<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

浅香山へ

2016年11月30日

所用で来阪した 幕張の兄夫婦と一緒に
かれこれ40年ぶりに 堺市の浅香山のおばちゃんの家を訪ねました。
おばちゃんは 死んだ母の妹で今年91歳になります。

いやぁ、40年経ちますと 浅香山のまわりの景色は全く変わっておりました。




1
浅香山へ_b0069128_9121178.jpg

Natsuro

兄夫婦とは 地下鉄御堂筋線の北花田駅での現地集合です
ここ北大阪急行の桃山台駅から 北花田駅まで乗り換え無しで行けます

Natsuroで おみやげのケーキを買います
Natsuroって ナツロウで 夏郎さんの経営かしら





2
浅香山へ_b0069128_9191585.jpg

石段

ナツロウの横に 32段の石段がありました
誰か上がって行くかと思いましたが 誰も・・・





3
浅香山へ_b0069128_923475.jpg

丘のうえ

桃山台の丘の上です
ここは 豊中市ではなく吹田市になります





4
浅香山へ_b0069128_9245914.jpg

お化粧

桃山台あたりでは地下鉄ではなく 地上鉄です

お化粧しているところです
この写真 ブレてもいないのにボンヤリ写っていますねぇ





5
浅香山へ_b0069128_931118.jpg

交番

北花田駅に着きました
待ち合わせまで時間があるので ちょっとまわりをカメラ散歩です

すっかり景色が変わっています





6
浅香山へ_b0069128_9343630.jpg

雲は流れる

空を見上げると、電柱の上の雲が かなりのスピードで流れていきます
ファインダーを覗いていると クラクラします





7
浅香山へ_b0069128_9402177.jpg

阪急かイオンか

阪急かイオンか良く判らんところです
エスカレーターのおねぃさんが モデルみたいでした





8
浅香山へ_b0069128_9432080.jpg

のっぺら おねぃさん

のっぺらぼうの顔にピントを合わせようとしても AFが迷います
当然ですねぇ

狙いをネックレイスにすると すぐに合焦です





9
浅香山へ_b0069128_9485959.jpg

ヒメちゃん

おばちゃんは とても元気でした

ウィスキーを舐めながら撮った おばちゃんの愛猫のヒメちゃんです
まだ 4ヶ月ぐらいの子猫です

ぜんぜん 人見知りしません





10
浅香山へ_b0069128_9581990.jpg

ハルカスが見える

帰ることにします

団地の6階から 阿倍野ハルカスが見えています



****************************
 ■ 2016年11月24日 撮影
 ■ FE 28-70mm on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放

****************************









-
タグ:
by nakajimaakira1948 | 2016-11-30 10:06 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(6)

コニカFP の 修理

2016年11月23日(水曜日)勤労感謝の日

11月1日に ヤフーオークションで手に入れた コニカFPの修理です。

ヤフーオークションの出品者の説明書きでは
「ファインダーの汚れ と 貼革のハガレがあるが 全体的には綺麗で シャッターは作動する」
というものでした。

届いたコニカFPは たしかに綺麗な外観の機体でした。
ところが、シャッターは作動すると書かれていたのに 2回目のシャッターを押したところで
ミラーが上がったままで降りて来ない、巻き上げることもできない状態になってしまいました。

さて 1,000円のコニカFP、どうしましょう





1
コニカFP の 修理_b0069128_7433355.jpg

届いた状態

1962年のコニカFPです
まだARマウントになるまえの コニカFマウントです

綺麗、安かった、うれしぃ~
ケンコーの2倍コンバーター、アクセサリーシューやY2フィルターまで付いている
ヘキサノン52mmF1.8の状態は 拭き傷やカビなど無く 非常に良さそうです

ところが 2回シャッターを切ったところで ミラーが上がりっぱなしになり
ファインダーが真っ暗になってしまったのです





2
コニカFP の 修理_b0069128_7512676.jpg

レンズ ロックレバー

まずレンズを取り外します

この時 変なことが起こりました
レンズ取り外しボタンを押していないのに レンズが回るのです

写真右側の丸いレンズ取り外しボタンと 中央のロックレバーの連動が壊れていて
レンズが 本来行くはずでない所まで 回り過ぎています
ロックレバーを動かしてみると バネが無いのかグラグラします

出品者は こんなこと書いていなかったのに(涙)





3
コニカFP の 修理_b0069128_754344.jpg

Copal Square

裏蓋を開けてシャッターの状態を見てみます

おぉ~、シャッターは あの縦走り金属製のコパルスクエアーです
堂々と そして誇らしげに Copal Squareと金色の文字で書かれていました
「コパルスクエアーならば シャッター自体は壊れるはずは無い」
わたしは これは治ると直感しました

以前に入手したコパルスクエアーのコニカFTAも、一度ミラーが上がりっぱなしになったのですが
簡単な処置だけで治した経験があったのでした

また トプコンRE-2やニコマートELも コパルスクエアー系のシャッターですが
両機とも コパルスクエアーはいつまでたっても元気いっぱいです

もし シャッターのコパルスクエアー自体が壊れていないとすれば
ミラーの上がりっぱなしは、レリーズとシャッターの連携部分に何かが起きているですね





4
コニカFP の 修理_b0069128_759086.jpg

修理道具

わたしのカメラ修理道具です
精密ドライバーとカニ目回しです


ウソです

これらを使って 何台のカメラを壊してしまったでしょうか
わたしは カメラの軍艦部を開いて修理できたことは一度も記憶にないのです
修理を手掛けたカメラの 殆どを壊してしまいましたよぉ





5
コニカFP の 修理_b0069128_82623.jpg

ベンジンと潤滑油

これが 本当のわたしの修理道具です
潤滑油 と ベンジン と 虫めがね

カメラの故障の90%は、「電池室の接触不良」と「メカのオイル切れ」と修理の本で読みました

ペンタックスS3とコニカFTAのフォーカルプレーンシャッター機は 潤滑油の一吹きで、
レチナⅡcのコンパーのシャッターは レンズ前玉をねじって外し ベンジンを綿棒につけてシャッターを撫でる
そんなやり方で治しました

カメラを分解せずに 具合の悪そうな部分に潤滑油を吹きかけるとか
レンズシャッター機なら シャッターの表部分をベンジンで洗うのです
レンズシャッターの裏側は 爪楊枝でシャッターをそっとめくって綿棒で少量ベンジンを流し込みます
なお レンズシャッターの羽根には 潤滑油などのオイル類はつけてはなりませぬ


それで治らないカメラは あきらめることにしています





6
コニカFP の 修理_b0069128_865442.jpg

ここらが怪しい

シャッター(コパルスクエアー)は悪くないのにミラーが上がりっぱなしになってるとすれば
シャッターユニットとミラーの連携のどこかが悪いのでしょう

上がりっぱなしのミラーに 指の爪をかけて下げてみます
指を離すとまた上がってしまいます

ミラーを下げるとき マウント下部の左側のオタマジャクシ型レバーが下に動きます
このレバーは レンズの自動絞り作動用のレバーですね

ここらが怪しい
マウントの裏側を虫めがねで見てみます
でも良く判りません

矢印で示した辺りに 潤滑油をシュッと一吹きします
でも 変化はありません

【注記】
写真は、修理が終わってから撮っていますので ミラーは下がっておりますが
実際の修理中には ミラーは上がりっぱなしでした





7
コニカFP の 修理_b0069128_814174.jpg

ベンジン注入

次は、矢印で示した マウント下部の部分にベンジンを注入しました
もし油分が固着しているのなら ベンジンで溶けるのにしばらく時間がかかります

その他、コパルスクエアー自体の心臓部である マウント内向かって左上部分には
潤滑油を一吹きしておき そのままの状態で一晩放っておきました


次の朝、1/60秒になっていたシャッター速度ダイアルを 1/125秒にしたとたん
カシャッと音がして ミラーが下がって来たのでありました

ひやぁ~、うれしい ♪♪♪
これ以降 ミラーが上がりっぱなしになる故障は起こっていません





8
コニカFP の 修理_b0069128_818218.jpg

巻き上げレバーの蓋

あとは 修理と呼べるようなものではなく お化粧作業です



コニカFP の 修理_b0069128_8195032.jpg

これは 出品者がヤフーオークションに付けていた写真です
巻き上げレバーの上部のフタが無くなっていて アルミフォイルが貼られていました


パーマセルを13mm径の円形に切り抜いて アルミフォイルの上に貼り付けました
コニカFPの本来のフタはクロームめっき仕上げですが わたしのは黒になりましたよ





9
コニカFP の 修理_b0069128_8283214.jpg

裏蓋開閉ラッチ

「剝がれかけています」と出品者が言っていた裏蓋開閉ラッチの貼革です
これも簡単、剝がれかけの革をめくり ここにもパーマセルを切って矢印のように貼り付けました





10
コニカFP の 修理_b0069128_833151.jpg

修理を終えて

修理を終えて 一段とべっぴんさんになったコニカFPの雄姿です

なにっ、1枚目と何も変わらんって?
いいえ、巻き上げレバーのフタが アルミフォイルの銀色からパ-マセルの黒色になってるでしょ


コニカFP、結局 どこが悪かったのか 何故治ったのか本当のところは判りません
レンズロックが壊れているので レンズを回し過ぎて自動絞りを作動させるレバーが動いても
レンズ側のレバーと連動できないので このメカニズムに無理がいったのか
それとも シャッターリリースとミラーの連携機構が固着しかけていたのか
あるいは わたしが絶対の信頼をおくコパルスクエアー本体の潤滑油切れだったのか

もう レンズロックの壊れているコニカFPで写真を撮ることはないでしょうが
ヘキサノン52mmF1.8のほうは、コニカF→コニカARマウントアダプターを見つけて
AR52mmF1.8との描写の違いがあるのかなどを確かめてみたいと思っています

おしまい



***********************************************
 ■ 2016年11月1日~19日 撮影
 ■ 1 & 10枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 2 ~ 9枚目 1-Nikkor 10mmF2.8 on Nikon V1

***********************************************


毎日 コニカFPは大丈夫かなぁと
恐る恐るシャッターを切っておりますが カシャッと大きな音で元気に切れています♪♪♪









-
by nakajimaakira1948 | 2016-11-23 08:47 | 10mmF2.8 1-Nikkor | Trackback | Comments(6)
2016年11月16日(水曜日)

すごいレンズが やって来ました
その名は ヘキサノン AR 28mmF3.5 です

先週の土曜日、ヤフーオークションで落とした キヤノンT70 と ヘキサノン AR 28mmF3.5 が届きました。

出品者は なんと同一人物でした。
キヤノンT70は 単3電池を入れると露出計が動いて シャッターを押すと
ガッシャン・ブーと巨大な音がします、ブーの音は内蔵ワインダーの巻き上げの音です。
完動品で980円でした。

もう一つのほうが ヘキサノン AR 28mmF3.5 でした。
中国製の コニカ→NEXのマウントアダプターを付けてα7で撮ったら ものすごい写りです。
これが 3,500円の写りでしょうか




1
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13183266.jpg

ヘキサノン AR 28mmF3.5

これが ヘキサノン AR 28mmF3.5 です

コニカオートレックスで FマウントからARマウントになったときからあり
ピントリングが金属製ローレットですので 1965年製の7枚玉の28mmと思われます

鏡胴は それなりに使ったあとが認められますが
常時フィルターを付けていたためか ガラス部には拭き傷や曇りは全くありません
コーティングは アンバー系とマゼンタ系の単層膜コーティングで 最短撮影距離は30cmです


うしろでボケているカメラは
付いて来たNFD35-70mmズームを外して、NFD50mmF1.8を付けて いじり回しているT70です

写真は、自分で自分は撮れないので α7にそのとき付いていた 非Ai Nikkor-S 50mmF1.4で撮りました

【訂正】2017年3月11日
このレンズは、7群7枚で 1970年から造られていました

■ 2016年11月12日 ■ 非Ai Nikkor-S 50mmF1.4 on SONY α7





2
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13180376.jpg

すごい写り

ヘキサノン28mmF3.5を α7に付けて 絞り開放で撮ってみました

目の覚めるような写りです
ぐちゃぐちゃの本棚のうえが 抜群にシャープに写っています

わたしは 28mmの画角が好きで

ニッコール H   28mmF3.5
キヤノン FL     28mmF3.5
コムラノン    28mmF2.5
ロッコール SI   28mmF2.5
スーパータクマー 28mmF3.5
ミランダ     28mmF2.8
タムロン 02B   28mmF2.5
キヤノン FD    28mmF2.8
Ai ニッコール   28mmF2.8
ハニメックス   28mmF2.8
AF シグマ     28mmF1.8
Lydith      30mmF3.5

などの単焦点レンズを使って来ましたが ヘキサノンAR28mmは ベストだと言って良いと思いましたよ





3
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13173302.jpg

雪だるま くん

11月14日の月曜日は 梅田の「たよし」で 先輩・同僚との飲み会でした
あいにく朝から雨でしたが ヘキサノンAR28mmを使うのが嬉しくてルンルン気分です

待ち合わせ時刻よりも1時間ほど先について パチリパチリ

雪だるまくんも 非常にシャープに写っていますでしょ





4
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13170375.jpg

時空の広場

雪だるまくんは 大阪駅の時空の広場にいたのです
まだ すこし痛いぎっくり腰に気をつかいながら しゃがみ込んで撮ったのでありました





5
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13162737.jpg

雨の屋上

いつもなら もっと人が多いところですが
雨では 人も少ないです





6
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13155893.jpg

Del Sole

また時空の広場に降りてきて Del Sole を撮ります

歪みの少ないヘキサノンAR28mmは 建築写真にも良さそうですね





7
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13152692.jpg

待ち合わせ場所へ

ぼちぼち時間です
待ち合わせ場所へ向かいます

雨は あがったようです





8
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13145179.jpg

何してるのん

「たよし」で3時間ほど飲んだあと、ぶらぶら散歩しながら 次の店を探しています
おにぃさんとおねぃさんが しゃがみこんで何かしています

何してるのん





9
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13142153.jpg

トクットクットクッ

つぎの店を見つけました

えへへ、優しいおねぃさんが ワインをついでくれます





10
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13134407.jpg

赤玉がある

ワインの店ですが むかし懐かしい赤玉ポートワインがありました

もう60年以上まえのことですが、母方のおばあちゃんが 寝る前に赤い飲み物を飲んでおりました
わたし    「それなに?」
おばあちゃん 「赤玉ポートワイン、養命酒は薬草くさい。おばあちゃんはコレが好きやねん」

優しいおねぃさんを見ながら ふと思い出しました





11
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13131412.jpg

とっぷり暮れて

2件目を出ると もうとっぷり暮れていました

曽根崎のお初天神通りの入口です
暗くても ヘキサノンAR28mmは なんのそのです





12
ヘキサノン AR 28mmF3.5 で 梅田へ_b0069128_13120095.jpg

赤とピンク

梅田で先輩・同僚とお別れして 阪急電車で帰ります

最寄り駅の岡町駅で降りて 商店街を撮っています
赤とピンクの着物を撮っていますと 音楽が流れてきます

反射的に ヘキサノンAR28mmが 女の子を撮っていました



*************************************
 ■ 2016年11月12~14日 撮る
 ■ Hexanon AR 28mmF3.5 on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、絞り開放 F3.5

*************************************

50年近くまえのヘキサノンAR28mmF3.5の写り いかがだったでしょうか

ニッコールH28mmF3.5や スーパータクマー28mm3.5の優しい写りではなく
とにかく 絞り開放からシャープに撮れるレンズのようですね









-

タグ:
by nakajimaakira1948 | 2016-11-16 15:28 | 28mmF3.5 Hexanon AR | Trackback | Comments(12)
2016年11月11日(金曜日)

ニコンは 非Aiニッコールを捨てたのでしょうか?

ニコンの昔の非Aiニッコールをデジタル一眼で使いたいのに
ニコンのデジタル一眼レフでは使えず、例えばキヤノンのデジタル一眼レフならば
マウントアダプターを使用すれば どんな非Aiニッコールでも使えます。

こんなアホな話しが まかり通って良いのでしょうか?
ニッコールレンズは「不滅のニコンFマウント」ではなかったのか?

ニコンD700の使用説明書にはこう書かれています。
『次の非CPUレンズは使用できません。無理に装着しようとすると、
カメラやレンズを破損しますのでご注意ください。』
その使用できないレンズの2番目に
・Ai改造をしていないレンズ(Ai方式以前の連動爪を使用するタイプ)
とあります。

なぜ キヤノンやソニーなど他のメーカーのカメラが 非Aiニッコールを使えて、
本家のニコンのデジタルカメラが非Aiニッコールを使えないのか わたしには判りません。

こんなことを言うのも わたし非Aiニッコールが好きだからなのです。
Sオート50mmF1.4、Newニッコール55mmF1.2、マイクロニッコールPオート55mmF3.5,
ニッコールH 28mmF3.5 どれも絞り開放から最高の写りをすると思っています。


ニコンよ、いまからでも遅くない
トランプが次期大統領になるのを記念して、総力を挙げて 非Aiニッコールが使えるデジタル一眼レフを完成してください。

こんなことを考えながら、非AiニッコールSオート50mmF1.4をソニーα7に付けて撮りました。





1
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_1623497.jpg

Nikkor-S Auto 50mmF1.4 on SONY α7

1962~64年に造られた ニッコール-S オート50mmF1.4です

実は、このニッコール-S オート50mmF1.4は ニコンは使えないと言っておりますが
実際には ニコンのデジタル一眼レフで使えました
2005年10月の「NIKKOR-S Auto 50mm F1.4」で紹介しております


そのほか ニコン初期の入門用デジタル一眼レフD40などでも 制約はありますが 使えました
ニコンD700でも やや絞りリングの回転が重くなりますが使えます

もうちょっと努力すれば 非Aiニッコールも ニコンのデジタル一眼レフで使えそうと思うのです


しつこいですので ソニーα7に付けて撮った写真に行きます

■ 2016年11月11日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_16253736.jpg

まぶしいよ~

ミミちゃん 「まぶしいよ~」
わたし   「トランプみたいな奴でも 大統領になれる。我慢しなさい」


この写真、絞りを幾つまで絞ったか 忘れました





3
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_16285457.jpg

街角のべっぴんさん

ここから絞りは開放F1.4です

前に キヤノンの200mmF4.5で撮ったことのある べっぴんさんです
キリッと写らずボヤーンと写ってますねぇ





4
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_16344164.jpg

園児たち

園児たちが下校(下園ですか)しております

シャープで有名だったこのレンズも 絞り開放ではこの程度だったのですねぇ





5
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_16395360.jpg

ダクト

ピントは 中央のダクトです





6
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_16423014.jpg

サルビアの道

フードは50mm用が見当たらなかったので 35mm用を使いました

斜め逆光で きれいなフレアーが出ています





7
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_16455925.jpg

ことり公園

ことり公園のガラスに描いたビルが 細部まで解像しています
うれしい~





8
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_1648309.jpg

雪だるま と レンガくん

ピントは ちいさな雪だるまです

色収差が認められます





9
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_1652695.jpg

スーパーカー

電柱の無い街に スーパーカーが止まっています
拡大すると ナンバープレートが読めます





10
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_16562480.jpg

旭ヶ丘団地

中央のタワーのてっぺん辺りにピントを合わせました





11
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_1704233.jpg

トリスおやじ

最短撮影距離60cm近辺で トリスおやじにピントを合わせたつもりでしたが
となりのホームズ辺りにピントが来てます
うしろのニッパーくん ええボケ具合です





12
ニッコールS Auto 50mmF1.4 で_b0069128_176241.jpg

革ケース

レチナIIc のシャッターが動かなくなりました

前玉を外して シャッターをベンジンをつけた綿棒でこすり
シャッターの裏側はこすれないので ベンジンを少し流し込んだら動き出しました

コンパー・シャッターは メンテナンスし易いです
メンテが終わって 革ケースに入れようとしているところです



****************************************
 ■ 2016年11月7~9日撮る
 ■ Nikkor-S Auto 50mmF1.4 on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、絞り開放F1.4

****************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2016-11-11 17:20 | 50mmF1.4 Nikkor-S 前期 | Trackback | Comments(10)
2016年11月5日(土曜日)

久しぶりに キルフィットのマクロキラーD 40mm F2.8 での写真です。

このマクロキラーは リヒテンシュタイン公国にあったキルフィット社が
1955年に世界に先駆けて造った マクロキラー40mmF3.5の第二弾として
1960年に発売した F2.8の明るいマクロレンズです。

レンズの詳細は「エキザクタ物語 -2(レンズ編)」の 2枚目で紹介しております。

いままでマクロキラー40mmは、オリンパスE330と 松下さんのLumix G1に付けて撮っていましたので
レンズが作る画像の中心部だけを覗くことになり 本当の実力はよく判らないままでした。

文化の日、ミミちゃんを連れて マクロキラー40mmを付けたソニーα7を首から下げて
近くの服部緑地公園へ出かけたのでありました。

マクロキラー40mmF2.8の フルサイズでの写りはどんなんでしょうか。





1
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_1339493.jpg

Kilfitt Makro Kilar-D 40mm F2.8 on Sony α7

マクロキラー40mmF2.8を α7に付けたところです

レンズとボディの生まれには 50年以上の開きがありますが
こうして見ますと 良く似合ったカップルに見えます

■ 2016年11月4日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_13434446.jpg

シカくん

出かけるまえに ちょっと撮ってみました

小さなシカのあかちゃんが コップの中でくつろいでいます
ピントは あかちゃんの左目です





3
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_13465952.jpg

ウマさん

カラオケ屋さんのプランターの ウマさんです
ピントは眼のつもりです





4
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_13493842.jpg

カンテラ少女

カラオケ屋さんの入口のところにいる カンテラを持つ少女です

わたし、この少女が大好きで まえを通るときはいつも撮ります ♪♪♪

ちょっとコントラストが弱いようで なんとも言えません





5
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_13543070.jpg

行ってらっしゃい

ミミちゃんとわたしに「行ってらっしゃい」って言ってくれたので
もう1枚





6
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_13574679.jpg

ダクタイル配管

レンズの解像力をみるのに いつも撮るダクタイル配管です
天竺川をまたいで 服部霊園に水を運んでいます

マイクロニッコール55mmF2.8に比べると
解像力はだいぶ劣っているけれど 優しい写りがええですねぇ





7
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_1432742.jpg

サッカー大会

文化の日ということで
服部緑地公園のグラウンドで 園児たちのサッカー大会がありました

無限遠から 1~2mm近距離側で撮りました





8
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_148168.jpg

合掌造り

日本民家集落の合掌造りです

ピントは 屋根の一番高いところです





9
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_14105210.jpg

穴場

MFでは 動きの速いミミちゃんを ジャスピンで捉えることはできません

ここは トリさんを撮るかたたちの穴場です





10
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_1414988.jpg

竹柵とミミちゃん

ミミちゃんは、竹柵の足元の枯葉のうえを歩きます
カサカサ音がするのが楽しいようです

ピントは 上部の竹柵です





11
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_1418821.jpg

まだまだ

このところ 急に寒くなったので もう少し紅葉しているかと思ったのですが
まだまだでした





12
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_14213959.jpg

ギュイーン

小鹿橋を過ぎたところから 眼下のカーブを眺めています
バイクが アウト・イン・アウトで ギュイーンと曲がって行きます





13
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_14252525.jpg

右目のうえの毛

いなり山のベンチで ちょっと休憩です
ミミちゃんも 上がってきて休憩です

上から ミミちゃんの右目を撮ろうとしましたが
シャッターを押す直前に下を向いたので 右目の上の毛が写りました(涙)
そこだけシャープです (涙涙)





14
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_21261511.jpg

秘密の公園

いなり山を下りてきて秘密の公園です

この写真いやにクッキリ写っています
マクロキラー40mmの弱点は 絞りにクリックが無いことです
手が当たって 少し絞られたのかもしれませんねぇ


【注】2018年10月17日
マクロキラー40mmは プリセット絞りを採用していますが
絞り設定リングで 絞り開放F2.8を選んでおけば 絞りリングは回らないのですが
わたしは どの絞りも使えるように 設定絞りを最小のF22にしているので
絞りリングが知らないあいだに回転することがあるのです





15
マクロキラー 40mmで 服部緑地_b0069128_14414929.jpg

文化住宅

秘密の公園の土手を手前に 向こう側の文化住宅の青い屋根を狙っていました
おばぁさんがヒョイと出て来られました


おわり


*******************************************
 ■ 2~15枚目 2016年11月3日撮る
 ■ Kilfitt Makro Kilar-D 40mmF2.8 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、絞り開放F2.8

*******************************************

マクロレンズと思えない優しい写りでした
また マクロキラー40mmF2.8に惚れ直しました









-
タグ:
by nakajimaakira1948 | 2016-11-05 14:53 | 40mmF2.8 Makro Kilar | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30