<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2018年3月29日(木曜日)

暖かくなりましたねぇ、春になりました

部屋から見下ろす 家のまえの公園に 梅・桜・緑の芝生など
万物甦える(ばんぶつよみがえる)季節です

このあいだまで 家の中でエアコンをつけて震えていたのに
この暖かさにつられて 散歩に出ました


散歩のお供は、スーパーキヤノマチック R 50mmF1.8 を 付けた α7 II です





1
b0069128_945757.jpg

Super Canomatic R 50mmF1.8 on Sony α7 II

α7 II に付けた スーパーキヤノマチック R 50mmF1.8 です

1959年(昭和34年)5月、ニコンFより わずかに早く世に出た
キヤノンフレックスの標準レンズでした

キヤノンフレックスは ボディに不具合が多く キヤノンは 3ヶ月ほどで生産を打ち切りましたが
どっこい 標準レンズのスーパーキヤノマチック R 50mmF1.8は 60年後の現在でも 元気いっぱいです


仕様

レンズ構成 : 4群6枚 ガウス対象型
絞り羽根  : 6枚
最短撮影距離: 60cm
コーティング: アンバー系(だいだい色)単層膜コーティング
フィルター径: 58mm
重量    : 295g
発売時価格 : 18,500円


マウントアダプターは、FD→NEX用のものからピン1本を取り外すだけで使えます
なお、ピンを取り外したあとのネジ穴に ピンを短く切ったものを再度ネジ込んでおくと
漏光の侵入や 雨水などの侵入を防止できます


それでは スーパーキヤノマチック R 50mmF1.8の 絞り開放に行きます


■ 2018年3月29日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_10254100.jpg

スーパーキヤノマチックミミちゃん

最短撮影距離60cmでの ミミちゃんです

やわらくて 良い描写ですが
ミミちゃんは眠たそうですね





3
b0069128_1029546.jpg

陸橋より

1959年発売のレンズとしては 良い色が出ておりますでしょ





4
b0069128_10315167.jpg

合流点

うさぎ川(左)と 天竺川の合流点です

合流点の建物は ワンコ連れ込みOKの喫茶店だったのですが
くまのだ保育園になってしまいました





5
b0069128_10361488.jpg

HONDA

かっこええバイクですねぇ

わたしの免許証では乗れないやつですけど





6
b0069128_1038589.jpg

水車

3月27日火曜日の朝、あまり良いお天気なので
ミミちゃんと 服部緑地公園へ散歩に出かけました

途中の 料理屋さんのまえの水車です





7
b0069128_104932100.jpg

カンテラ少女

いつものカンテラ少女です

カンテラ少女 「お散歩ですか、 どこまで?」
ミミちゃん  「ええやろう、服部緑地へ行くねん」





8
b0069128_10544946.jpg

合掌造り

服部緑地公園につきました

さくらの向こうはトイレなんですが
日本民家集落の 飛騨の合掌造りがタイル貼りされています





9
b0069128_10592927.jpg

はなのみち

花の道を行きます

この花は なんというのかしら
サルビアとはちがうのかなぁ

あいかわらずシッポを下げて歩くミミちゃん
やさしくボケております





10
b0069128_1155182.jpg

竹塀

古い竹製の塀に沿って いなり山に向かいます





11
b0069128_1184258.jpg

老犬

いなり山のベンチに座って 一服していますと・・・

一家がやって来ました
おばあちゃんと その息子のおとうさん
おとうさんの子供たち3人の5人連れです

ワンコがウンチをしたみたいですが おとうさんが丁寧にワンコのお尻を拭いています
ワンコは 拭いてもらった後も じっとします

ああ、もう歳いって歩けなくなっているのです
少年がやさしくワンコを抱えあげて 手押し車に乗せます

少女    「写真撮ろうよ」
おとうさん 「〇〇(ワンコの名前)を こっち向けて、はいっ みんな こっち向いて」

老犬が中心の 素晴らしい一家でありました

老犬よ、いつまでも 頑張れよ





12
b0069128_11323063.jpg

山桜

こんな ひと知れず ひっそり咲いている桜が好きです
花いっぱいの桜は どうも・・・





13
b0069128_11374481.jpg

アオサギくん

服部ライディングセンターのまえの池です

アオサギくんが 足を大きく上げて闊歩しておりますね

水面に波紋が出来ていますが、鯉(こい)が ウロコを落としているのか
浅いところで背中を砂にこすりつけており その波紋なんです

その鯉を狙っているのでしょうか



*******************************************
 ■ 2018年3月24日~27日 撮る
 ■ Super Canomatic R 50mmF1.8 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放F1.8

*******************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2018-03-29 11:54 | 50mmF1.8 Canomatic R | Trackback | Comments(4)
2018年3月22日(木曜日)

わたしの 大好きなレンズを持ち出しました

東京光学の1963年製 REオートトプコール58mmF1.4 です

同時代の非Aiニッコール50mmF1.4 も コイツにだけは負けたと言ったとか言わなかったとか
とにかく 圧倒的なボケ味の標準レンズでありました

わたしは ボケ味の良さから、REオートトプコール58mmF1.4 は
ポートレイト用のレンズだと思っています

ただし このレンズで撮る若いベッピンさんが おらんのです





1
b0069128_15563542.jpg

RE Auto Topcor 58mmF1.4

これが REオートトプコール58mmF1.4 です

トプコンのカメラは マウント径の小さなエキザクタマウントを採用していましたので
標準レンズで F1.4を実現するには 光線をいっぱい取り込むように
こんな巨大な前玉が必要だったのです

標準レンズではなく 85mmF1.4 のように見えますね

1963製ですので、コーティングは アンバー系のだいだい色が主体で
後ろの方のエレメントに シアン系の薄青色の単層膜コーティングが施されています


それでは 被写体になる人がいないのですが
REオートトプコール58mmF1.4 の 絞り開放のポートレイト写真に行きましょう





2
b0069128_16185753.jpg

ミミと申します

ミミちゃん 「ミミと申します」
わたし   「みんな知ってるよ」

わたしのポートレイトの被写体は コイツしかおりませぬ(涙)





3
b0069128_16233097.jpg

いつまで撮るのん?

ミミちゃん 「いつまで撮るのん?」
わたし   「これで 終わりやよ」





4
b0069128_16275934.jpg

あやつり人形

あやつり人形たち 「えっ、ぼくらでええのん」
わたし      「ポートレイトの被写体がおりませんねん」

人形たちの足が とても優しくボケていますでしょ





5
b0069128_16341111.jpg

わんこたち

ブーツの型崩れ防止の ワンコたちです

「きれいに撮ってね」と 言ってるようです





6
b0069128_16385427.jpg

マスコット熊さん

南アフリカの ラグビーのナショナルチームは スプリングボックスといいます
スプリングボックは カンガルーのあかちゃんのような動物で 南アのナショナルアニマルです
クマさんのユニフォームの胸ポケットに スプリングボックが飛び跳ねています

スプリングボックスのマスコットは このクマさんです
何という名前だったか 忘れてしまいましたよ

1998年に 首都プレトリアのラグビースタジアムで買ったものです





7
b0069128_16495177.jpg

ベッピンさんのブロンズ

南通の狼山のスーパーマーケットに売っていた ベッピンさんのブロンズです

こんなんも ポートレイトって呼ぶのかい?





8
b0069128_1655195.jpg

あたらしい園舎

最後に ポートレイトでない写真を1枚

たそがれどきに、頑張って残業している おひさま保育園の現場です

やはり 柔らかく写っていますね




**********************************************
 ■ 2018年3月19日~22日 撮る
 ■ 1枚目   AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700

 ■ 2~8枚目 RE Auto Topcor 58mmF1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.4

**********************************************

RE オートトプコール 58mmF1.4 の 絞り開放写真どうでしたでしょうか

被写体がアカンというのは どうしようもありませんが
きれいなボケが出ているでしょ









-
by nakajimaakira1948 | 2018-03-22 17:12 | 58mmF1.8 RE Topcor | Trackback | Comments(10)

12年ぶりの再会

2018年3月16日(金曜日)

うれしい事がありました。

3月14日の水曜日、お初天神通りの「たよし」で飲んだんです


別に珍しい事はない、いつも「たよし」やんかぁという声が聞こえてきます

それはそうなんですが この日は特にうれしかったんです





1
b0069128_19302182.jpg

あひるくん

いつも撮る 桜塚商店街の あひるくん

うれしさで 眼にピントが来てませんね





2
b0069128_19335293.jpg

貨物駅跡地

嬉しいので、そわそわして スカイビルが もう少しでチョン切れるところです





3
b0069128_19365424.jpg

時の広場

エスカレーターに乗って撮っています

そわそわ そわそわ





4
b0069128_19405433.jpg

James & Cora

そうなんです

わたしが 結婚式のベストマンをした James と Cora が 日本にやって来たのです

James と Cora については 「フィリピンにて」に詳しいです
なんと 12年ぶりです

Sさんが持っているのは お土産のグレンマランジーの 1リッターです

わたしへのお土産だったのに 5時間で全部飲んでしまいましたよぉ





5
b0069128_19544014.jpg

お初さん と 徳兵衛さん

「たよし」で 5時間飲んだあと、いつもの お初天神です





6
b0069128_1958450.jpg

歩いて帰ります

ホテルのある天満橋まで送り コーヒーを飲んで別れました

写真は どこで撮ったか忘れましたが、天満橋の近くです
大川が写っています





7
b0069128_2052169.jpg

中の島

6枚目の写真を撮ってから 酔いがまわったのか ふらふら歩いて行くうちに方向を間違えて
南に向いて歩いてしまい 堺筋本町に出てしまいました

写真は、間違いに気づいて 北に向いて歩き
中央公会堂のある 中の島に戻って来たところです


おしまい



**************************************
 ■ 2018年3月14日 撮る
 ■ FE 28-70mm F3.5-5.6 on Sony Alpha 7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放

**************************************










by nakajimaakira1948 | 2018-03-16 20:22 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(2)
2018年3月9日(金曜日)

ひさしぶりに 東独カールツァイス・イエナの ビオター58mmF2 を 使いました

わたしのビオターは 1946~60年のあいだ ツァイス・イエナの標準レンズとして
次の パンカラー50mmF2が出るまで 代表選手でありました

西独オーバーコッヘンのツァイスでは、ライカ判のガウス型の標準レンズは
1959年のプラナー50mmF2が コンタレックスに付けられたのが最初であり
1946年当時は まだテッサー50mmの時代でした





1
b0069128_9184768.jpg

Biotar 50mmF2 on α7 II

はいっ、これがビオター58mmF2 です

ものすごく格好が良いレンズで いつもボディに付けておきたいほどです

ところが、写る写真は 絞り開放ではヘナヘナに写ります
ゴタクはやめて ビオター58mmF2 の 絞り開放写真に行きましょう

■ 2018年3月9日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_932158.jpg

坂道

おばさんが 自転車を降りて押して上がっています

たいした坂道ではないのですが この坂道は200mほど続きます

そんなに ヘナヘナ写真ではないって?





3
b0069128_9363613.jpg

陸橋より

同じ坂道を 陸橋から見下ろしています

わたしには シャキッとしたところが無い ヘナヘナ写真に見えます





4
b0069128_9424456.jpg

さかなとり

これぐらいの距離ですと そんなにヘナヘナ写真に見えませんね





5
b0069128_946221.jpg

空手道場

空手道場が ヘナヘナ空手道場に写っています





6
b0069128_952125.jpg

らせん階段

雨の夜に ヘキサノン200mmF3.5で 家から撮ると怖いように見える らせん階段
昼間に近くで見ると 軽快でスポーティーな感じです





7
b0069128_959439.jpg

朝のBedside

朝の光が 逆光気味に当たっています

すこし ハレーションというかフレアーが出ています





8
b0069128_1033832.jpg

夜景

なんか キリッとしたところがない写真です





9
b0069128_1072321.jpg

オリムパス 35-S

オリムパス 35-S の シャッターが 1/5秒以下が切れません
止まってしまいます

一番前の部分を手でねじりますと 前玉と一緒に外れて
シャッターと ご対面できます

ベンジンをつけた綿棒で 丁寧に何回も拭きました
えへへ、1/5秒 1/2秒 1秒も 切れるようになりました

メンテナンスが終わって 一段とべっぴんさんになったオリムパス 35-S を
ビオター58mmF2 の 最短撮影距離50cmでパチリ

OLYMPUSの文字が シャープに写っています ♪♪♪





10
b0069128_1024228.jpg

むかしの写真

「ニコンFのすべて」という本を読んでいると
しおり代わりにはさんでいた むかしの写真がハラリと出て来ました

これは ニコンEMに付いていた Aiニッコール50mmF1.8S が 嬉しくて
ニコンFに付けた50mmF1.8Sを ニコンEMで撮ったものです
EMを買った1980年に撮りましたが 撮ったレンズは何だったか忘れてしまいました

むかしから 被写体はカメラやレンズが多かったです
これも ビオター58mmF2 の 最短撮影距離で



******************************
 ■ 2018年3月6日~9日 撮る
 ■ Biotar 58mmF2 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、絞り開放 F2

******************************

遠くを撮っても 近くでも クローズアップでも
ビオター58mmF2 の 絞り開放写真は ピリッとしませんです

もう 70年以上むかし設計のレンズです
わたしの ビオターへの期待が大きすぎるのかも知れませんね









-
by nakajimaakira1948 | 2018-03-09 10:39 | 58mmF2 C.Z. Biotar | Trackback | Comments(0)

ヘキサノン 200mmF3.5 で

2018年3月2日(金曜日)

ヘキサノン 200mmF3.5 を ヤフーオークションで 1円で入手しました

出品者いわく「ゴミ・ホコリ・白カビの付着あり」でしたが
出品写真を見る限り ホコリは1枚のエレメントの周辺に少しあるだけで
白カビは認められませんでした

1円で開始されたオークションでした
100円で入札したら 競争者は現れずに 開始価格の1円で落札してしまいました


落札後 出品者に「1円で落札してしまい ご迷惑をおかけします」と連絡したら
「動作未確認のジャンク品なので たとえ1円ででも引き取ってもらえるなら嬉しいです」と返事がありました

動作未確認のジャンク品と言われてますが
出品写真には 絞り開放とF8ぐらいまで絞った写真もあり ちゃんと作動していました

こんな事を言われる方の品物に 悪いレンズは無いと確信しました





1
b0069128_11203574.jpg

ヘキサノン 200mm F3.5

予感は当たり、届いた ヘキサノン200mmF3.5 の外観は 素晴らしい状態でした

白カビと言われていたものも ほんの少しで、これなら問題なく使えます


レンズは、ヘキサノン200mmだけで AR表示の無いもので
これは 小西六がプリセットの200mmF3.5から 完全自動絞りに切り替えた最初のもので
コニカFTAが発売された1968年から造られたものです

重いです、880g あります
わたしが持っている200mmレンズでは ミノルタの MC テレロッコール200mmF3.5 を抜いて
最も重いレンズになりました


レンズ構成  :  4群5枚
フィルター径 :  67mmφ
最短撮影距離 :  250cm
絞り羽根   :  6枚
コーティング :  マゼンタ系(赤~赤紫)の 単層膜コーティング


それよりも 内蔵フードが無くなっているのが気にかかりました
内蔵フードって レンズ鏡胴をばらさないと 取れないのでは?



ヘキサノン200mmF3.5の 絞り開放写真に行きましょう

■ 2018年2月26日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_12203948.jpg

がきんちょ

おひさま保育園のがきんちょ達です

ソニー α7 II の 手ブレ防止機構は良く効くのですが
200mmとなると ファインダー像が大きく揺れてピント合わせに時間がかかります

こちらを向いていた べっぴんさんの先生ですが
ピントを合わせているあいだに 向こうを向いています





3
b0069128_12311115.jpg

夕焼け小焼け

豊中の夕焼けです

300mぐらい向こうのマンションの灯りにピントを合わせていますが
距離表示では まだ無限遠ではありません

200mmになると、∞マークの次の距離表示は50m(150フィート)ですが
この写真では ∞マークと50mの中間ぐらいの位置です





4
b0069128_12403518.jpg

隙間(すきま)

おひさま保育園とその隣のマンションの隙間を通して
向こう側の坂道を撮ってみました





5
b0069128_12455739.jpg

コンクリートブロック

コンクリートブロックと 壊れた三角コーンです

カビやホコリの影響は無く シャープに写っています





6
b0069128_12505847.jpg

陸橋から

焦点距離200mmになると なかなか良い被写体がありません
いつもの陸橋に上がってみました

坂道の家々です





7
b0069128_12554815.jpg

青いお家

なかなかシャープでしょ





8
b0069128_12574157.jpg

赤い瓦と白い梅

陸橋から見える 赤い瓦と白い梅です

梅のシーズンですねぇ





9
b0069128_1304666.jpg

トランス

6600Vから100Vへのトランスでしょうか

こわいぞぉ~





10
b0069128_135473.jpg

逆光で

このヘキサノン200mmF3.5、内蔵のフードが取り外されています

誰かが鏡胴をばらして レンズをいじくり、そのときにフードを外したのかと思いましたが
シャープな描写ですので レンズは生まれた時の実力を保っているようです

でも 斜め逆光で撮ったら 少しフレアーっぽい写真になりました





11
b0069128_13182370.jpg

入れないのよ

おかあちゃんスズメが 自分のお家の上にある軽量鉄骨に乗っかって
『ここ、入れないのよ』と言っております

こんな鳥よけの網を バードスクリーンと呼びます


ところで 写真の網を留めている右側の金具が赤っぽくなっています
拡大して見ると 色収差が出ています

焦点距離135mmでは殆ど出ない色収差ですが 200mm以上になると急に目立ってきます
ED(異常低分散)ガラスが非常に高価で まだ使えなかった1960年代の200mmレンズだと判ります




12
b0069128_13233098.jpg

らせん階段

夜になって雨が降っています

こんな雨の夜 らせん階段は怖いでしょうねぇ



**************************************
 ■ 2018年2月26~28日 撮る
 ■ Hexanon AR 200mmF3.5 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F3.5

**************************************





おまけ -1
b0069128_133432.jpg

ヘキサノン 200mmF3.5 を ニコンに

ヘキサノンARマウントは ニコンFマウントにアダプター無しで取り付きます

取り付けの際の合いマークが無いこと、取り付け回転方向が逆であること、
噛み合い爪の厚みがほんの少しヘキサノンが厚いのか 取り付けの際の回転が固いこと、
レンズを取り付けた後の回転止めのストッパーが無いことなど
使用を阻害するいくつかの要因もありますが とにかく撮り付けた後はガタは全くありません

ヘキサノンAR200mmF3.5の最短撮影距離が2.5mであることより
ニコンに付けたら 中間リングを付けたのと同じ効果で 最短撮影距離が短くなるだろうと
ニコンD700に付けてみました

写真のように 良く似合っております

■ 2018年3月2日 ■ G Vario 14-45mm on Lumix G1





おまけ -2
b0069128_1352467.jpg

フジカシックス IIC型

以前 フジカシックス IIC型 を紹介したとき
綺麗な流線形のファインダーの上に 傷と錆びのようなものがあったのですが
どうもテープの糊だったようで オキシドールで拭いたらきれいに取れました

うれしくて ヘキサノン200mmF3.5を付けたニコンD700で撮りました


2.5mの最短撮影距離は半減して 1.2~3mぐらいの距離です
手持ちで ピント合わせに失敗しているようですが 狙い通りの効果でした ♪♪♪

ただし、画像のExifデーターは乱れますね
絞りが0(ゼロ)になるのは良いにしても 最大F値が2.8で 焦点距離は55mmになっています

■ 2018年3月2日 ■ Hexanon AR 200mmF3.5 on Nikon D700



*************************************************************
前オーナー様

1円で落札させて頂きましたが、ヘキサノン200mmF3.5 この様に楽しんでいます。
どうも ありがとうございました。

*************************************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2018-03-02 14:28 | 200mmF3.5 Hexanon AR | Trackback | Comments(8)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31