<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年1月29日(月曜日)

今日は 小西六のコニカのカメラを紹介する「コニカ倶楽部」です。

コニカは、明治42年の六櫻社から始まる 日本最古の写真機メーカーでありました。
六櫻社から 小西六写真工業、コニカと社名は変わりましたが
一貫して 親・子・孫と三代にわたって使える タフな写真機を造り続けました。


「コニカ倶楽部」を紹介するまえに 最近悲しい事とうれしい事がありました。
まず それを紹介します。




1
b0069128_11294821.jpg

Konika Autorex

1月1日の元旦の朝、ガッチャンというオートレックスのシャッター音が聞きたくて
巻き上げレバーを巻き上げてシャッターを押しますと シャッターが降りません

数日のあいだ、いろいろやってみましたが シャッターボタンとシャッターの連携が故障しているようです
これが気に入っているオートレックスでなく あとのコニカFTAやオートリフレックスT3等でしたら
きっと軍艦部のカバーを開けて いろいろやって、結局 本格的に壊してしまったことでしょう

修理に出すことにしました
ミノルタとコニカのカメラは、ケンコー・トキナーが 今でも修理を受け付けてくれるのです
まず電話して状況を話すと、見積るのでオートレックスを送ってほしいとの事で送りました
その後 ケンコー・トキナーより電話があり シャッターを交換するので 約1万8千円かかるとの事でした

1500円で入手したオートレックスですが、綺麗で フル・ハーフの切り替えや 露出計も生きており
とても気に入っているカメラなので 修理をお願いすることにしました
しかし オートレックスのシャッターを交換するって あの丈夫なコパルスケアが壊れるのか
それと ケンコー・トキナーは 今でもコパルスケアを持っているかしら


その オートレックスが 完治して帰って来たのです うれしい~

修理伝票には シャッター交換の部品代は無く コパルスケアは生き返ったのです
シャッターの部品代は、修理の困難さと 依頼していなかったペンタプリズムの清掃で消えたのでしょう
何よりも「あのコパルスケアが壊れることはない」という信念どおりだったのがうれしいです





2
b0069128_12404727.jpg

前から

オートレックスの各部を見てみましょう
前面の黒いダイアルは コパルスケア独特のシャッタースピードダイアルで CdS露出計も付いています
軍艦部には左から 巻き上げレバー、シャッターボタン、フィルムカウンターが付いています

シャッターボタンが長いのは ストロークの途中で自動露出を得るためです
そうです、CDS外光式ながら オートレックスはシャッター速度優先のEE機能を持っているのでした





3
b0069128_12483673.jpg


後ろから

ファインダー接眼窓の右にあるのが フルとハーフの切り替えレバーです
これはヌルッとした切り替えだったのですが 修理してカチッとクリック感があるようになっておりました

ファインダーの見え具合は、掃除は依頼してなかったのに 綺麗になって「見え」は最高です





4
b0069128_130494.jpg

フルとハーフの切り替え

上の写真がフル、下がハーフに切り替えた状態です

上のシャッター膜を見てください
金属膜縦走りシャッターの コパルスケアです

下の写真では、フィルムゲートの左右両側からマスクが出て来て ハーフサイズになっています
フル・ハーフの切り替えレバーの位置に 注意ください





5
b0069128_13105592.jpg

巻き戻しレバー

巻き戻しレバーは、ノブからクランクレバーを起こす一般的なものではなく
コニカⅢAと同じように ボディにクランクレバーが直接付いており 非常に操作性が良いです

ペンタプリズムのカバーに スリガラス状のものが貼り付いていますが
ファインダー内の露出計指示目盛りを照らすための 受光窓になっています


以上、元旦から大事にしているカメラが壊れた悲しい話と
修理して シャッターが治ったばかりか ファインダーまで綺麗になって とてもうれしい話でした





6
b0069128_13273020.jpg

Pearl I RS型

はいっ、ここから「コニカ倶楽部」の始まりです
手持ちの コニカのカメラを紹介していきます

まず最初は まだ社名がコニカでなく小西六写真工業だった1950年10月に発売された
セミ判(6cm X 4.5cm)の パール I RS型です

1949年の パール I型のデュラックスシャッター(T,B, 1-1/100秒)が
パール I RS型では 自社製コニラピッド-S(B, 1-1/500秒)に グレードアップされています
RS型の名前の由来は KONIRAPID-S の RとSから来ています


レンズは 泣く子も黙る ヘキサー75mmF4.5 が付いています

距離計は非連動のものが内蔵されており 距離計の指示を鏡胴のフォーカスリングに移します
フォーカスには 直進ヘリコイドが使用されています

その他 詳細は 「パール I RS型」を ご覧ください





7
b0069128_1443389.jpg

クラシックコニカ

右から左へ

1951年 コニカ I HN 型
1948年の コニカ銘最初のコニカ I 型のレンズ ヘキサー50mmF3.5 を
ヘキサノン50mmF2.8 に グレードアップしたものです

1951年 コニカ II 型
わたしの自転車と 先輩のコニカ IIを交換したもので 古カメラに興味を持たせてくれた機種です
この詳細は 「コニカⅡのこと」を参照願います
ヘキサノン50mmF2.8 が付いています
アールデコ調のデザインが忘れられないです

1958年 コニカ ⅢA 型
「生きているファインダー」と呼ばれた、撮影距離によるパララックスのみならず 画角まで調整するファインダー付きで
レンズは ヘキサノン 48mmF2 が付いています

この コニカⅢシリーズまでを クラシックコニカと呼ぶようです





8
b0069128_14321117.jpg

コニカ FP

1962年製、コニカの第一世代バヨネットマウントの 最後を飾る一眼レフです

特に特徴のない一眼レフです
特長と言えば、いつまでたっても壊れないコパルスケア シャッターを持つことでしょうね

なぜ同じカメラが2台あるのか?
右のFPは、レンズ交換するときのロックが壊れています
シャッターも切れなくなったことがありましたが コパルスケアは回復してくれたのです

左のFPは、もし 第一世代マウントのヘキサノンレンズが手に入ったときのために
後で買い足したものです
ケンコーの 2倍テレプラスが付いていました

この コニカFP の あとが、最初に紹介した 1965年の コニカ オートレックスになり
マウントも第二世代のバヨネット コニカARマウントになります
マウント名のARは オートレックスのAUTOREX から来ています






9
b0069128_1447212.jpg

コニカ FTA

左側が、1968年のコニカ FTA です
コニカとしては 初のTTL露出計内蔵 シャッター速度優先EE一眼レフでした
シャッターボタンのストロークが非常に長く オートレックスよりも長く重いです

右側は、1970年の New FTA です
どこにも Newとは書いてないですが
露出計のスイッチON・OFFが シャッターボタン根元のリングで出来るようになり
FTAで 長く重かったシャッターフィーリングが 少しマシになりました





10
b0069128_1511837.jpg

コニカ オートリフレックス T3

左側の黒いのが、1973年の コニカ オートリフレックス T3 です
シャッター速度優先EE一眼レフですが、シャッターボタンのフィーリングは非常に改善されて
他社の絞り優先EE機と変わりなくなりました

右側は、1974年の コニカ オートリフレックス New T3 です
これは ホットシューが付いて ペンタプリズムのカバーが三角形から台形に変わりました
三角形のペンタプリズムのカバーにアクセサリーシューを乗せると
ちょんまげ頭の上に タライでも乗せているようで デザイン上おかしいですもんね

これは ニコンFが アクセサリーシューを付けたニコマートELになった時と似ていますね





11
b0069128_15351183.jpg

コニカ ビッグミニ BM-301

わたしは 1990年頃から遠視ローガンになりました

ずっとニコンF3を使っていて 「AF(オートフォーカス)なんて使えるかい」と思っていたのですが
F3でときどきピントを外すようになって来たのです

「ときどき」が やがて「しばしば」になり AFカメラが必要かなぁと考える様になりました
そのときは すでにニコンF4が発売されていたのですが
ニコンF4の オバケの様な巨体と重量は見るのも嫌でした

そんな1992年に、コンパクトでAFの コニカ ビッグミニ BM-301 を買ったのです

コニカレンズ 35mmF3.5 が付いて フラッシュも内蔵しておりました
この頃には、AF・オート露出・フラッシュ内蔵のカメラは バカチョンカメラと呼ばれていました

ちょうど写欲も減退していた頃で、一眼レフは止めて 何でもビッグミニで撮りました

これが 良く写るんですよぉ
南アフリカでの写真の 8~9割はビッグミニで撮ったものでした


今こうして「コニカ倶楽部」を書いて ビッグミニの写真を撮っていますと
風景写真や芸術風写真ではなく 気楽な写真をわたしに教えてくれた ビッグミニに感謝です


おわり



************************************
 ■ 2018年1月29日 
 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 絞り優先AE
 ■ Speedlight ON

************************************

「コニカ倶楽部」なんて わたしが言ってるだけで コニカミノルタとは何の関係もありません。

長い間 ビッグミニを使っていたのに、2001年も押し迫ったころにデジタルカメラを買ってしまい
それからは また写真熱が再燃してしまいました。









-
by nakajimaakira1948 | 2018-01-29 16:11 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(4)
2018年1月22日(月曜日)

ひさびさに持ち出した、Micro Nikkor-P Auto 55mmF3.5 の写りです

すべて 絞り開放 F3.5 での写真です





1
b0069128_13455851.jpg

写るんかい?

ミミちゃん 「そんなに近づいて 写るんかい?」
わたし   「だいじょうぶや」





2
b0069128_1348468.jpg

写るねん

わたし   「マイクロニッコールや、ちゃんと写るねん」
ミミちゃん 「ふ~ん、眠たくなってきたよ」
わたし   「あんた シャンプーしてもらえよ。フケがいっぱいや」





3
b0069128_1354264.jpg

エキザクタ VX

ファインダーが交換できるようになった 1950年のエキザクタ、Exakta Varex の 輸出ヴァージョン
Exakta VX の ネームプレートです

まだまだ近寄れますが ファインダー像が揺れて 構図が取れなくなります





4
b0069128_14026.jpg

カバの兄弟

カバの あかちゃん兄弟です

南アフリカで仕事をしていたときに買いました

これも頭にフケみたいなんが乘っていますが これはわたしが悪いのです
ほったらかしだったので ホコリが溜まっているのです





5
b0069128_06494908.jpg

公園の夜

このところ むかしのレンズでは上手く撮れなかった夜の公園です

単層膜コーティングでも マイクロニッコールP 55mmF3.5 なら
光源のフレアーも少なく コントラストも高く撮れています





6
b0069128_146917.jpg

夜のアパート

夜でも マイクロニッコール55mmF3.5 は ちゃんと写りますねぇ





7
b0069128_14104111.jpg

Micro Nikkor-P Auto 55mmF3.5

これが マイクロニッコールP Auto 55mmF3.5 です

鏡胴の白い部分は、最短撮影距離では ここまで伸びます

1963年に発売された 4群5枚のクセノタール型のレンズです
コーティングは マゼンタ・シアン系の赤紫色の単層膜コーティングです

とても評判が良く 寿命の長かったレンズで、わたしの マイクロ-P Auto 55mmF3.5 は
1970年に造られておりました


この写真、古いL39レンズを付けていましたので 小さく写っています
ライカなどのレンジファインダー機のレンズは パララックスがあるため寄れないのです

■ 2018年1月18日 ■ Russian FED Industar 26M 50mmF2.8 on Sony α7II





8
b0069128_14235691.jpg

Micro Nikkor-P Auto 55mmF3.5 on Sony α7II

久しぶりに マイクロニッコールP 55mmF3.5 を 持ち出したら
フォーカスリングが 少しガタついていました

ニッコールのフォーカスリングがガタつく時は ゴムリングを外して 小ビスを締めればガタは治ります
ゴムリングを外そうとしたら、劣化していたゴムリングが 5~6個に割れてしまいました

小ビスを締め直したあと、ゴム系接着剤で元通りに貼り付けましたが
ゴムがちじんでいるのか よく見ると貼り合わせが判ります


写真は、フォーカスリングのガタつきが治って 新しい α7II に付けたところです

■ 2018年1月21日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700



***************************************************
 ■ 2018年1月19~21日 撮る
 ■ 1~5枚目 Micro Nikkor-P Auto 55mmF3.5 on Sony α7II
 ■ 絞り優先AE, 絞り開放 F3.5

***************************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2018-01-22 15:02 | 55mmF3.5 非Ai Micro | Trackback | Comments(6)
2018年1月16日(火曜日)

1月12日の金曜日の朝、ミミちゃんを連れて まだお正月の 熊野町から八坂神社を散歩しました

この日のお供は ひさしぶりの スーパーロッコール50mmF2.8 です





1
b0069128_6452659.jpg

スーパーロッコール 1:2.8 f=5cm

スーパーロッコール 1:2.8 f=5cm は、1953年の minolta-35 Model II の 標準レンズでした
梅鉢のスーパーロッコール45mmF2.8と同じ 前玉を3枚貼り合わせた 3群5枚構成のレンズです

こうして minolta-35 II に付けますと、さすが純正 ジャストフィットの感じがします
まだ ミノルタが千代田光学精工だった 終戦後8年目のことです

右側の 40.5mmφのフィルターは ワルツ(walz)製のY1フィルターです
生涯を 白黒写真だけで終えただろうスーパーロッコール 1:2.8 f=5cm を思うと
自然に涙が流れます

■ 2018年1月15日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_844599.jpg

Super Rokkor 1:2.8 f=5cm on α7 II

スーパーロッコール50mmF2.8 を 新しい α7 IIに付けたところです

コンパクトながら 真鍮製の鏡胴はずっしりと重いです
美しいアンバー系の単層膜コーティングが施されています

スーパーロッコール50mmF2.8の弱点は 無限遠のストッパーです
無限遠の手前付近で撮ろうとしても ストッパーが無限遠固定爪に入り込み
フォーカスができません
ライツの古いレンズの 悪い因襲を引きずっております

ごたくはここまで
スーパーロッコール50mmF2.8 の 絞り開放写真に行きます





3
b0069128_8285274.jpg

本棚の上

本棚の上の ごちゃごちゃを撮っています

4台のカメラの一番右側の minolta XEb の「XEb」の刻印にピントを合わせています
柔らかい描写ながら 拡大してみると ちゃんと「XEb」を解像しています





4
b0069128_8372133.jpg

遠景が撮れない

夕方、ピントを 遠くのビルの三角塔に合わせようとしましたが
ストッパーが受け爪に入り込んで 無限遠になってしまいます

ストッパーが入り込まないように 左手の人差し指で支えて撮りました
ピント合わせが ええ加減になってしまったようです





5
b0069128_8484677.jpg

ステアリングホイール

ミミちゃんと 熊野町方面に散歩です

途中のわかば公園の遊戯階段です
赤いステアリングホイールがありました
こども達が お父さんの車のハンドルだと喜ぶのでしょうか





6
b0069128_8555253.jpg

たぬき と ふくろう

たぬきの右眼にピントを合わせようとしたのですが
合っていないように思います

白黒写真時代のスーパーロッコールですが 色合いは見たままが写ります





7
b0069128_905990.jpg

なんてん

神埼刀根山線沿いにある「なんてん」です
冬の柔らかい日差しが写っています


ミミちゃん 「はやく 渡ろうよ」
わたし   「待て待て、『なんてん』のほうには行かないよ」





8
b0069128_9104938.jpg

カエルくん と クジャクさん

仏眼寺が ワンコ入場禁止になっていました
仏眼寺の前の公園です

カエルくんの乗り物には、五線譜と本物のおたまじゃくしも居ました





9
b0069128_918247.jpg

熊野町

熊野町の街並みです

どこにもピントが無いぞぉ と 思われるでしょうね
画面中央 一番奥の家の「ピアノ教室」の文字まで解像しています
うれしい~





10
b0069128_926748.jpg

白菊

交通遺児の地蔵さん達に添えられた 白菊を撮っていると 何か黒いものが横切ります
思わずシャッターを切ると 自転車のおばさんが写っていました

白菊のピントは合ってました ♪♪♪





11
b0069128_9351519.jpg

石段のミミちゃん

八坂神社の石段から 外を見下ろすミミちゃんです

眼にピント来てるかなぁ





12
b0069128_9411335.jpg

鐘楼

ミミちゃんが上がりかけていたのは この鐘楼への石段です

むかしは 勝手に上がって鐘をつくことが出来たのですが
10年ぐらいまえから 鍵がかかって 勝手には入れないようになっています





13
b0069128_9472496.jpg

手水場

手水場には目もくれず 裏側のややこしい所を嗅ぎまくっていました

置きピンしておいて「ミミちゃん」と声をかけます
前足後足を2本ずつ揃えて走る いわゆる「狼走り」が撮れましたぁ

うん? うずくまっている様に見えるって

拡大してご覧いただくと 前足が宙を飛んでいるのがわかりますよ





14
b0069128_1034171.jpg

夜景

夜になって 夜景を撮ってみました

古いレンズでは 夜景が上手く写らないことが多いのです
この間使った ELニッコール50mmF4もそうでした

スーパーロッコール50mmF2.8 も 光源がフレアーを起こしていますが
十分に解像はしているようです

良かった良かった (^^)



**************************************
 ■ 2018年1月12~13日 撮る
 ■ Super Rokkor 50mmF2.8 on Sony α7II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F2.8

**************************************

もう65歳になる 千代田光学のスーパーロッコール50mmF2.8 でした

大事にするから カビなどにやられず 頑張ってね









-
by nakajimaakira1948 | 2018-01-16 10:25 | 50mmF2.8 SuperRokkor | Trackback | Comments(2)
2018年1月10日(水曜日)

1月7日の日曜日、朝からミミちゃんを連れて 正月の服部緑地公園へ行きました。

お供は、ペトリ55mmF1.8 を 付けた α7II です。





1
b0069128_83619100.jpg

Petri 55mmF1.8 C.C Auto on Sony α7II

ペトリ 55mmF1.8 C.C Auto を 新しいソニーα7IIに付けたところです
新しいデジカメと 古いレンズ、わたしの撮影スタイルそのものです

この ペトリ 55mmF1.8 C.C Auto は、α7に付けて
「ペトリ CC Auto 55mmF1.8 で」で 詳しく紹介しております


それでは、2018年最初のアップ ペトリ 55mmF1.8 の 絞り開放写真に行きます


■ 2018年1月9日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_855586.jpg

水車

服部緑地公園へ行く途中の 料理屋さんの水車です

しゃがみ込んで撮っていますが
シャッターボタンを押す瞬間に ミミちゃんがリードを引っ張ったので
何か ボンヤリした写りになっています

「手ブレ補正が付いているのにぃ」と 背面モニターを見ているときに思い出しました
「しまった、手ブレ補正の焦点距離が500mmのままだった」(汗)

むかし ペンタックスK100Dを使っていたとき
スィッチをONにすると レンズを交換していなくても 手ブレ補正の焦点距離を毎回聞いて来るので
「毎回毎回うっとおしいなぁ」と 思ったものでした
でも『絶対に 手ブレ補正の焦点距離を間違えさせない』という利点があったようです





3
b0069128_9191536.jpg

カンテラ少女

ひさしぶりの カンテラ少女です

少女    「あらっ、ひさしぶりです。お散歩ですか」
ミミちゃん 「おねぃちゃん、ひさしぶり。わん 散歩じゃ」

手ブレ補正の焦点距離は ちゃんと55mmにしています





4
b0069128_9251659.jpg

ダクタイル鋳鉄管

逆光ですが、なんとかフレアーが出る手前で 踏みとどまっています

ピントは 忍び返しの針の部分です





5
b0069128_9291387.jpg

3本の樹

公園管理事務所のまえの 3本の樹です

3本が重ならないようにして 手前の樹にピントを置いて





6
b0069128_935567.jpg

ウシさん

きれいな おねぃさんに お尻を撫ぜてもらって ご満悦です

このペトリ55mmF1.8の 唯一の弱点は、最短撮影距離が60cmと長いことです





7
b0069128_9403524.jpg

森のミミちゃん

このあいだまで森だったところが 森ではなくなっていました

びっくりして キョトンとしているミミちゃんを ピ-キングで撮りました
今回 一番気に入っている写真です





8
b0069128_9495732.jpg

古い家

日本民家集落の裏門付近にある 古い家です

木製の窓の下部を狙っていますが ピントは合っているでしょうか





9
b0069128_955060.jpg

竹垣

青竹で出来ていた竹垣も 古くなって来ました

画面の奥に向かって歩いているのですが
下のミミちゃんは 一度リード一杯まで歩いて行って また逆に戻ってきました

元気なやつです
わたしと同じ所へ行っても わたしの3倍は歩いています





10
b0069128_1021151.jpg

HRC

服部ライディングセンター(=HRC)です

お正月の 初めての日曜日
朝から盛況です





11
b0069128_1083128.jpg

四羽

四羽のカモさんを探せ!

わかりましたかぁ?




**************************************
 ■ 2018年1月7日 撮影
 ■ Petri 55mmF1.8 C.C Auto on Sony α7II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.8

**************************************

1973年ころの ペトリ 55mmF1.8 C.C Auto の 絞り開放写真です

いかがでしたでしょうか
単層膜コーティングの 優しい写りがええですね ♪♪♪









-
by nakajimaakira1948 | 2018-01-10 10:22 | 55mmF1.8 Petri M42 | Trackback | Comments(4)
2018年1月6日(土曜日)

みなさま、あけまして おめでとうございます

本年も よろしくお願いいたします




b0069128_130768.jpg

今年は あたしの年だワン


わたし   「ミミちゃん、鼻でかワンコに撮ってあげましょう」

ミミちゃん 「なんやぁ、鼻にも眼にも ピントが来てないぞぉ」




*****************************************
 ■ 2017年12月13日 撮る
 ■ Samyang Fisheye 7.5mm F3.5 on LUMIX G3
 ■ 絞り優先AE 絞り開放 F3.5

*****************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2018-01-06 13:13 | 7.5mmF3.5 Samyang | Trackback | Comments(12)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31