<   2019年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2019年5月27日(月曜日)

暑かった きのうの日曜日、朝から ミミちゃんと熊野町を散歩しました。

お供は、α7 II に付けた ペトリ CC Auto 55mmF1.8 です。





1

b0069128_08574237.jpg

ペトリ CC Auto 55mmF1.8

1973年ころに造られた ペトリ CC Auto 55mmF1.8 です

このレンズの詳細は 「ペトリ CC Auto 55mmF1.8 で」に 書いております

絞りリングに クリックストップが無くて ズルズル回転してしまうこと以外は
小さく軽量で、画面中央部はシャープで ボケも柔らかい わたしの大好きな M42 マウントのレンズです

コーティングは、アンバー系(だいだい色)主体で マゼンタ・シアン系(薄紫色)の 単層膜コーティングです


それでは、ペトリ CC Auto 55mmF1.8 を α7 II に付けた 絞り開放写真に行ってみましょう

■ 2019年5月26日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_08574968.jpg




う~む

珍しく、ミミちゃんが レンズを見つめています

ミミちゃん 「う~む、良く写りそうな予感がするぞ」
わたし   「ピンポーン !!! 」





3
b0069128_08575359.jpg



歩道橋より

歩道橋を渡って 熊野町に行きます





4
b0069128_08575826.jpg

熊野田幼稚園

新しくなった熊野田幼稚園の壁のタイルに クマさんが ・・・





5
b0069128_08580332.jpg



緑と赤

なんてんの緑のシェドと 赤い車の対比が美しかったです





6
b0069128_08580925.jpg

ユンボ

熊野町も どんどん新しくなって行きます

ユンボは商品名であり 油圧シャベルというのが正しい名称ですねぇ





7
b0069128_08581434.jpg

古いお家

古いお家は、新しくするときも 以前のままの景観を保って 新しくするのです





8
b0069128_08581924.jpg

熊野町メインストリート

この 交通事故で亡くなった子供たちを祀る地蔵さんが 熊野町のランドマークです

日曜日の朝、静かです





9
b0069128_09012795.jpg

八坂神社にて

熊野町の東詰めにある 八坂神社です

何か撮っていると ミミちゃんが急に画面に入って来て
ピントを合わせるヒマがありませぬ ・・・ ピンボケじゃ





10
b0069128_08582818.jpg




熊野代山への石段

熊野町は、大昔に紀州(和歌山県)の 誰かエライさんが豊中に遊びに来たとき
この辺りが 紀州の熊野に似ていたことから命名したそうです

この石段の上には 鐘を突く鐘台があるのですが
そんな丘のようなものにも 熊野代山(熊野の山の代わり?)という名前が付けられています


階段が大好きなミミちゃんが駆け上って ドヤ顔をしています





11
b0069128_09004261.jpg



ニュートンの法則

八坂神社の手水舎です

ここの手水舎は ニュートンの法則が いつも綺麗に撮れます
なぜかと考えますと 水がポトリポトリと落ちる程度に バルブを絞りあげているからでしょう





12
b0069128_09011199.jpg




タブチ理容店

熊野町メインストリートを 8枚目と逆の方向から撮っています

この道路は 旧環状線と並行してありますので 車は少ないのです

画面が だいぶ傾いてしまいました





13
b0069128_09004836.jpg

サイと ゾウと カバ

熊野町メインストリート沿いに 小さな公園があります

サイと ゾウと カバが おります





14
b0069128_09005399.jpg

ヒポ

愛嬌のある表情のカバさんが 雑草を食べています

カバほど 評価の分かれる動物は珍しいです

カバは 英語で ヒポポタマス(hippopotamus)と言い 略して「ヒポ」と呼ばれます
カバが住んでいる国では 恐怖の動物として恐れられています

南アフリカでは カバのお腹から 腕時計をした人間の骨が出てきました
カバは 肉食で人間を食べるのです

ミミちゃんは 本能で「こいつは危ない」と判るのか カバのまわりには寄り付きません
わたしは カバのおかあちゃん(体重1~2トン)と あかちゃん(体重50Kg)が一緒に散歩している姿が大好きですけど





15
b0069128_09010224.jpg



クマのプーさん

メインストリートに面したお家の 森のプーさんです

熊野町という名前にあやかってか 熊野町にはクマさんが多いです





16
b0069128_09012143.jpg

熊野田幼稚園

熊野田幼稚園まで 戻ってきました

新しくきれいになった熊野田幼稚園、ここにもシンボルのクマさんがおりました



****************************************
 ■ 2019年5月24日 & 26日 撮影
 ■ Petri CC Auto 55mmF1.8 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.8

****************************************

一眼レフカメラでは、その特殊な構造から故障が多かった栗林写真工業のペトリですが
付いていたレンズは みんな優秀でしたですね

ちなみに、わたしの息子は 熊野田幼稚園、熊野田小学校へと通いました
それで 身体だけは クマさんみたいに頑丈です









-


by nakajimaakira1948 | 2019-05-27 11:12 | 55mmF1.8 Petri M42 | Trackback | Comments(2)
2019年5月21日(火曜日)

「周辺がタル型に ひん曲がって、盛大にフレアーが発生する」という描写で
あまり使っていない コシナ ワイドアングル 20mmF3.8 です






b0069128_08422780.jpg


コシナ ワイドアングル 20mmF3.8

25年ほどむかし、通勤帰りに 梅田の大林写真機店を覗いていると
コシナ ワイドアングル 20mmF3.8 が 置いてありました

新品で価格は なんと 11,800円です ・・・ やっ 安い
飛びつきました

家に帰って、ニコンF3 に付けて ファインダーを覗くと
なんかフレアーっぽいです

それでも ニッコールの20mmF3.5が 5万円以上した時代でした
うれしくて パチリパチリ

■ 2019年5月21日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_08423289.jpg

Cosina Wide Angle 20mmF3.8 on Sony α7 II

DPE屋さんから戻ってきたプリントを見ると がっくり

逆光で撮ったものは 絞り開放では盛大なフレアーが出ています
この逆光時のフレアーは 絞りをF8にしても 残ります

また 画面周辺は、びっくりする程のタル型の歪曲が出ているではありませんか
やっぱり安過ぎるレンズは あかんと思ったものです


仕様

概要:     コシナ製超広角レンズ
焦点距離:   20mm
明るさ:    F3.8
レンズ構成:  8群9枚
絞り:     5枚
フィルター径: φ62mm
コーティング: アンバー系(だいだい色)単層膜コーティング
重さ:     185g
価格:     40,000円(定価)11,800円(新品購入価格)



松下さんのミラーレス ルミックスG1 が出て マウントアダプターで使いました
イメージサークルの中央部だけを撮るので 周辺のひん曲がりは写らなくなりましたが
焦点距離が2倍に伸びるので 換算40mmのつまらない描写となりました

ニコンのフルサイズ機 D700に付けて 時折使っていましたが
ロシア製 MCミール 20mmF3.5 を手に入れてからは 殆ど使わなくなっています

長い話しになりましたが
きょうは、コシナ ワイドアングル 20mmF3.8を ソニーα7 II に付けて
写りの悪かった 絞り開放で使ってみました   

■ 2019年5月21日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





3
b0069128_08423762.jpg

ベランダより

う~む、思ったよりも 周辺のタル型歪みが 出てませんねぇ





4
b0069128_08424258.jpg

小さな公園

春になって、このあいだ 緑の葉っぱごと枝を切られてしまったのに
もう 新しい葉っぱが いっぱい出てきています

この写真も 周辺の歪曲が目立ちませんね





5
b0069128_08424725.jpg

ブタ小屋

解像感は無いけれど 逆光でなければ普通に写ります





6
b0069128_08425425.jpg







行ってきま~す

どこかへ出かけるときには
こいつに「行ってきま~す」と 声には出しませんが 心のなかで言っています





7
b0069128_08425933.jpg

フレアー

いつもの「さかなとり」です

斜め逆光でも フレアーが出ています
左手で「ハレ切り」をすれば良いのですが わすれましたよ

ハレ切りとは ハレーション(フレアーと同意味)を起こす光線を
手や小さな板などで遮ることを言います





8
b0069128_08430566.jpg



歩道橋より

画面中央では判りませんが
左下部の 水色の柱が タル型に曲がっています





9
b0069128_08431009.jpg



階段

このような 直線の多い撮影では
よく見ると タル型の歪みが目立ちます





10
b0069128_08431546.jpg

なが~い自動車

左下の自動車、普通の車なんですが 外国の胴のなが~い車のようです

写真を撮っているときには気づきませんでした





11
b0069128_08432027.jpg

駐輪場

スーパーマーケットの駐輪場です

歪曲収差は感じませんね





12
b0069128_08432594.jpg

何してんの?

丸いクッションの上で ダレていたミミちゃんが立ち上がり
こちらに歩いて来ます

ミミちゃん 「何してんの?」
わたし   「いやっ、何も」





13
b0069128_08432956.jpg

フレアー

また クッションに戻りました

近づいて撮ると、後ろからの光で 豪快にフレアーが発生しました




********************************************
 ■ 2019年5月17日~21日 撮影
 ■ Cosina Wide Angle 20mmF3.8 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F3.8

********************************************

こうして見ると コシナ ワイドアングル 20mmF3.8 も
なかなか 捨てたものではないと感じます

まだ フォクトレンダーのブランドを手に入れてなかった時代のコシナ製で
定価の7割引きで販売していたんですねぇ

いまは 高級ブランドになってきて なかなか買えません











by nakajimaakira1948 | 2019-05-21 10:55 | 20mmF3.8 Cosina | Trackback | Comments(4)
2019年5月15日(水曜日)

このあいだまで「花冷えじゃ」とか言って エアコンを暖房に入れていたのに
ここ数日は暑くて エアコンを冷房にしています

日本は気象学的には 亜熱帯気候のゾーンに属しますが
最近は 春や秋が非常に短くて 熱帯気候になって来たようです

暑さや寒さに弱い ミミちゃんと暮らしていますと
暑くても寒くても 外出するのが激減している 今日この頃です


そんなときは 家でエアコンを利かして うじうじ写真を撮ります
きょうは、わたしの大好きな ヘキサノン AR 57mmF1.4 です





1
b0069128_14054151.jpg

Hexanon AR 57mm F1.4 on Konica New FTA

この ヘキサノン AR 57mm F1.4 は 小西六の初めての F1.4 レンズではありません
コニカ オートレックスが発売された1965年には Hexanon 52mm F1.4 が ありました

52mm F1.4 は なぜか短期間で姿を消し 1966年からは この AR 57mmF1.4 の登場です
AR 57mm F1.4 には 初期型・中期型・真っ黒の後期型があり
わたしのは中期型であると思います

この AR 57mm F1.4 のあとは
絞り開放で撮ると ミニチュア写真が撮れる、あの AR 50mm F1.4 と なります


ごたくはここまで、ヘキサノン AR 57mm F1.4 を α7 II に付けた
絞り開放写真に行きます

■ 2019年5月15日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_14055298.jpg

気持ち良さげ

ベランダで 気持ち良さげの ミミちゃん
ちょっと 白目を見せてくれないと 可愛くないです

最短撮影距離付近で撮りました





3
b0069128_14055706.jpg

アコースティックギター

ヤマハ CG-102 ちゅう型番の アコースティックギターです

このごろ あまり弾かないのでホコリがいっぱいでした
乾いた布で ホコリを落として 記念写真です





4
b0069128_14060579.jpg





時代の節目

平成最後の日の夕刊と 令和最初の日の夕刊です

捨てるまえに 時代の節目として撮っておきました





5
b0069128_14061244.jpg

ラーメン

とんこつ醤油ラーメンです
インスタントラーメンではありません、ちゃんとお湯を沸かして茹でるやつです
うまそうでしょ

中国では 羅麺と書いて「ラーミエ」と発音します





6
b0069128_14061717.jpg

エル ニッコール

エル ニッコール 50mmF4 です

日本光学の 初期の引き伸ばしレンズです
綺麗な写真も撮れます





7
b0069128_14062111.jpg

Twilight Time

ヘキサノン AR 57mm F1.4 で 夕暮れどきを撮ると
なんか 絵に描いたような描写になりました





8
b0069128_14062702.jpg





あご冷やし の 態勢

「あご冷やし」とは わたしの造語で
動物が暑いときにやる、アゴやお腹を冷たいものにベッタリ接触させて
涼んでいるというか 伸びている姿を言います

ミミちゃんも あご冷やしをしていたのですが
タイルが熱くなっているので アカンと思ったのか 上体を起こしていますね

後ろ足の恰好が 面白いです


**************************************
 ■ 2019年5月11日~15日撮る
 ■ Hexanon AR 57mm F1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.4

**************************************



おまけ
b0069128_14063387.jpg

すずめ

おかあちゃん か おとうちゃん か 分かりません
おかあちゃん は 胸に深いシワがあるので もう少しこちらを向いてくれたら
どちらか分かるのですが





おまけ -2
b0069128_14063710.jpg

トリミング

「おまけ」を トリミングしてみました

ちゃんと 眼にキャッチライトが入っているのは分かりましたが
おとうちゃんかなぁ、胸にシワがありませんねぇ

■ 2019年5月5日 撮る
■ AF-S Nikkor 70-300mm VR on Nikon D80









-

by nakajimaakira1948 | 2019-05-15 15:43 | 57mmF1.4 Hexanon AR | Trackback | Comments(5)
2019年5月9日(木曜日)

今週のレンズは 1978年に発売された ズームヘキサノン AR 35mm F3.5 です

レンズの仕様については ズームヘキサノン 35-70mmF3.5 ゲット に詳しいです





1
b0069128_14595479.jpg

Zoom-Hexanon AR 35-70mm F3.5 on Autorefrex T3

この Zoom-Hexanon AR 35-70mm F3.5 は
1978年に モーターによるフィルム巻き上げを世界で最初に実現した
コニカ FS-1 というカメラと同時に発売された コニカとしては後発のレンズです

その分、コーティングはマルチコートで 写りは現代のレンズに近いものです

写真では、1973年の コニカ オートリフレックス T3 に 付けています
これは 最広角側の35mmにしていますが レンズが長くて 35mmとは思えませんね





2
b0069128_15000095.jpg

Zoom-Hexanon AR 35-70mm F3.5 on SONY α7 II

大柄な コニカ オートリフレックス T3 に付けても 長いレンズだと思ったのに
小柄な ソニー α7 II に付けると 135mmぐらいのレンズに見えますね

この組み合わせで撮った 絞り開放写真に行きます





3
b0069128_15001247.jpg

気持ちええ

暖かくなって、ベランダで 気持ち良さげな ミミちゃんです

こやつ、祖先はドイツ産なので 寒さには強いはずなのに
冬のあいだは ストーブの前から離れませんでした





4
b0069128_15001667.jpg

おむすびカメラ

minolta 'A' に ダミーフィルムを入れて
抜群に軽くて滑らかな フィルム巻き上げの感触を楽しんでいます

うえから見ると、「おむすび」の かたちをしています
minolta 'A' 大好きで~す





5
b0069128_15002458.jpg








歩道橋より

Zoom-Hexanon AR 35-70mm F3.5 の 写りは
一言で言うと 何を撮っても優等生 という写りですね





6
b0069128_15002951.jpg









歩道橋の反対側

歩道橋に上がると いつも撮る景色です
家で寝ているミミちゃんも 連れてきたら良かったです





7
b0069128_15003593.jpg



カエルくん

70mm側で 最短撮影距離の35cm付近です

このカエルくん、とても小さいので なかなかここまで大きくは撮れません





8
b0069128_15004247.jpg

わんこプランター

可愛いわんこプランター
きょうは ややこしいやつ等に囲まれておりますねぇ





9
b0069128_15005184.jpg




氷の リスくん

氷で出来ている リスくん です



うそピョ~ン
氷か雪で出来ているように見えますが プラスティック製です
うまく出来ていると思います

リスくんの周りの花々は なんか絵に描いたような柔らかさに写っています





10
b0069128_15005981.jpg

さかなとり

いつも モデル料を払わずに撮っている さかなとり です

きょうは 少し離れて撮ってみました



***************************************************
 ■ 2019年5月4日~9日 撮影
 ■ 1 & 2枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3~10枚目 Zoom-Hexanon AR 35-70mm on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F3.5

***************************************************

【2019年5月13日】おまけを追加

おまけで レンズのデーターを 貼っておきましょう

b0069128_09590065.jpg








-

by nakajimaakira1948 | 2019-05-09 16:47 | 35-70mm Hexanon AR | Trackback | Comments(2)
2019年5月2日(木曜日)

平成の最後の日の4月30日、がらくた箱を整理していたら
φ67mm の ケンコーのクローズアップフィルター No.3 と言うのが出てきました。

う~む、こんなんがあったのか
何に使おうかなぁ、そうだ 以前に作った蛇腹望遠レンズを作ってみよう。






1
b0069128_22105490.jpg

クローズアップフィルター

φ52mm No.2 と φ55mm No.2 の 2枚のクローズアップフィルターを
ベローズ(蛇腹)に付けて 自作の望遠レンズを作ったことがありました

「蛇腹望遠レンズ 350mm F2.8」で 作り方と写真を紹介しています


今回は 3枚玉です
前回は 350mm F2.8 だったけど 今回はどうでしょう

■ 2919年4月30日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
b0069128_22110278.jpg

出来ました

レンズ部が出来ました、左側より

ニコン リバースリング φ52mm
ケンコー 両めすリング φ52mm
ケンコー φ52mm クローズアップ フィルター No.2
φ52mm → φ55mm ステップアップ リング
ケンコー φ55mm クローズアップ フィルター No.2
φ55mm → φ62mm ステップアップ リング
φ62mm → φ67mm ステップアップ リング
ケンコー φ67mm クローズアップ フィルター No.3

あとは、ニコンのベローズ PB-6 に ねじり込みます

■ 2919年4月30日 ■ AF Nikkor 35mmF2 on Nikon D80





3
b0069128_22111412.jpg

かっこええ でしょ

ニコンのベローズ PB-6 にねじ込んで ニコンD700 に 付けたところです

うひょ~、かっこ ええでしょ

さて、写りは どんなかなぁ

■ 2919年4月30日 ■ AF Nikkor 35mmF2 on Nikon D80





4
b0069128_22112142.jpg





おひさまっこ保育園

う~ん
前回の φ52mm と φ55mm の 2枚玉蛇腹望遠レンズよりも
色収差は少しマシなようですが、画面周辺は より大きくボケていますねぇ

でも 画面中央は まあまあシャープに写っているようです

焦点距離を、ニコンD80 に ズームニッコールを付けて測定すると 165mm でした
明るさは F2.8 です





5
b0069128_22114886.jpg

なにっ?

ミミちゃんが来ました

近すぎて ピントは合わないだろうと思いましたが 写っています





6
b0069128_22112677.jpg

寄れる

ミミちゃんを撮った そのままの蛇腹の位置で あやつりにんぎょう を 撮ってみました

おおっ、寄れるのです





7
b0069128_22113513.jpg




寄れる 寄れる

もう少し蛇腹を伸ばすと、ドキッ 寄れる 寄れる





8
b0069128_22114292.jpg



マクロと名付ける

うれしいことに、クローズアップフィルター を3枚重ねた この蛇腹レンズは
いくらでも寄れることが判りました

この写真で、蛇腹PB-6 を 最長までいっぱいに伸ばしています
もっと繰り出すことが出来れば もっと寄れると予想されます

このレンズを 165mmF2.8 蛇腹マクロ と 名付けることにしました





9
b0069128_22115433.jpg

クラシックカー

クラシックカーも なんのその

こうやって近寄って撮ると 色収差もあまり目立ちませんね ♬





10
b0069128_22115985.jpg

ミミちゃん の 眼

さっきは 近寄り過ぎて 変な写真になった
今度は どうだ

黒い顔の 黒い眼が写っています





11
b0069128_22120580.jpg

AF よりも

黒い顔なかの 黒い眼が、キャッチライトもないのに 写ってる
これは AF で 撮るよりええ写りでしょ





12
b0069128_22121604.jpg

マクロ ミミちゃん

白眼を見せたミミちゃんを マクロ風に撮ってみました





13
b0069128_22122102.jpg




蛇腹を最長にして

蛇腹を最長にして撮ると レンズから50cmぐらいです

解像力の悪いのを我慢すれば まさに 165mmマクロレンズです





14
b0069128_22122694.jpg

平成 最後の写真

夜景は ダメですねぇ
前回の、クローズアップフィルター 2枚での写真と あまり変わりません

これが 平成の時代に撮った 最後の写真になりました





15
b0069128_22123119.jpg

令和 1枚目

令和の1枚目は、朝から チュンチュン鳴く おかあちゃんスズメです

残念無念 ピンボケです
でも 胸の縦じわで わたしには おかあちゃんスズメだと判るのです





16
b0069128_22124047.jpg

165mm F2.8 蛇腹マクロ

これが、165mm F2.8 蛇腹マクロ を ニコンD700 に付けた全体像です

前回は 350mmだったので三脚を使いましたが
今回は 165mmですので すべて手持ちで撮っています

作った3枚玉レンズは 軽いけれど
D700 が 約1Kg、ベローズ PB-6 も 約1Kg で 手持ちでは重いです


今回の3枚玉の165mmを 前回の2枚玉の350mmと比較しますと
遠景では、色収差は少しマシだが 周辺の流れは大きくなり 解像感は同等程度でした
そして マクロ撮影まで寄れるので 撮影範囲はぐっと広がりました

■ 2919年5月1日 ■ AF Nikkor 35mmF2 on Nikon D80




*****************************************************
 ■ 2019年4月30日(平成最後の日) & 5月1日 (令和元年)撮影
 ■ 4~15枚目 165mmF2.8 Bellows-Macro on Nikon D700
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り F2.8

*****************************************************

何でも 自作したものは、愛着を持つものです

レンズならば、写るだけで とても嬉しいのです
それが マクロ風の写真が撮れるとなると、嬉しい・うれしい・ウレピー









-



by nakajimaakira1948 | 2019-05-02 05:44 | 165mmF2.8 蛇腹マクロ | Trackback | Comments(10)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31