カテゴリ:28mmF2.5 Tamron( 2 )

2020年2月19日(水曜日)

寒い日が続きますねぇ
サンデー毎日のわたしは、家に閉じこもって 手持ちのカメラやレンズをメンテナンスしております。

きょうのレンズは 1978年に世に出た タムロン 02B 28mm F2.5 です。




1
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13371374.jpg

Tamron 02B 28mm F2.5

わたしは むかしからズームレンズは嫌いでした

はじめて買ったズームレンズが ニッコールのヨンサンパーロク(43-86mm F3.5)で
まったくダメレンズだと思ったからです

1980年頃のこと、心斎橋のナニワへ Ai ニッコール 28mmF3.5 を買いに行ったら
ちょうど品切れで タムロンの販売促進員とおぼしき店員さんに「ニッコールより こっちの方が明るい」とか言われて
買わされたのが このタムロン 02B 28mm F2.5 だったのです


写真はあまり撮っていませんが イラクに2年間出張する際に持って行きました


仕様

概要:     1978年タムロン製 35mm一眼レフ用交換レンズ
焦点距離:   28mm
明るさ:    F2.5
レンズ構成:  7群7枚
最短撮影距離: 25cm
コーティング: BBAR(タムロンは多層膜と言うが 単層膜風)コーティング
フィルター径: φ49mm
絞り羽根:   5枚
重量:     231g
価格:     28,000円、アダプトール2 マウントアダプター 5,000円

1,500円のフードは お金を惜しんで買いませんでしたが 買っておけば良かったと思います
タクマー28mmF3.5 の 角型フードが使えるのですが
写真のように、無限遠では 鏡胴先端のフードがかぶさる部分が引っ込んでしまい フードは はじき飛ばされてしまいます


以上でゴタクは終わります
ソニー α7 II に付けた 絞り開放写真に行きましょう

■ 2020年2月19日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700





2
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13372102.jpg

ASAHI Pentax S2 with Auto Takumar 55mm F2

1959年のアサヒペンタックス S2 です

レンズのセミオートの オートタクマー 55mmF2 は 絶好調なんですが
カメラのシャッタースピードが 1秒~1/500秒までどこでも 2秒ぐらいかかってしまいます
シャッターの先膜は正常ですが 後膜の出が遅いのです

試しに、裏蓋を開いて シャッター膜を巻いている軸側と巻き取り軸側を ドライアーで暖めますと
シャッター膜は正常に作動します

しかし 正常に作動するのは 1日程度で、最近の様に寒いですと2~3時間程度で
また シャッター後膜の作動が遅くなってしまいます

カメラを分解してシャッター膜を巻いている軸に油をさせば治るかもしれませんが
ローガンが進んだ眼では 分解もおぼつかず この状態が続いています





3
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13372840.jpg

レンズのメンテ

これは簡単です
距離リングを 無限遠から最短撮影距離までグリグリ数回まわします
絞り羽根を 最大から最小までグリグリ回します





4
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13373453.jpg



おすまし

ミミちゃんが ひなたぼっこしています
すましておりますねぇ





5
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13374170.jpg

歪曲収差テスト

やはり単焦点レンズ、立派なものです





6
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13374711.jpg

minolta NEW SR-7

完調の ミノルタ ニュー SR-7 です

調子は良いのですが シャッターボタンのフィーリングが良くないので
ソフトレリーズを付けています
シャッターボタンのフィーリングが 非常に良くなりました

左の ニコンF は、シャッターボタンの位置が後ろ過ぎて いつもシャッターボタンを指で探すので
継ぎ足しシャッターボタンを付けています





7
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13375321.jpg

完調のカメラたち

どれも完調のカメラですが 巻き上げレバーの操作フィーリングを比べますと

1位 ミノルタ SRT スーパー
2位 ニコン F3

という順番ですね





8
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13375939.jpg

ポスト と 三輪車

タムロン 02B 28mm F2.5 の 最も得意とするシーンのように思います

ポスト と 三輪車が被写界深度内で 前後が柔らかくボケております





9
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13380452.jpg



夜の おひさまっこ保育園

タムロンが誇る BBARコーティングでの夜景です

単層膜コーティングなのか マルチコーティングなのか良くわかりませんが
光源まわりのニジミは 単層膜コーティング風と感じます





10
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13380958.jpg



スワジランドのおばさん

お盆を頭にに乗せて働く スワジランドのおばさんです
高さが 60cm も あります

ちょっと フレアーがかかったような描写です
大好きです





11
タムロン 28mm F2.5 で カメラを撮る_b0069128_13381398.jpg

舐めたらあかん

ミミちゃんの後にあるのは 低速度のシャッター時に
ときどき ミラーが上がりっぱなしになる ヤシカ FFT です

修理が終わって FFTを床に置いていると
ミミちゃんが寄って来て もう少しでレンズをペロッと舐めようとします

コレッ、舐めたらあかん

ファインダー像拡大機能も ピーキング機能も使わずに撮ったにしては
良く写っています

おわり


***************************************
 ■ 2020年2月14日~19日 撮る
 ■ Tamron 02B 28mm F2.5 on SONY α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2.5

***************************************

タムロン 28mm F2.5 のような むかしのフレアーがかった描写が大好きです
絞りをF5.6まで絞りますと フレアーは出なくなるようです

でもそれでは なんのための タムロン 28mm F2.5 かと思ってしまいます










-


by nakajimaakira1948 | 2020-02-19 16:12 | 28mmF2.5 Tamron | Trackback | Comments(2)
2011年4月24日(日曜日)
1981年の夏、心斎橋の「カメラのナニワ」へニッコールの28mmF3.5を買いに行きました。
欲しかったニッコール28mmF3.5は売り切れで店には無く ナニワを出るときに手にしていたのは
タムロンの 28mmF2.5(B02)でした。

いま思えば、ナニワに常駐していたタムロンの販売促進員のひとに
「これはニッコールより明るくてシャープ、そして安い」と言われて買ったように思います。

このタムロン28mmF2.5は、数年後に2年間ほど出張した戦争中のイラクでニコンEMに付けて使いました。
逆光ではフレアーが多かったですが 順光では綺麗な写真が撮れました。
帰国後は、28mmはシグマの明るいAF1.8を買いましたので イラク以降タムロン28mmを使った記憶がありません。

このタムロン28mmはアダプトール・マウントで、わたしは ニコン用、トプコン(エキザクタ)用、M42用のアダプトールマウントを持っていますが
今回はM42マウント用のアダプターを使って 松下さんのG1で撮ってみました。

MFレンズを使うときは、ライブビューにすれば D700(ニコン)や E330(エキザクタ)でも
背面モニターでMFアシスト(5~13倍程度に拡大)はできるんですが
松下さんのG1はライブビューをファインダーで見れて 一番やりやすいからです。

写真は撮った順番に並べております。




1
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_15521346.jpg

やせがまん

コムギは ええかっこしーですから 注射されても泣きません
狂犬病の予防注射を背中にプチューです

■ 2011年4月18日 ■ 絞りF4




2
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_15582454.jpg

まだあるのん?

先生   「フェラリアの検査だよ~ん」
コムギ 「・・・」

待っている時は震えておりましたが コムギは観念しており動物病院では決して鳴きません

■ 2011年4月18日 ■ 絞りF4



3
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_1613372.jpg

頑張ったねぇ~

良く頑張ったねぇ~

先生は「注射後1時間は急に弱ることがありますので気をつけてください」と
バッグに入れてちょっと散歩です

■ 2011年4月18日 ■ 絞りF4



4
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_1661857.jpg

わんこたち

いつもの わんこ達です
「どこへ連れて行ってもらったん?」

さぁ、帰ろう

■ 2011年4月18日 ■ 絞りF4




5
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_16211836.jpg

死ぬかと思ったぜ

家に帰ったら「死ぬかと思ったぜ」と言っております

■ 2011年4月18日 ■ 絞りF4




6
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_1625965.jpg

なんやぁ~

ここから きょうの写真です
朝の9時から 緑地公園へ行きました

■ 2011年4月24日 ■ 絞り開放F2.5




7
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_1633204.jpg

ピントは電球

いつものたこ焼き屋さんです
ピントは電球です

■ 2011年4月24日 ■ 絞り開放F2.5




8
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_16364257.jpg

たけのこ

このたけのこは 3ヶ月ぐらいで30mぐらいの高さまで伸びるんですって

■ 2011年4月24日 ■ 絞り開放F2.5




9
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_164010100.jpg

HRC

HRC(服部ライディング・センター)です

■ 2011年4月24日 ■ 絞り開放F2.5




10
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_1643820.jpg

クマさん

管理人さんが ひび割れを治してくれています

良かった ♪♪♪
でもアゴのへん、年輪が1枚めくれて変になっています

■ 2011年4月24日 ■ 絞り開放F2.5




11
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_164928.jpg

きゃんきゃんきゃん

太鼓亭の駐車場で待たされているワンコが きゃんきゃんきゃんと鳴いております

写真を撮ろうとすると 今度はコムギとわたしに きゃんきゃんきゃん
うしろのワンコは だまってブスー (^^)

■ 2011年4月24日 ■ 絞り開放F2.5




12
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_165658.jpg

グリップが出てる

別になんということのない写真です
金網から 自転車のグリップが はみ出ておりました

■ 2011年4月24日 ■ 絞り開放F2.5


*******************************
 撮影データー
■ 2011年4月18日&24日
■ TAMRON 28mm F2.5 + Panasonic G1
■ プログラムオート
■ 露出補正:それなりに

*******************************



おまけ
タムロン28mmF2.5で 動物病院へ_b0069128_1781194.jpg

タムロン28mmF2.5 と Lumix G1

こんなレンズです

こんなに前玉が小さいのに F2.5なんですね~
この前のコムラノン28mmF2.5とは 同じ焦点距離で同じ明るさなのに 大きさが全然異なります

1980年頃のカメラ総合カタログに出ております
7群7枚構成、最短撮影距離25cm、フィルター径49mm、重量は236gです
1986年度のカメラブックにも タムロンの数少ない単焦点レンズの1つとして載っていますので
けっこう寿命の長いレンズだったようです

タムロン28mmF2.5に ゴミがいっぱい付いたように写っていますが
これは撮ったカメラかレンズが悪いのです
実際のレンズにはゴミはありませ~ん

■ 2011年4月24日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8 + D700











by nakajimaakira1948 | 2011-04-24 17:34 | 28mmF2.5 Tamron | Trackback | Comments(16)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30