<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年2月24日(土曜日)

2月21日の水曜日、確定申告で 池田の税務署に行ってきました

また1年経ったのですねぇ、とても速く感じます

お供は、非Aiニッコール55mmF1.2を付けた α7 II です





1
b0069128_8154723.jpg

非Aiニッコール55mmF1.2

この 非Aiニッコール55mmF1.2を買ったのは たしか1977年です
その翌年の78年には、新設計の Aiニッコール50mmF1.2が発売されました

サンプル写真などで見ると、新設計の Aiニッコール50mmF1.2は 全体的にシャープ感が増しており
タッチの差で新製品を逃がしたわたしは 毎日泣いていたものでした

主に ニコンF2フォトミックSやニコマートELに付けて使いました
でも 1/1000秒や1/2000秒のシャッター速度では 露出オーバーになる事が多く
いつも 3段シャッター速度を落とす ND8を併用しました


デジタル時代になって、ニコンD700で絞り優先オートで撮れることが判りましたが
被写界深度がとても薄いF1.2では しばしばピントを外してしまいます

そんな時に登場したのが ピント拡大機能があるミラーレス一眼カメラです
やっと 非Aiニッコール55mmF1.2を使える環境がととのったのです


ごたくはここまでで 非Aiニッコール55mmF1.2の絞り開放写真に行きます


■ 2018年2月22日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_85559.jpg

こどもクリニック

池田市の税務署へは 阪急電車で行きます

写真は、こどもクリニックの文字にピントを合わせているとき
ファインダーに飛び込んで来た 母子連れです

いつもの 左下がりです





3
b0069128_921694.jpg

阪急池田駅

いつも待たされるので ちょっと家を遅く出て 池田に着いたのは10時20分です

中途半端な時刻なので 乗客も少ないです





4
b0069128_973229.jpg

公園

あかん

豊能税務署に着いたら いつもと一緒です

約1時間30分待ちです
番号札だけ貰い すぐに税務署を飛び出しました

写真は 駅前の公園です

重いけど 非Aiニッコールを持って来て良かった
いつもと違う F1.2の景色を楽しみます





5
b0069128_9161151.jpg

IKEDA橋

公園にあった IKEDA橋です

すべり台へ上る橋でした





6
b0069128_9202689.jpg

アジト

公園を出たら アジトがありました

アジトというと 悪者たちが潜んでいる秘密の隠れ家を想像してしまいます

ここは 忍者たちが集う 一杯飲み屋さんみたいです





7
b0069128_932775.jpg

ポスト

池田の街というと 古い城下町を思い浮かべます

落ち着いた家々と 郵便ポストです





8
b0069128_9371637.jpg

これは何かなぁ

坂道をプラプラ上ります

病院の駐車場の横に こんなんがありました
これは何かなぁ





9
b0069128_9415371.jpg

坂道

坂道を上る途中で 数名の方々がスケッチをされています

ゆっくり歩きながら 覗き込むと みんな上手いです

写真は、スケッチされていた家並みです
落ち着いた感じのところです





10
b0069128_9481050.jpg

池田文庫

きれいな瓦と 白い塀で囲まれた建物がありました

池田文庫でした
こんなところにあったのかぁ
阪急電車の創始者の 小林一三さんが残したものです

小林一三さんは 池田にとても思い入れがあったようで
阪急電車(当時は 箕面有馬電気軌道)が 日本で最初に造った分譲住宅地の室町も 池田市にあります





11
b0069128_10141.jpg

池田城跡正門

池田文庫は いつも行く池田城跡の近くにありました
近くと言っても 同じ坂道にあるというだけですが





12
b0069128_1075089.jpg

風雲池田城

なぜか 風雲という接頭語がぴったりの 池田城です

復刻された池田城ですが 元のも2階建てだったのでしょうか





13
b0069128_10152650.jpg

南門

池田城跡に来て残念に思うのは 白壁や瓦が新し過ぎるのです

木製の部分は いい感じになって来ているのですが





14
b0069128_10204867.jpg

裏門

南門を出たところに この裏門があります

この落ち着いた家の雰囲気が大好きで いつも池田城跡に来ると撮っています





15
b0069128_1029178.jpg

つづら折り

この木製の「つづら折り」の橋も大好きです
つづら折りは 漢字で書くと「九十九折」と書きます

この日は ハトさん達が食事をしておりました





16
b0069128_10365070.jpg

A Fireman

池田城跡の前に「ほほえみの園」という老人ホームがあります

ほほえみの園の駐車場の植え込みに この可愛い消防士がおります
はじめて来たときは 門番と思ったのですが 良く見ると消防士でした





17
b0069128_1044517.jpg

リスくん

消防士のそばには こんな可愛いらしいリスくんもいます

ふたりで 老人ホームを守っているのでしょう



消防士とリスくんを撮って 急いで豊能税務署に向かいました
番号札を出して事前調整をしたら また「1時間ほど待ってください」と
昨年までは、事前調整が終わったら すぐにパソコン入力できたのにぃ

仕方がないので 近くのKFCでランチサンドを食べて 時間つぶしをしました





18
b0069128_10573344.jpg

寝かける

この写真だけ 撮った日がちがいます

寝かけているミミちゃんです



*******************************************************
 ■ 2018年2月19日 & 21日 撮る
 ■ 非Ai Nikkor 55mmF1.2 with Kenko ND8 Filter on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.2

*******************************************************

いまでは、この非Aiニッコール55mmF1.2は ボケを楽しむだけのレンズになりましたが
苦労して 無理して買った当時を思い起こしながら ずっと大事にしています









-
by nakajimaakira1948 | 2018-02-24 11:10 | 55mmF1.2 非Ai Nikkor | Trackback | Comments(10)
2018年2月17日(土曜日)

今朝、ミミちゃんと 服部緑地公園へ行きました

お供は、α7 II に付けた ズミタール50mmF2 です




1
b0069128_1347682.jpg

Summitar 50mmF2 on α7 II

1939-55年の ライツのフラグシップレンズ ズミタール50mmF2 です

わたしのズミタールは1945年製で マゼンタ系の赤紫色の単層膜コーティングが施されています

沈胴の鏡胴は格好が良いですが 沈めると後側に出っ張りますので
TTL露出計を内蔵したレンジファインダー機では 注意が必要です


それでは、撮りたての ズミタール50mmF2 の 絞り開放写真に行きます


■ 2018年2月17日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_1494965.jpg

天竺川たもと

服部緑地公園へは 天竺川と並行して歩きます

ここは天竺川を渡る橋に上がる階段のところです
バリアーフリーが行き届き 車椅子用のスロープもあります

全画面に うっすらフレアーが認められますね





3
b0069128_14235656.jpg


親子

シャッターに描かれた 親子キリンです

ズミタールは 逆光ではフレアーがかかりますが
それ以外では 綺麗な色が出ます





4
b0069128_14285872.jpg

おウマさんプランター

おウマさんプランター 「おはようさん、どこ行くの?」
ミミちゃん      「緑地公園じゃ、ええやろぅ」

奥の方で カンテラ少女が柔らかくボケています





5
b0069128_1435385.jpg

忍び返し

いつも撮る 服部霊園のダクタイル鋳鉄管の「忍び返し」です

別に忍者ではないのですが 逆光耐性・解像力・色の出具合のチェックに格好の被写体なのです





6
b0069128_14414576.jpg

日本民家集落

しばらく撮らないあいだに 手前に畑が出来ていました
コンクリート柱の柵の間にカメラを入れて撮っています

柔らかな写りが素敵でしょ





7
b0069128_14532210.jpg

怪しいところ

スタスタ歩いていたミミちゃんが 急に立ち止まります

ミミちゃん 「なんか 怪しいところやねぇ」
わたし   「こわいぞ~」





8
b0069128_14581967.jpg

怪魚

こんな エイリアンのような 怪魚のようなヤツが 石柱に巻き付いております

怖いですねぇ





9
b0069128_1535583.jpg

ビビる

数年前までユースホステルがあったところの前です

石柱に怪魚が巻き付いているのを見て ビビるミミちゃんです





10
b0069128_1510865.jpg

風車

この風車は 数年前の大雪で壊れてしまったのですが
修理してもらって また元気に戻って来ました

わたしは この風車の羽根が回っているのを見たことがありませんけど
これも 日本民家集落の中にあります





11
b0069128_15164068.jpg

大八車

茅葺屋根の家の軒先に 大八車が置かれていました

急斜面に打ち込まれた コンクリート柱の柵の間から撮っています



***************************************
 ■ 2018年2月17日 撮影
 ■ Leitz Summitar 50mmF2 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2

***************************************


1939年に世に出た ズミタール50mmF2、柔らかな優しい写りですねぇ









-
by nakajimaakira1948 | 2018-02-17 15:30 | 50mmF2 Summitar | Trackback | Comments(4)
2018年2月10日(土曜日)

1959年の コンタレックス ブルズアイの標準レンズ Planar 50mmF2 を 持ち出しました




1
b0069128_11384043.jpg

Planar 50mm F2 on Sony α7 II

1959年当時 旧西ドイツには一眼レフと言えば あのエディクサ(Edixa)か
レンズシャッターのコンタフレックスぐらいしかありませんでした

そこに出て来たのが コンタレックスでした

セレン露出計は付いておりましたが 重いカメラボディとシャッターボタンなど
決して 使いやすい一眼レフではありませんでしたが
標準レンズの プラナー50mmF2 は 評判がとても良かったらしいです

コンタレックスについては 「コンタレックスのこと」
プラナー50mmF2 に ついては 「30年ぶりのプラナー50mmF2 で」
それぞれ紹介しています

プラナー50mmF2 の特長は、解像力やボケ味の優れているのもありますが
何と言っても ガウス対象型の50mmなのに 最短撮影距離が30cm以下のところです


写真は コンタレックス→NEX の 台湾製マウントアダプターを介して
プラナー50mmF2 を α7 IIに付けています

ところで、マウントアダプターに付いている絞りリングの表示は F1.4~F22までですが
わたしのプラナー50mmF2では アダプターのF1.4に合わせるとレンズの絞りが開放のF2になり
F2に合わせるとF2.8まで絞られ 正確に一段ずつ絞りがズレて絞られることが判りました

これは プラナー55mmF1.4というレンズが 50mmF2の後に発売されており
その55mmF1.4に合わせて アダプターが造られているためだと思います

まあ わたしは、古いレンズは絞り開放でしか使いませんので 問題ありませんけど

それでは プラナー50mmF2 の 絞り開放写真に行ってみましょう

■ 2018年2月3日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_13183120.jpg

コニカ オートレックス

シャッターの不調を修理してもらって 元気いっぱいの コニカ オートレックスです

オートレックスで写真を撮ることは もうないでしょうが
大好きなオートレックス、そばに元気で居てくれるだけで嬉しいです

あっ、ヘキサノン52mmF1.8は アダプターでα7に付けて ガンガン使ってますよ~





3
b0069128_1332749.jpg

郵便受け

2月6日(火)の朝、寒い日でしたが プラナー50mmF2を付けた α7 II を 首からぶら下げ
近所を散歩です

おひさま保育園の郵便受けです

雪だるまの眼を狙いましたが、ピントは ☆がついた赤いマフラーに行ってしまいました
でも ☆のシャープに写っていること ♪♪♪





4
b0069128_13401947.jpg

坂道

この坂道 とても急でしょ

この写真も F2の 絞り開放とは思えません





5
b0069128_1345386.jpg

時刻表

バス停で 女の子が時刻表をスマートフォンに入れています
むかしは 手帳に書き移したものでした





6
b0069128_13505646.jpg

リスくん

リスくんが 宙に浮いております

あなたは 氷で出来ているのぉ?





7
b0069128_13554985.jpg

イルカ の あかちゃん

小さな公園にいた イルカの あかちゃん、地面に這いつくばっております

ピント合わせが難しい被写体ですが MFのピント拡大で合わせるとバッチリ

拡大して見ると あかちゃんの眼に合焦して そこだけセメントの質感が異なってます





8
b0069128_145465.jpg

いらっしゃいませ

わたし    「おぉ~、ペンキ塗り直してもらったの」
バルタン星人 「はいっ、でも仕事は ず~っと同じです」
わたし    「以前は『いらっしゃいませ』の板を首からぶら下げていたのに 今は無いやんか」
バルタン星人 「ペンキ塗りたてやからで、乾いたら またぶら下げます」

この十数年、彼は ず~っと豊中で 喫茶店の門番として働いているのです





9
b0069128_14221290.jpg

はにわ道路

良いお天気ですが 寒いです

この道路を奥の方に行くと 大塚古墳という公園があります

左下がりになってしまいましたぁ





10
b0069128_14262224.jpg

ワインボトル

ワインのラベルに描かれたワイナリーが ひさびさに綺麗に撮れました

うれし~い





11
b0069128_14304397.jpg

おとぎの国の家

おとぎの国に迷い込んだような お家がありました

上から アーチ型の窓、赤い瓦と三角屋根の空気抜き、手前の何か判らん木製風のオブジェ

ピントは 手前の木製風オブジェの てっぺんの横木です





12
b0069128_14404877.jpg

がきんちょ うじゃうじゃ

おひさま保育園の がきんちょです
うじゃうじゃ おります

この写真、一見 どこにもピントが来ていないように見えますが
画面中央の 紺の服を着て腰を折っている先生にピントが来ています





13
b0069128_14481632.jpg

ビー玉

えへへ、ビー玉のような ミミちゃんのお眼々です




********************************
 ■ 2018年2月6日~9日 撮影
 ■ Planar 50mmF2 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2

********************************

コンタレックスが世に現れた1959年といえば、ニコンFや キヤノンフレックスが出た年です

非Aiニッコール50mmF1.4 や スーパーキヤノマチックR 50mmF1.8も素晴らしいけれど
このコンタレックスの プラナー50mmF2も 非常に素晴らしいレンズであることを実感します









-
by nakajimaakira1948 | 2018-02-10 15:06 | 50mmF2 C.Z Planar | Trackback | Comments(0)
2018年2月4日(日曜日)

先月の1月29日(月)、わたしのブログ初公開の インダスタール26M 50mmF2.8 を 付けた
α7 II を 首から下げて 岡町方面をカメラ散歩しました





1
b0069128_935637.jpg

Industar-26M f=5cm 1:2.8

この ロシアンのインダスタール26M は、1990年頃にオーストリアのLeica Shop から個人輸入した
FED-2 Type-C に付いていた アルミ製鏡胴の可愛いバルナック型ライカマウントのレンズです

インダスタールはロシア語のキリル文字で ИНДУСТАРと綴ります
いつまで経っても なかなかキリル文字は読めませんねぇ

コーティングはシアン系の青とマゼンタ系の赤紫の 単層膜コーティングが施されています


ロシア製(正しくは ソビエト連邦製)の インダスタール銘のレンズは 数多く(40種以上)あり
1930年から造られた 3群4枚構成のテッサー型のレンズの総称です

18x24cm判の大型折り畳みカメラから 16mm判フィルム使用の豆カメラまで
インダスタールと名前の付くレンズは みんな3群4枚構成のレンズだったのです

FED-2 Type-Cは 1958-60年に造られていますので
この インダスタール26M も その頃に造られたものと思われます

手持ちの Jean Loup Princelle著の Russian & Soviet Cameras で調べますと
インダスタール26M は 1956年のFED-2 Type-B に 初めて付けられたそうです

クラスノゴルスク(美しが丘)機械工場などで造られたソ連製のレンズは
シリアルナンバーの前2桁が製造年を表わしていて 特定に便利なのですが
FEDでは そうなっておらず、レンズの製造年を調べるのに難儀します


インダスタール銘のレンズの 最初に付けたカメラの製造年が判る表を作りました
とてもディープな話なので 表は一番最後に添付しております


ゴタクはここまで
Industar-26M f=5cm 1:2.8 の 絞り開放写真に行きます

■ 2018年1月29日 ■ FE 28-70mm F3.5-5.6 on Sony α7 II





2
b0069128_10123750.jpg

四人家族のお家

乳母車の あかちゃん
赤い自転車の 女の子
おかあさん
茶色の車の おとうさん

青いお家に住んで 幸せいっぱい

ピントは 578 です
ええ色が出ていますねぇ





3
b0069128_10264526.jpg

インダスタール50mm の ボケ

ええボケ味出てるかなぁ





4
b0069128_1030585.jpg

アーチレンガ

アーチの煉瓦が美しいです

逆光の中、中央から下部にかけて 虹のように美しい七色のゴーストが出ています





5
b0069128_10372970.jpg

桜塚高校

桜塚高校の さくらの塀です





6
b0069128_10395537.jpg

さくら

まるで ペンキで描いたようです





7
b0069128_10431234.jpg

さくらの正体

この さくらの切り抜き部分を通して お日さんの光が塀の影に写っています

画面全体に 逆光のフレアーが出ていますね





8
b0069128_10471992.jpg

レキ君

悪そうな顔をしたレキ君が 白いワンコに抱きつかれています

すまん、レキ君
悪そうに見えるのは 君の歯だと思ったんですが、首輪の飾りだったのね

首輪の3個の白い部分を隠してみると
強烈なゴーストとフレアーの中で 可愛いレキ君が見られます





9
b0069128_1105176.jpg

原田神社 北門

原田神社の北門は 桜塚商店街に面しています

きれいなおねぃさんが通りがからないかと待つこと1秒、自転車のおばさんが





10
b0069128_1165741.jpg

狛犬

原田神社も1回は写しておかないと バチがあたります

狛犬です





11
b0069128_11123030.jpg

手水場のフタ

手水場のフタが 新しい綺麗なものになっていました

このフタは 古くなると昔の便所の雰囲気が出てきます

15年ほど前の中国は南通市、立派な道路を一歩曲がると 畑の横に公衆便所が多くあり
地面を掘った穴の上に この手水場のフタみたいなものを被せておりました





12
b0069128_11253917.jpg

水筒が並んだ

ゾウの公園に 園児たちの水筒が並んでいました

赤いジャケットの子
ちゃんと 畳みなさいよ





13
b0069128_11304175.jpg

ゾウさん

ゾウさんの背中まで上がって 長い鼻がすべり台でビュ~ン
ちっちゃな子は お腹まで上がってツルン





14
b0069128_11355125.jpg

カエルくん と 園児たち

この写真ピントがありません (涙)

カエルくんが たくさんいるので、一番前のにピントを合わせようとしていると
先生にお手々をつないでもらった園児たちが来ました

ピントを合わせようと フォーカスリングをグリグリ

ああ~ 行ってしまうよぉ
しょうがない、ピーキングマークも出ないうちに パチリです





15
b0069128_11465049.jpg

キョロリ

この写真だけ 2月1日に撮りました

フォーカスリングを最短撮影距離にして わたしが前後に

始めはカメラを見ていたミミちゃんですが
なかなか撮らないので 横をキョロリ





16
b0069128_1153512.jpg

FED Industar 26M on Sony α7 II

この組み合わせで撮りました

フォーカスリングに付いている丸ポッチは 無限遠ロックではありません
フォーカスをし易くするためのポッチです

フィルター径は40.5mmφで ニコンV1の10mmや18mmと同じです

■ 2018年2月2日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700




***************************************
 ■ 2018年1月29日 & 2月1日 撮影
 ■ Industar 26M 50mmF2.8 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2.8

***************************************

60年近くむかしのレンズですが 優しい色が出ております


お約束の表です

インダスタールの分類
b0069128_12101650.jpg

b0069128_12112168.jpg


で示したレンズは わたしの手持ちのレンズです

もし 3群4枚構成でないインダスタールレンズを お持ちのかたは
このブログの コメント欄にでも お知らせくださいませ









-
by nakajimaakira1948 | 2018-02-04 12:17 | 50mmF2.8 Industar 26 | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28