<   2019年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヘリコイドに注射

2019年2月24日(日曜日)

マニュアルフォーカスで撮影していて 一番いやなことは
ヘリコイドのグリースが固まってきて フォーカスリングが固くてどうしようもないときです


ニコンの古いニッコールレンズは グリースが悪かったのか最悪です
フォーカスリングを回すと グリースが全然効かずに スカスカと抵抗なく回転するかと思えば
グリースが固まりかけているのか フォーカスリングの回転が非常に固いものが多いです

ニコンのために言っておきますが、30年から50年まえのレンズの話しで 最近のレンズでは 改善されていて
フォーカスリングは ねっとりと 具合良く回転します

東独のカールツァイス・イエナのレンズでは 白鏡胴のものに フォーカスリングの固いものが多いです


そんなとき ヘリコイドに注射すると良く効きます





1
b0069128_15533374.jpg

注射器

ヘリコイドには 潤滑油を注射器で注射します

潤滑油を買うと みんなノズルが付いていて 注射器なんか要らんと思われるでしょうけれど
レンズを分解せずに マウント側から見えるヘリコイドに潤滑油を垂らす わたしの方法では
付いているノズルはみんな 太すぎて使えないのです

それで注射器を買いました
人体など医療用には使えない プラスティック製のものですが、3本セットでアマゾンで460円です


マウント側から潤滑油を微量注射して フォーカスリングを数回から十数回 回転させます
回すことで 固くなったグリースと 潤滑油が混ざり合うのです

固かったフォーカスリングが 柔らかく滑らかに回転するようになると 気分は最高です

写真は、非常に固かったフォーカスリングが 潤滑油の注射で良くなって喜んでいる
(右) ビオター58mm F2、(中) マクロキラー D 40mm F2.8、(左)AiS マイクロニッコール 55mm F2.8 と
注射器です





2
b0069128_15534443.jpg

Kilfitt Makrokilar D 40mm F2.8

キルフィットの マクロキラー D 40mmF2.8 です

60歳以上のレンズですが 最近になってヘリコイドの回転が とても重くなってきました

まず フォーカスリングを最短撮影距離まで回して ヘリコイドが一番良く見える状態にします
このレンズは 名前のように マクロレンズで ヘリコイドは二つあります

写真の 暗く写っている部分にちょっと見えているのが 第一ヘリコイドで
少し下の 後玉の右側に少し見えているのが 第二ヘリコイドです


注射器の針をヘリコイドに当てて 少しずつ潤滑油を落とします
フォーカスリングを回転させ ヘリコイド全体に潤滑油が行き渡るように注射します
落とす量は 全部で 0.1~0.2cc 程度です

注射が終わったら、レンズをカメラボディやマウントアダプターに取り付けて フォーカスリングを回してみます
レンズをボディやマウントアダプターに付けてから回すのは
レンズ鏡胴だけを持ってフォーカスリングを回すと 実際よりも重く(固く)感じるからです


マクロキラー D 40mmF2.8 、 潤滑油が効いて フォーカスリングが 非常に軽く滑らかに回転するようになりました





3
b0069128_15541151.jpg

Carl Zeiss Jena Biotar 58mm F2

旧東独 カールツァス・イエナの ビオター 58mmF2 です

何十年かむかし ニューヨークの Woodmere から個人輸入したときから フォーカスリングの回転は重かったです
それが だんだん重いのが固くなってきて なんとかせねばと思っておりました

最短撮影距離にしたところです
普通のレンズは マウント面から見ても ヘリコイドはこの程度ぐらいしか見えません

最上部の ネジ状のところがヘリコイドです
このヘリコイドには 0.1cc だけ 潤滑油を注射しました

結果は フォーカスリングが 軽く滑らかに回転するようになりました





4
b0069128_15542070.jpg

Hexanon 35mm F2.8

1965年 小西六が ヘキサノンAR マウントになったときのレンズです
まだ レンズには AR とは書かれていません

ねっとりした フォーカスリングの回転が自慢のヘキサノンに珍しく
このレンズ ピント合わせに汗をかくほど フォーカスリングが重いのでした

日本製のレンズは 大体ヘリコイドが 殆ど見えません
上部の やや黄色くなっているところの内側の黒く写っている隙間から ヘリコイドが少し見えるのですが
この写真では見えませんね

この隙間を通して 注射器の針を入れ込んで 潤滑油をプチューと落とすのです
アル中ではないのですが 手が震えて 針がうまく入りません

なんとか注射が終わって マウントアダプターに付けて フォーカスリングを グリグリグリグリ
潤滑油と固くなりかけているグリースが混ざりました

軽~くなりました うれしいです





5
b0069128_18131797.jpg

恐ろしいものを持ってるね

ミミちゃん 「恐ろしいものを持ってるね。なにしてますねん?」
わたし   「ちょっと調子の悪いレンズに 注射や」




*********************************************************
■ 2019年2月24日 撮る
■ 1~4枚目 Canon zoom lens 7.4-44.4mm on Canon PowerShot 7
■   5枚目 1-Nikkor 18.5mm F1.8 on Nikon V1

*********************************************************

潤滑油の注射で フォーカスリングが軽くなったレンズたちです

・キルフィット マクロキラー D 40mm F2.8
・カールツァイス・イエナ ビオター 50mm F2
・コニカ ヘキサノン 35mm F2.8
・AiS マイクロニッコール 55mm F2.8
・カールツァイス・イエナ トリオター 135mm F4
・ニコン レンズシリーズ E 35mm F2.5
・メイヤー光学 プリマゴン 35mm F4.5

なお 潤滑油は「クリンビュー 601」を 使いました、480cc 入り 400円程度です


フォーカスリングが スカスカに軽いレンズには
粘度の高いオイルか 暖めて柔らかくしたグリースでも 注射してみようかと考えているところです









-



by nakajimaakira1948 | 2019-02-24 18:52 | Canon Powershot G7 | Trackback
2019年2月18日(月曜日)

今週のレンズは、1966年から造られた ヘキサノン AR 57mmF1.4 です




1
b0069128_13423385.jpg

Hexanon AR 57mmF1.4 on Konica Autorex

1966年からの ヘキサノン AR 57mmF1.4 を、1965年製の コニカ オートレックスに付けています

コニカ オートレックスを買ったひとには 不可能だった組み合わせですが
まことに 良く似合っていると思います


この AR 57mmF1.4 を 絞り開放で使うと、最短撮影距離付近で α7シリーズの ファインダー像拡大機能を使っても
一瞬 フッと画像が ぼやける感じがするときがあります

あとの AR 50mmF1.4 では そんなことは無いので 非常に不思議な感じです


いつもの α7 II に 付けた 絞り開放写真にいきます
写真は 撮った順番に並べております

■ 2019年2月18日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_13423663.jpg

ミミちゃん

ミミちゃん 「うんっ、またレンズを換えたん?」
わたし   「毎週 換えてるよ」





3
b0069128_13424226.jpg

プラネタス

「まんが」は、小学生だった頃の「少年クラブ」から読み出して 散髪屋さんなどで良く読みました
でも 中学生になった頃からは なぜか読まなくなりました

それが 息子が友達からコピーさせてもらった 1TB近くの膨大な量の「まんが」のソフトを
わたしもコピーさせてもらったので 死ぬまで「まんが」を PCで読むことができるのです

最近のまんがと思われるのが主ですが、古い手塚治虫さんの「火の鳥」などもあります
重い内容の本に疲れたときなどに ときどき読んでいます


プラネタス、これ なかなか面白いです





4
b0069128_13424533.jpg

アイパッチ

今朝9時過ぎから 散歩に出ました

近所の ガスメーターのロボットくんです
左眼にアイパッチをはめて 四角い口で何か叫んでおりますね





5
b0069128_13424974.jpg

送迎バス

幼稚園の送迎バスみたいです
9時半、えらい遅い通園ですねぇ





6
b0069128_13425784.jpg







カエルくん

この カエルくん、最短撮影距離付近で撮ったのですが
α7 II の ファインダー像拡大機能が、一瞬ですが 利かなくなった感じがしました

AR 57mmF1.4 の 薄い被写界震度が そう感じさせるのかも知れません





7
b0069128_14333249.jpg



桜の塀

桜塚高校の さくらの花びらを繰り抜いた コンクリート塀です





8
b0069128_14333719.jpg



自転車

なんと言うことのない自転車が さりげなく置かれていました





9
b0069128_14334170.jpg



フクロウさん達

以前に撮った「豊ねこ」さんのまえに
フクロウさん達が こわい顔をして留まっております





10
b0069128_14334541.jpg

信号待ち

安くておいしい そば屋さんの前で 信号待ちをする人々

わたしは向こう側に渡るのですが こちらの信号も赤です
小さな三叉路ですが スクランブルになっています





11
b0069128_14334825.jpg

豊中市消防団 大池分団

どう見ても普通の家ですが 消防自動車が用意してあるのでしょうか





12
b0069128_14335259.jpg

豊高通り

クローバー歯科(むかしは無かった)の 右側の道路は 「豊高通り」と呼ばれています
ゆっくりした坂道になっていて、坂を上がると 右に梅花学園 左に豊中高校があるのです





13
b0069128_14335822.jpg




彩菜

いまは寒いので 恩恵はありませんが
夏の暑い日には この「彩菜」の 日陰は とてもありがたいのです





14
b0069128_15070270.jpg

L. Shanti

シャンティとは サンスクリット語で「心の平安」の意味です

ここ 何屋さんでしょうねぇ





15
b0069128_15070838.jpg



天使

もちろん キリストではなく 綺麗な天使の横顔にピントを合わせています

■ カソリック豊中教会 にて





16
b0069128_15072009.jpg

強い

道路のハンドレールの下の コンクリートの僅かの隙間に、コケと雑草が顔を出しています

う~む、強いやつらです





17
b0069128_15072537.jpg

日向(ひなた)

右から、おかあさん ワンコ おじいさん おとうと あたい(踊っています)

わたしが横を通るとき、この女の子は 二つ穴の開いたメッシュのお盆のようなものを顔に当てて
その穴を通して わたしをじっと見つめながら近寄ってくるのです
おもわず 笑ってしまいました




**************************************************
 ■ 2019年2月15日~18日 撮る
 ■ 2~17枚目 Hexanon AR 57mmF1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F1.4

**************************************************

ヘキサノン AR 57mmF1.4 の 写り、大好きです
シャープでいて そして柔らかな写りでしょ









-

by nakajimaakira1948 | 2019-02-18 15:49 | 57mmF1.4 Hexanon AR | Trackback
2019年2月12日(火曜日)

石川県から 3Dプリンターで作った ナイロン樹脂製のマウントアダプターが届きました

アサヒフレックスの M37マウントを M42マウントに変換するものです





1
b0069128_13494519.jpg

ナイロン樹脂製のマウントアダプター

これが 3Dプリンターで作った M37→M42の マウントアダプターです

材質は ナチュラルのナイロン樹脂なので 色は白色です
カーボンブラックを混ぜた黒色も選べたのですが
強度が高くなるぶん 割れやすいのではないかと思って ナチュラルを選びました

この製品には 裏表はなく、レンズのM37ねじに どちら側からでもねじ込めます

外すときに しっかり締まってしまい 取れなくなるときのために
アダプターの裏表の両面に カニ目レンチ用の溝が二つずつ付いています

ただ 写真のように、カニ目溝が 裏表に円周上の同じ位置に彫ってあるので
その部分の 残りの肉厚が薄くなっています
もし このアダプターが割れるようなことがあれば きっとここからですね





2
b0069128_13495272.jpg

レンズに嵌(は)める

1954年の タクマー 58mmF2.4 の M37mmねじに 嵌めます

アサヒフレックスの M37マウントは、フランジバックが 後のペンタックスなどのM42マウントと同じ 45.5mm なので
アダプターの厚さは、タクマー58mmF2.4の 37mmねじより短ければ
レンズのマウント面で ボディと当たって止まるり 同じフランジバックが生きるのです





3
b0069128_13495643.jpg

嵌った

やはり ナイロン製のためか 最初は斜めに入ったりしましたが
慎重にやれば すぐにネジ込めましたぁ


石川県加賀市の DMM make 3Dプリント事業部さん
表面と裏面との カニ目溝の位置を180度ずらせば これは売れますぜ





4
b0069128_13500005.jpg

ペンタックス S3 に 嵌めて

M42 マウントに変換した タクマー58mmF2.4 を ペンタックス S3 に 嵌めてみました

ありがとう、バッチリ無限遠が出ましたよ


ごたく話しは ここまで
ソニー α7 II に、M42→Nex マウントアダプターを介して付けてみました
いつもの 絞り開放写真に行ってみましょう





5
b0069128_14483043.jpg

ええやろ

わたし   「は~い、ミミちゃん こっち向いてぇ」
ミミちゃん 「また ええレンズやねぇって 言わせたいんやろう」「向かんもんね」





6
b0069128_14384811.jpg

青いこみち

このあいだまで、いつ抜け落ちるか判らんので
タクマー58mmF2.4 は 無限遠に合わせて一切触らずに
外付けしたヘリコイドで ピントを合わせていました

レンズのヘリコイドでピント合わせしようが 外付けのヘリコイドで合わせようが
写りに差が出るはずは無いけれど なんかレンズが良く写っているような気がします

「青いこみち」の文字が 最新のレンズに負けないくらい シャープに撮れました





7
b0069128_14385341.jpg

ミニクーパーが いない

いつも 陸橋の上から撮っている 薄緑色のお家です

この日は 近寄って撮ってみました
なぜか 赤いミニクーパーが おりません





8
b0069128_14390769.jpg

逆光で

逆光で 撮ってみました

少しフレアーが認められますが 十分に許容範囲内です





9
b0069128_14392967.jpg




めくれてる

8枚目の 逆光写真を撮ったとき
「あれっ」と 思って 近寄ってみました

顔の部分がめくれて 裏側の木が見えています
悲惨な状態になっても 可愛い顔で「あぶない」と 言ってます





10
b0069128_18560105.jpg

木工所跡地

わたしの好きな 集塵サイクロンがあった 木工所の跡地です

わたしの好きなものが だんだん消えて行きます





11
b0069128_18571837.jpg






陸橋より

なぜか M42マウントにした タクマー58mmF2.4 は
フォーカスリングを無限遠に合わせると すこし オーバーインフィニティになります

無限遠が出ないよりは ずっと好きですが





12
b0069128_18574880.jpg




天竺川

うさぎ川と合流する直前の 天竺川です

写真下側の段差のところで うさぎ川と合流しています

川面に映る住宅が 実物よりもきれいでした





13
b0069128_18575594.jpg



らせん階段

機能美あふれる らせん階段です

塗料の色合いも なかなかええです





14
b0069128_18580027.jpg



秘密の通路

DIY の コーナンへ1分で行ける 秘密の通路です

夏には 通れないぐらい夏草が生い茂ります





15
b0069128_18580587.jpg

にせものマトリョーシカ

写真中央の 緑色の服をまとった 入れ子人形のお嬢さん

マトリョーシカはロシア名物ですが、これは 中国の桂林(グイリン)で買った にせものです
にせものだけれど お嬢さんのなかには 瓜二つの女の子が6人入っています




*********************************************
 ■ 2019年2月8日~10日 撮る
 ■ 1 ~4枚目 1-Nikkor 18.5mm F1.8 on Nikon V1
 ■ 5~15枚目 Takumar 58mm F2.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F2.4

*********************************************

3Dプリンターがあれば いろんなものが作れますねぇ

でも まだ少し高いですね、キヤノン製で 36万円です
設計するのも だいぶ難しそうです
欲しいです









-

by nakajimaakira1948 | 2019-02-12 19:50 | 58mmF2.4 Takumar | Trackback
2019年2月6日(水曜日)

1月は「行く」2月は「逃げる」と言いますね、もう1年の1/12以上が終わったのです
ちなみに 3月は「去る」です


さて今回は、昨年手に入れた アサヒフレックスの Takumar 58mmF2.4 です

M42のボディキャップで自作した M37→M42 の マウントアダプターを使って
ソニーα7 に 付けて使ってみました

このアダプターは、ただ Takumar 58mmF2.4 の M37のネジ部に突っ込んでいるだけなので
摩擦力が弱って いつ外れるか判らず 遠くへは持ち出せないのです

自作の M37→M42 の マウントアダプターの作り方は
「アサヒフレックスと タクマー58mmF2.4」で 紹介しています





1
b0069128_09055624.jpg

Takumar 58mm F2.4 on Asahiflex IIA

1955年のアサヒフレックス IIA に、1954年の タクマー58mmF2.4 を 付けたところです
う~む、強烈に似合っていると思います

タクマー58mmF2.4 の フィルターリングがちょっと変形していますが
ニコン V1 の φ40.5mmの フィルターが ジャストフィットします





2
b0069128_09060114.jpg

Takumar 58mmF2.4 on SONY α7

なぜ 古いソニー α7 に Takumar 58mmF2.4 を 付けているのかというと
トミーテックのヘリコイド(7840)を付けるための 薄型M42→NEX マウントアダプターの為なんです

新しいソニー α7 II マウントは リジッドになって 台湾製の薄型M42→NEX マウントアダプターが
ボディから外れにくく カニ目回しを使って外さなければならないのです

古い α7 のほうは マウント基部にプラスティックが使ってあるそうで
薄型M42→NEX マウントアダプターが 軽く手で回すだけで外れるのです
まぁ わたしの α7 と α7 II の 製作誤差かも知れませんが


ゴタクはここまで

はじめて外へ持ち出した Takumar 58mmF2.4 で撮った 絞り開放写真に行ってみましょう





3
b0069128_09062634.jpg

ええボケ味

ヘリアー型の 3群5枚構成(凸凹 凹 凹凸)の 特徴でしょうか
後ろボケが 非常に美しく感じられます





4
b0069128_09062953.jpg

ええレンズやねぇ

「ええレンズやねぇ」と ミミちゃんが感心して 見上げております





5
b0069128_09473839.jpg





赤い自動車

女房の赤い自動車です

1954年製の タクマー58mmF2.4 で 撮ったとは思えないでしょ


タクマー58mmF2.4 が いつ外れるか判らないので
フォーカスリングは そっと回します
シャッターを切ったあとも レンズが外れて落下しないように
首から下げた α7 を、左手で α7 を 右手でタクマー58mmF2.4 を 持って歩きます





6
b0069128_09474238.jpg



さかなとり

モデル料を払わんで撮って ごめんね

やわらかく シャープに撮れています





7
b0069128_09475102.jpg



逆光で

逆光の陸橋から撮っています

太陽を画面に入れないだけで フレアーはありませんね
ダイナミックな写りだと思います





8
b0069128_09483329.jpg

大阪が見える

遠くの地平線に 大阪市内のビルが見えています





9
b0069128_09483860.jpg

無題(Untitled)

題名の無い写真だけれど 良い色が出てますでしょ





10
b0069128_09485192.jpg





秘密の通路

わたしの家から ホームセンターのコーナンへの 秘密の通路です

おおむかし 畑のあぜ道でした





11
b0069128_09485594.jpg

ミミちゃんの視界

ミミちゃんは いつもこんな世界を眺めているのか





12
b0069128_09485971.jpg

おひさまっこ 保育園

近くに「おひさま保育園」が あります
ここは もっと幼い子供達が来るところのようです





13
b0069128_09490887.jpg

家のまえの公園

家のまえの公園です
自転車はひっくり返っていますが 華やかな色が出てくれました





14
b0069128_09491942.jpg

レンズが無い

前回も レンズが無い状態で撮りました

付いていた タクマー58mmF2.4 は、α7 に 付けられて この写真を撮っています

このアサヒフレックス IIA、使いにくさは抜群ですが 大変気に入っております




***********************************************
 ■ 2019年2月1日~6日 撮る
 ■ 1 ~2枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3~14枚目 Takumar 58mmF2.4 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F2.4

***********************************************


アサヒフレックスのレンズ用に 市販の M37→M42 の マウントアダプターを探していましたが
ついに見つけました

このアダプターは 3Dプリンターで製作するのです、材質はナイロン樹脂です
発注後に製作を開始するので 現在製作中です

タクマー58mmF2.4 よ
もうすぐ ちゃんとしたマウントアダプターが届くからね
届いたら、抜け落ちる心配無しに どこへでも行けるので もうしばらく待ってね









-

by nakajimaakira1948 | 2019-02-06 10:57 | 58mmF2.4 Takumar | Trackback

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28