<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年9月25日(火曜日)

旭光学の1955年製 アサヒフレックスIIAを 入手しましたぁ

うれしいです
でも 高かったので、しばらくは 水だけ飲んで暮らさねばなりませぬ





1
b0069128_13254843.jpg

アサヒフレックス IIA

これが アサヒフレックスシリーズの 最終機 アサヒフレックス IIA です

アサヒフレックスのシリーズは 1952年の日本最初の35mm一眼レフ アサヒフレックス I型を含んで
次の4機種があります

  カメラ名称       発売年         主な仕様

アサヒフレックス I 型   1952年  エバーリターンミラー  B, 1/20-1/500秒
アサヒフレックス IA 型   1953年  エバーリターンミラー  B, 1/25-1/500秒
アサヒフレックス IIB型   1954年  クイックリターンミラー B, 1/25-1/500秒
アサヒフレックス IIA型   1955年  クイックリターンミラー T,B, 1/2-1/500秒


エバーリターンミラーというのは ミラーはバネの力でいつも45度の位置に押し付けられており
シャッターボタンを押す力で バネに反してミラーを上に押し上げて 上がり切ったところでシャッターが走りだす構造で
シャッターボタンから 指を離すと またバネの力で45度の位置に戻るというものでした
シャッターボタンを押すには バネの力に反してミラーを押し上げるので 大きな力が必要でした

1954年の アサヒフレックス IIB型のクイックリターンミラーは 世界初のものと考えられていました
実際には 1948年にハンガリーのデュフレックスというカメラで クイックリターンミラーが採用されていました
もちろん 旭光学はヨーロッパの端っこの国で クイックリターンが発明されていたことなどは知らずに 独自の構造でした

また アサヒフレックスには まだペンタプリズムが無く ウェストレベルファインダーが付いています
ウェストレベルファインダーでは 動態写真と縦位置写真が困難ですので
透視式ガリレイファインダーが ウェストレベルファインダーの横に設置されています





2
b0069128_14101399.jpg

届いた姿

おお~ これが63年も昔に造られたものか と 感心するほど綺麗です
ネームプレートの Asahiflex の 「l」の塗装がかすれていた程度です

巻き上げ・巻き戻しはスムーズ、シャッタースピードは全速度変化し
レンズの絞りとフォーカスリングは ねっとり回り 言うことがありません

AOCOの金属製ボディキャップ、東芝製φ40.5mmの Y2フィルターも付いています

だいぶ使い込まれた革ケースは 一部ちぎれておりましたが 補修可能でしょう





3
b0069128_14244615.jpg

タクマー 58mm F2.4

えへへ、このタクマー58mm F2.4 が 使いたくて アサヒフレックス IIA を 買いました

ちょっと フィルターリングの先の塗装がハゲていますが
状態は とても良さそうです


仕様

概要:     1954年12月 旭光学工業製 アサヒフレックス用 大口径標準レンズ
焦点距離:   58mm
明るさ:    F2.4
レンズ構成:  3群5枚(ヘリアー型)
最短撮影距離: 2ft(約60cm)
絞り:     プリセット絞り
絞り羽根:   12枚
コーティング: シアン系(薄青色)と マゼンタ系(赤紫色)の 単層膜コーティング
フィルター径: φ40.5mm
マウント:   M37(37mmスクリュー)
重量:     230g





4
b0069128_1542113.jpg

レンズキャップ

AOCO銘の アルミ製レンズキャップです

AOCOとは Asahi Optic Co. の 略で
アサヒペンタックスの時代には ペンタプリズム部に目立たない感じで エングレーブされておりましたねぇ





5
b0069128_14335184.jpg

どうやって使おうか?

問題は マウントです
φ37mm径の スクリューマウントです

最初は、なんとか 口径の近いライカ用のL39(M39mmスクリュー)マウントにして
それを M42に変換すれば良いと 簡単に考えていたのですが
L39→M42の両ネジに φ37mmのスクリューは どうも上手くはまりません

もちろん スペーサーや接着剤などを使えば良いのでしょうが
わたしは このタクマー58mmF2.4を またアサヒフレックスに戻すことを前提に デジタルで使いたいのです





6-1
b0069128_15121790.jpg

結局 M42のボディキャップで アダプターを作ることにしました

ポンチで穴をあけて 太いハサミで穴を大きくします



6-2
b0069128_151346100.jpg

あとは ニッパーで外周方向の切り目を入れて 穴を大きくして行きます



6-3
b0069128_15175062.jpg

だいたい穴が30mmぐらいになったら ニッパー作業は止めます
ここまで 作業開始から10分程度です

あとは ハサミやヤスリを使って ゆっくり穴を拡げます



6-4
b0069128_15191783.jpg

レンズの後端のネジ部と このプラスティックのレンズキャップの「ハメアイ」の摩擦力で持たせるつもりなので
「ハメアイ」の程度が重要です

35mmぐらいからは、 ノギスで測りながら 少しずつ少しずつ 穴を大きくします
このあたりは 現物合わせで、レンズのネジ部をレンズキャップに当てて 作業を薦めます





7
b0069128_15391917.jpg

でけた

「出きた」が標準語でしょうが 大阪弁では「出けた」と言います
出けたアダプターを写真に撮るのは忘れました

レンズのM37オスねじ部に レンズキャップ製のアダプターがちょっと入ったところで
レンズを下にしてレンズキャップ製アダプターを 「とんかち」で弱くトントンと叩き込みます

固い目が良いのです
スポッと入るようでは すぐに抜けてしまいますから

最後まで手作業ですので アダプターの穴には当然凸凹が残りますが
この凸凹が とんかちで叩かれて変形し レンズのねじ部との摩擦力を生み出すのです


タクマー58mmF2.4 の フランジバックはペンタックスと同じ 45.5mmですが
ボディキャップアダプターの厚みがあるので 当然M42のカメラでは 無限遠は出ません

それは 引き伸ばしレンズを一般撮影に使うのと同じで
ミラーレスカメラを使い M42ヘリコイドで調整するのです





8
b0069128_1632649.jpg

これで 無限遠が出ます

上から
・タクマー58mmF2.4 レンズ
・苦労してボディキャップで作った プラスティック製 M37→M42 マウントアダプター
・トミーテック製 M42ヘリコイド
・7mm厚 中間リング(写真では隠れていて見えません)
・M42→NEX 薄型アダプター
・ソニー α7

これで ひどいオーバーインフィニティではありますが 無限遠が出ます


それでは α7 に タクマー58mmF2.4 を 付けた
絞り開放写真に行ってみましょう





9
b0069128_16171442.jpg

作業完了の図

タクマー58mmF2.4 が 写っていないのは、この写真を撮っているからです

う~む、ええ写りです


アサヒフレックスIIAの前にあるのは
いままでM42ヘリコイドを付けていた 藤本写真工業の引き伸ばしレンズ Lucky Anastigmat 75mmF3.5 です

緑の古いハサミは アダプター製作の穴の仕上げに使ったハサミです

ボディキャップに穴を明け出したのが 1:30PM で 写真を撮っているのが 7:30PM
6時間もかかった、ああ しんどかったです





10
b0069128_16351953.jpg

Yashica Penta Jaguar


M42ヘリコイドで ピント合わせをするのですが
タクマー58mmF2.4にもフォーカスリングがあるし

こんな近距離では レンズのフォーカスリングでのほうが きめこまかくピント調節できるようです





11
b0069128_16435433.jpg

ゾウさん と アフリカ地図

壁の ゾウさん と アフリカ地図 です

20年まえに 南アフリカで たしか20ランド(約500円)で 道端で おっさんから買ったものです
なぜか 気に入っております





12
b0069128_1651722.jpg

ミミちゃん

今朝 撮りました

朝から雨で 散歩行けないねぇ





13
b0069128_16545696.jpg

Hennessy

今朝飲んだのではありません

だいぶ 減ってきた





14
b0069128_16582344.jpg

ベーコンエッグ オープンサンド

雨で どこへも行けません

まあ タクマー58mmF2.4 は いつアダプターから抜け落ちるか判りませんので
外では使いにくいのです

お昼に食べた ベーコンエッグ オープンサンド です
これ、おいしいですが なかなか食べにくいのです





15
b0069128_05441398.jpg

遠景

ベランダからの遠景も撮っておりました
2018年9月26日 追加で アップしました



おわり



*****************************************************
 ■ 2018年9月24日~25日 撮る
 ■ 1 ~ 5枚目 7 & 8枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 6-1 ~ 6-4 1-Nikkor 18.5mm F1.8 on Nikon V1
 ■ 9 ~ 14枚目 Takumar 58mm F2.4 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F2.4

*****************************************************


古いアサヒフレックスの タクマー58mmF2.4
その後のタクマー55mmF1.8 などとは レンズ構成は異なりますが
絞り開放から 安定した写りをみせてくれます









-
by nakajimaakira1948 | 2018-09-25 17:18 | 58mmF2.4 Takumar | Trackback | Comments(6)
2018年9月19日(水曜日)

ひさしぶりに持ち出した Aiニッコール35mmf2.8 を α7 II に付けて
ミミちゃんと 服部緑地公園へ散歩に行きました。





1
b0069128_16104473.jpg

Ai Nikkor 35mmF2.8 on Nikon F3 HP

1990年頃まで Aiニッコール35mmF2.8 は、このニコンF3などに付けて よく使ったものです

この Aiニッコール35mmf2.8は 1977年の発売です
当時ニッコールの中で一番安い 定価2万6千円で、貧乏だったわたしでも新品を買えたのです


それが老眼になって、もともと一眼レフでは構造上ピント合わせが難しい広角レンズでは
だんだんピントを外すようになり、そのうち「だんだん」が「しばしば」になって
いつしか 28mm や 35mmは 使わないようになり
一眼レフでは 50mm、105mm、135mm あたりを主力に使うようになりました


右側のレンズは、ニコンD700のキャッシュバック3万円が戻って来た2009年1月に
大阪駅の八百富で買った AFニッコール35mmF2 です
AFですので何を撮ってもピントはバッチリ、色合いもスッキリなのですが
外観の プラスティックの醜さが気に入らず あまり持ち出す気になりません

こうして Aiニッコールと AFニッコールを並べてみますと その質感の差は歴然でしょ





2
b0069128_16444881.jpg

Ai Nikkor 35mmF2.8 on Sony α7 II

コンパクトな Aiニッコール35mmF2.8 は、同じくコンパクトなα7 II に 似合ってるでしょ

ミラーレス一眼は ファインダー像拡大機能がありますので
一眼レフでは難しい 広角レンズの MFピント合わせも 楽々です



それでは、この α7 II と Aiニッコール35mmF2.8 の組み合わせの
絞り開放写真に行きます





3
b0069128_170140.jpg

ミミちゃん

ひさしぶりに使うレンズ
モデルは いつでもコイツです

わたし   「ハーイ ミミちゃん」
ミミちゃん 「なんや、そんなレンズ知らんぞ」
わたし   「一番最後に使ったとき、あんたは まだ生まれてなかったねぇ」
ミミちゃん 「・・・」

ミミちゃんの左の眼にピントを合わせたら ピッタリ合いました、構図はアカンけど





4
b0069128_1824739.jpg

ドぎついコントラスト

ベランダから撮ったら ドぎついコントラストの写真になりました

あとで PCでexifデータを調べたら マイナス0.7EVに 露出補正がかかっていました
気付かずに、今回の撮影は最後まで 全部マイナス0.7EV で~す





5
b0069128_1831928.jpg

黒いから

ミミちゃんは黒いから マイナス0.7EVの露出補正に気付きません

と言うか、コヤツを撮るときは マイナス補正のほうが良いみたいですね





6
b0069128_18353110.jpg

あかちゃん

今日9月19日の水曜日、暑い間は 肉球がヤケドしたらあかんので 散歩は控えていたのですが
ちょっと涼しくなってきたので ミミちゃんと服部緑地公園までお散歩です

服部緑地へ行くまでにある ちっちゃな公園です
ミミちゃんと友達の 恐竜のあかちゃんです

いままで 恐竜のあかちゃんの足元にいたミミちゃん
わたしが ピント合わせに手間取っている間に 画面から消えておりました





7
b0069128_1846934.jpg

ダクタイル配管

天竺川を渡って 服部霊園に水を運ぶ ダクタイル配管です

忍び返しの描写で レンズの解像力を見るのに 良く使ってます

Aiニッコール35mmF2.8 よ
あんた 合格です





8
b0069128_18514746.jpg

歪曲収差

服部緑地公園には 北西にあるテニスコートのところから入ります

Aiニッコール35mmF2.8 の 歪曲収差はデジタルでも合格です

しかし、平日の水曜日 朝9時過ぎに のんびりテニスを楽しむちゅうのは どんな人種かぁ





9
b0069128_18584439.jpg

大きな切り株

大きな切り株があります

ミミちゃんは 気にも留めず いつものようにシッポを下げてスタスタスタ





10
b0069128_1961176.jpg

爪痕

台風21号の爪痕(つめあと)でした

服部緑地公園は、いたるところで 三角コーンに渡した立入禁止のテープだらけでした
9枚目の切り株も 台風で倒れたでっかい樹を切ったものでしょう





11
b0069128_19144645.jpg

ここも

ここも そうでした
画面左端に 三角コーンとトラバーが見えるでしょうか

おねぃさん と ウシさんも だれも近寄ってくれず 寂しそうです





12
b0069128_1921325.jpg

吹き飛んでなかった

よかった、回転花壇のトイレは 吹き飛んでなかったです





13
b0069128_19245080.jpg

通せんぼ

いなり山への道も 大きな樹が倒れて 通せんぼです
あたり一帯の景色が 変わってしまっておりました

ミミちゃんも「どうなってるんや」と 辺りをキョロキョロ見渡しています





14
b0069128_19312730.jpg

コンクリート造りの休憩所

以前 ユースホステルがあったところの コンクリート造りの休憩所です

倒れてきた樹で 悲惨な状態になっておりました

ここには・・・





15
b0069128_19372286.jpg

エイリアン

ここの裏手には コンクリートの柱に巻き付いている エイリアンがいるのです

ちょっと探すと おぉ~ おりました

わたし   「台風 大丈夫だったかぁ」
エイリアン 「うんにゃ、怖かったぁ 死ぬかと思ったぜぃ」
ミミちゃん 「あんた、そうしているとワニさんみたいやねぇ」





16
b0069128_19491576.jpg

水車

いつも 服部緑地公園への行き帰り コムギのときから挨拶をしてくれた
モルタル造りの カンテラ少女

喫茶店だったのが 住宅紹介屋さんに変わってしまい、薄汚いカンテラ少女は どこかに捨てられたのか いません

なんだか 幼なじみの女の子が お嫁に行ってしまったような気持ちです


そのかわりに、この頃撮り始めた 料理屋さんの入口の水車です
ミミちゃん、あんたも挨拶しとけよ




************************************************
 ■ 2018年9月18~19日 撮る
 ■ 1 & 2枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3 ~16枚目 Ai Nikkor 35mm F2.8 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F2.8
 ■ 露出補正 すべてマイナス0.7EV

************************************************

α7 II で 撮った画像は すべて露出補正マイナス0.7EV です
ファインダーの下部に ちゃんと出てるのに

いかに ファインダー情報を見ていないか の証明ですねぇ









-
by nakajimaakira1948 | 2018-09-19 20:16 | 35mmF2.8 Ai Nikkor | Trackback | Comments(6)
2018年9月13日(木曜日)

ジャガーが届きました。

新車ではありません、中古カメラの ヤシカペンタ ジャガーが届いたのです。





1
b0069128_11351698.jpg

Yashica Penta J

これです

1961年に ヤシカが出したプラクティカ(= M42)マウントの 最初の一眼レフ
ヤシカペンタ ジャガーです

なんと素晴らしいデザインなのでしょう
特に とんがったペンタプリズムのカバーあたりが 何とも言えません
ニコンF よりも とんがっているでしょ


仕様

概要:        1961年製 ヤシカ最初のプラクティカマウント 半自動絞り35mm一眼レフ
ファインダー:    スプリットイメージ付き
シャッター:     布幕横走り、1軸不回転 B, X, 1/2秒~1/500秒
セルフタイマー:   無し
レンズ:       半自動絞り オートヤシノン 50mmF2(富岡光学製)付き
フイルムカウンター: 手動で復元
発売時価格:     29,500円(レンズ含み 革ケース含まず)


ふ~ん、仕様は 二級品やな~
ところで なんでジャガーやねん



b0069128_1203984.jpg

写真の ヤシカ ペンタ J
を 良くご覧ください
ジャガーと書いてあるでしょ

【この写真はインターネットより借用】





2
b0069128_12461825.jpg

J の 掘り込み

なぜ動物のジャガーなのか よく判りませんが
動物の名前をカメラのネーミングにしたのは ヤシカペンタ ジャガーが最初で最後だと思います

よほど ジャガーへの思い入れがあったのか、J の 文字は 外付け露出計のシューに彫り込まれています

シャッターボタンは ボディ前面にあります
これは 押しにくいと感じたのか 次のヤシカペンタ J-3から 軍艦部に移動しました





3
b0069128_12514147.jpg

シャッタースピードダイアル

非常にシンプルな シャッタースピードダイアルです

1/2秒~1/500秒と少し離れて X と B が ありますね
これは初期型の特徴で、後期型では X の位置は 1/30秒と1/60秒の間に入ります

フィルムカウンターは、自動復元式でなく 手動で復元する必要があります





4
b0069128_136212.jpg

オート ヤシノン 50mmF2

ジャガーに付いていた標準レンズは、半自動式の オート ヤシノン 50mmF2 です
このレンズは 富岡光学製です


仕様

概要:     富岡光学製 ヤシカペンタ ジャガーの標準レンズ
焦点距離:   50mm
明るさ:    F2
レンズ構成:  4群6枚(ガウス対象型)
最短撮影距離: 55cm
コーティング: アンバー系(だいだい色)主体、シアン系(薄青色)の単層膜コーティング
絞り羽根:   6枚
操作レバー:  絞り込んだ羽根を開放に戻す 絞り開放レバー付き
フィルター径: φ46mm
重量:     230g





5
b0069128_13195735.jpg

絞り開放レバー

設定絞りまで絞り込まれた絞り羽根を 開放に戻す絞り開放レバーです
レバー付きのレンズは クラシカルな感じがして 大好きです

シャッターボタンをゆっくり押すと、絞り開放レバーで開放になった絞りが カタッと絞り込まれて
次に シャッター膜が走るチャッの音が聞こえます


シルバーめっきの絞りリング、黒色塗装のフォーカスリング、ピカピカのクロームめっきの深度リング
レンジファインダー機のレンズのようで とても美しいと思います


実は、わたしは このレンズが使いたくて ジャガーを買ったのでした





6
b0069128_13435463.jpg



α7Ⅱに付けたところです
良く似合っております

【注意】
M42→NEX の マウントアダプターを使用する際
ピン押しタイプでなく ピン押しフランジ無しのタイプを使用しています

ピン押しタイプのアダプターでは、絞り開放ピンが長く 最後までねじ込めないのか無限遠が出ません


それでは オートヤシノン 50mmF2 の 絞り開放写真に行ってみましょう





7
b0069128_13564880.jpg

歪曲収差

いつもの 歪曲収差のテストです

歪曲収差は認められませんが 発色が地味ですね
これは 単層膜コーティングによるものでしょう





8
b0069128_1403881.jpg

サイドミラー

うれしくて 朝早くから近所をカメラ散歩です

黒い車のサイドミラーにピントを合わせ 後ろボケを見ます
やわらかな良いボケ味です





9
b0069128_145402.jpg

坂道

後ボケの左の家の上のほうが とろけそうです





10
b0069128_1491962.jpg

たんたん たぬき

オートヤシノン 50mmF2、さすが富岡光学といった解像力で写されて
たんたん たぬきさん が 恥ずかしがっています





11
b0069128_14135330.jpg

メルク

パンづくり一筋 メルクです

なんか DRズミクロン50mmF2 の 写りみたいです





12
b0069128_1417962.jpg

はにわロード

はにわロードを おかあさんに連れられた子供たちが行きます

手前の はにわロードの標識が 美しく前ボケしています





13
b0069128_14215042.jpg

三輪車と自転車

あたいの三輪車と おねぇちゃんの自転車

やわらかくシャープに撮れましたぁ ♪♪♪





14
b0069128_1426367.jpg

ワインボトル

このワインボトル、いつもラベルのワイナリーにピントを合わせるのですが
なかなかうまく撮れません





15
b0069128_1430511.jpg

切り株

中央の 黒い穴にピントを合わせてみました





16
b0069128_14323093.jpg

工事中

朝早くから お仕事ご苦労さまです





17
b0069128_1435926.jpg

たこ焼き

あほや の たこ焼きのちょうちんに ピーキングでピントを合わせました
う~む、やはり手抜きは あかんです





18
b0069128_14384685.jpg

置き物ミミちゃん

家に着くと まずこやつを見ます

だいぶ涼しくなって おだやかな表情になってきました


おわり



***********************************************
 ■ 2018年9月13日 撮る
 ■ 1 ~6枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 7~18枚目 Auto Yashinon 50mmF2 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F2

***********************************************


57年むかし世に出た オートヤシノン 50mmF2、ええ写りしているでしょ


ヤシカのプラクティカマウントのレンズは 古い順に

オートヤシノン   ・・・半自動絞り 単層膜コーテッド
オートヤシノン DX ・・・完全自動絞り(A/M切り替え付き) 単層膜コーテッド
オートヤシノン DS ・・・完全自動絞り(A/M切り替え無し) 単層膜コーテッド
オートヤシノン DS-M ・・ 完全自動絞り(A/M切り替え無し) マルチコーテッド

なお オートヤシノンや DX の時代には スーパーヤシノンという プリセット絞りもありましたね









-
by nakajimaakira1948 | 2018-09-13 15:11 | 50mmF2 Auto Yashinon | Trackback | Comments(6)
2018年9月6日(木曜日)

台風21号は すごい風でしたねぇ

伊勢湾台風や室戸台風のことは もう記憶にありませんが それより強烈な風だったのでしょう


我が家は、杭打ちした基礎と柱は 鋼鉄製のヒンジで繋がっておりますので
地震のときは 1階よりも 2階、3階と 上に行くほど 大きく揺れます

今回のような強風は初めてでしたが 3階は時々ギシッという音と共にだいぶ揺れておりました
くわばら くわばら



小西六の最初の 35-70mmのズームレンズ
1978年からの Zoom-Hexanon AR 35-70mmF3.5 で 台風の前後を撮っています





1
b0069128_10125933.jpg

Zoom-Hexanon AR 35-70mmF3.5

ズームヘキサノンAR 35-70mmF3.5 を 清原VK70R で 撮っています


むかしのレンズばっかり使っていますので、Exif データーでは 使ったレンズがなにか判りません
それで いま付けているレンズで 次に使うレンズを撮っておきます

こうすると、サムネイル画像で見たときに この写真の次から 写っているレンズに変わっていることが判ります

■ 2018年9月1日 ■ 清原Soft VK70R on Sony α7 II





2
b0069128_10262355.jpg

ええレンズやねぇ

ズームヘキサノンAR 35-70mmF3.5 を ミミちゃんに向けました

ミミちゃん 「ええレンズやねぇ」
わたし   「ええやろ~」

愛情コニカに おまけで付いて来たズームヘキサノンAR 35-70mmF3.5 ですが
新品のレンズのように美しいのです





3
b0069128_10354385.jpg

コニカ I

シャッターチャージレバーがロックできなくなったコニカ I を
広島の芹沢光機で修理してもらって これも新品のように美しくなっています

依頼していなかったのに シャッター羽根の洗浄もしていただき
少しゴミが入っていたファインダーも 綺麗に清掃されています





4
b0069128_10454064.jpg

八坂橋交差点

9月2日の朝、ミミちゃんを連れて散歩です

すがすがしいです
ピント合わせせず ピーキングだけで撮りました





5
b0069128_10505311.jpg

赤い自転車

きれいな赤い自転車が止めてあります

う~む、Zoom-Hexanon AR 35-70mmF3.5 は ボケ味もええなぁ





6
b0069128_10552434.jpg

ナイス バッティング

ネット越しに ナイスバッティングを撮りました

少年の振るバットのすぐ前の 飛んで行く白球が見えますでしょうか





7
b0069128_1103824.jpg

石垣

旭ヶ丘団地の公園の石垣です

腰を掛けるのにちょうど良い高さです
こんなんも石垣って言うのかしら





8
b0069128_1144856.jpg

強風

9月4日、台風21号です

強烈な風が吹いているときに ガラス戸を少し開けて
強風で可哀想なほど揺れている 公園の樹を撮ってみました

3階も揺れています





9
b0069128_11114110.jpg

台風一過

翌日の9月5日、台風なんか無かったかのような 良いお天気です






10
b0069128_1114524.jpg

うろこ雲

うろこ雲というのか いわし雲でしょうか

9月5日の夕刻18時30分ころです
季節は 確実に変わってきておりますね




*******************************************
 ■ 2018年9月1日~5日 撮る
 ■ Zoom-Hexanon AR 35mmF3.5 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F3.5

*******************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2018-09-06 11:28 | 35-70mm Hexanon AR | Trackback | Comments(6)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30