンV1です。
写真は 撮った古い順番に並べております。




1
b0069128_6393156.jpg

ミミちゃん

なんか すましておりますね

■ 2014年5月24日 ■ DX 18-55mm on V1 with FT1





2
b0069128_6472611.jpg

すずめ

えへへ、ひさしぶりに眼にピントが合いましたよぉ

■ 2014年5月31日 ■ VR 70-300mm on V1 with FT1





3
b0069128_6515288.jpg

サンタさん

若いサンタクロースで~す

古いけれど とてもシャープな、AiSマイクロニッコール55mmF2.8を付けています

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





4
b0069128_6565435.jpg

少年時代

「てっちゃん」でないわたしには どこの電車か判りません
少年時代ちゅう模型雑誌の創刊号に付いておりました

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





5
b0069128_763488.jpg

岐阜でチャンポン

今年の5月20日の手帳日記です

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





6
b0069128_7105457.jpg

シャッター速度ダイアル

トプコンREスーパーのシャッター速度ダイアルです
シルヴァーの仕上げが美しいです

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





7
b0069128_892637.jpg

監督

コートジボアールに負け、ギリシャと引き分け 顔色がありません
釜本、杉山が懐かしいです
サイドからのスローインで センターリングが出来た杉山 ・・・

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





8
b0069128_8156100.jpg

ねぎ

讃岐うどんの カレーうどん
なぜか カレーがどんぶりからこぼれ落ちそうです

実際には全然そんなことはないのですけんど

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





9
b0069128_8195736.jpg

ごくろうさま

穴子のてんぷらと カレーうどんを食べておなかいっぱいです

空を見上げると 足場のうえで一生懸命仕事をされています
お仕事 ごくろうさま

この AiSマイクロニッコール55mmF2.8、開放からすさまじい切れ味を見せるレンズです
4群5枚のクセノタール型です

■ 2014年6月20日 ■ AiS Micro 55mmF2.8 on V1 with FT1 ■ 絞り開放





おまけ
b0069128_10304165.jpg

AiS Micro 55mmF2.8 on Nikon V1 and FT1

V1 に FT1を取り付けて AiSマイクロ55mmF2.8を装着したところです
えへへ、かっこええでしょう

ところで、この AiSマイクロ55mmF2.8ですが AiSとは書かれてないし
Aiとも書かれていませんが AiSタイプです

AiとAiSの違いは たしかプログラム露出が可能になったのがAiSだったはずです

■ 2014年6月20日 ■ AF Micro 60mmF2.8 on D700


おわり












by nakajimaakira1948 | 2014-06-21 08:29 | 55mmF2.8 AiS Micro | Trackback | Comments(6)
2012年3月10日(土曜日)

忘れておりました。
銀塩フィルム時代に良く使った AiS マイクロニッコール 55mm F2.8 です。

デジタルになって買った AF マイクロニッコール 60mm F2.8D の シャープネスと
ボケの良さ(若干、二線ボケしますが)と AFの気楽さに負けているのでした。

「あかん、やはり写真は MF じゃ~」 と D700に付けて撮ってみました。




1
b0069128_10214055.jpg

AiS マイクロニッコール 55mm F2.8

こんなレンズです

距離目盛の上に カキ色で接写倍率が2種類刻印されています
PKの所は 中間リングを使った場合で等倍(1:1)までで
その下の倍率が レンズだけで撮った場合の数字で 1/2倍(1:2)までです

■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on D700





2
b0069128_10341349.jpg

撮り返し

はいっ、マイクロ55mmを付けて マイクロ60mmを撮り返しています

ぐっと醜い プラスティックの外観になりましたね

距離目盛は窓に出るようになって やはり接写倍率も描かれていますが
等倍まで接写できるようになりましたので 中間リングを使ったときの倍率は省略されています





3
b0069128_1046461.jpg

なに やってんのん?

「なに やってんのん?」 と やって来て見上げます





4
b0069128_10502771.jpg

見たことないぞ

コムギ 「ううむ、見たことないぞ」
わたし 「ううむ、そう言えば 見せたことがないぞ」

3枚目とこの写真、めずらしく MFでピントが来ていますね





5
b0069128_10583777.jpg

まくらもと

ブースカの右眼にピントを合わせています





6
b0069128_1113010.jpg

ニコン レンズシリーズE

1980年に買った、EMと レンズシリーズE 35mmF2.5です

ニコンの、ニッコールではない プラスティック外装レンズです
グリスが切れたのか スカスカのピントリングを回しますと 「おなら」のようにブブブと音がします (;。;)

プラスティック外装が 回転時の振動と共鳴しているのです





7
b0069128_11144919.jpg

また 撮り返し

えへへ、レンズシリーズE 35mmF2.5をD700に付けて おならの音を出しながら
EMにマイクロ55mmを付けたのを 撮ってみました

■ Nikon Lens Series E 35mm F2.5 on D700





8
b0069128_11234719.jpg

可哀想なやつ

これがマイクロ55mmの 最短撮影距離25cm付近の画像です
レンズがだいぶ伸びていますので レンズ鏡胴先端から10cm程度です

被写体は、可哀想なやつです
いつもD700と一緒に出かけているのに 外観が不細工なため紹介してもらったことがありません
3年前に中古で買いました
フードも買おうと思いましたが オバケのように巨大なやつなのでやめました

b0069128_16585953.jpg 純正フードってこんなんです
 巨大過ぎて買うのをやめました

 ずっとフード無しで撮っております

 【写真はインターネットより】



正式名は、Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D (IF) と言い
2000年のカメラ年鑑に出ていますので もう12年選手です

このレンズの特徴は 写真のノーマル・マクロの切替スイッチをマクロ側にすると
1/2倍(1:2)までのマクロ撮影が可能なことです





9
b0069128_11464275.jpg

ぐちゃぐちゃ

この日のぐちゃぐちゃの本棚の上には キヤノン デミ EE17 がありました

手前のボケているのは ペトリ55mmF1.8付きのペトリフレックス7 です





10
b0069128_1252259.jpg

カエルくん

ベランダのカエルくんで~す





11
b0069128_1150656.jpg

シカくんの眼

このシカくん、コムギと散歩中の 服部緑地公園で拾いました

よごれておりましたが 可愛いので連れ帰り ぐちゃぐちゃの仲間になりました

ピントは シカくんの左眼で~す





12
b0069128_11563592.jpg

カッサール105mm F4.5

ミュンヘンにあった シュタインハイルの カッサール105mm F4.5 です
蛇腹専用レンズで距離合わせ機構がなく、蛇腹(ベローズ)と併用してはじめて無限遠までピントが合います

蛇腹を繰り出せば マクロもOKです

蛇腹との合体が正式な姿ですが、写真はなぜかエキザクタの イハゲー社純製の中間リングに乗っております
あのカッサール専用蛇腹 どこやったんかなぁ~





13
b0069128_128920.jpg

マクロキラー 40mm F2.8

大先輩の キルフィットのマクロキラーが横たわっておりました
世界初の 無限遠から等倍付近まで写せるマクロレンズでした

距離目盛の上の赤い数字は接写倍率ですが 1.5x ちゅうのは何でしょう
ちなみに最大繰り出し(最短撮影距離)時では 1:1.1で 3.5x と記されています





14
b0069128_12405456.jpg

マイクロ 55mm & D700

今回は この組み合わせで撮りました

むかし マクロで寄り過ぎて フィルターわくをガチンとやってしまいました
もうフィルターやフードは ねじ込めません

マイクロニッコール55mmは奥眼やから、フードは はまらんでもええもんね (涙)

■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D + D80



*****************************************************
 ■ 2012年3月5日~10日 撮影
 ■ 2~6枚目、8~13枚目 AiS Micro Nikkor 55mm F2.8 on D700
 ■ 絞り優先オート、絞り開放 F2.8
 ■ 露出補正 すべてマイナス1/3EV

*****************************************************











by nakajimaakira1948 | 2012-03-10 13:03 | 55mmF2.8 AiS Micro | Trackback(1) | Comments(8)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31