<   2020年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2020年4月30日(木曜日)

COVID-19(新型コロナウィルス感染症)対策の 非常事態宣言が出て だいぶになります
みなさまは いかがお過ごしでしょうか

わたしは、ミミちゃんと遊んだり 古いカメラやレンズの手入れをしております


昨年、自分へのクリスマスプレゼントとして買った 2008年製の ニコンD90 に
これまた古い 2005年製の シグマ 10-20mm を 付けて ミミちゃんを撮ってみました






SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08034704.jpg

SIGMA 10-20mm F4-5.6 DC HSM on Nikon D90

シグマ 10-20mm を D90に付けると レンズが巨大過ぎるように見えます

2005年の9月、このレンズが発売されて直ぐに買ったのですが
この当時は ニコンD70 を使っており、やはりデカいレンズだと思ったものです

この シグマ 10-20mmは、485gもあり重たいのですが
最短撮影距離が 24cmと短く 使い勝手は抜群で、AFですので ノーファインダーでも撮れます

買った当時は、通勤カバンに無理やり突っ込んで会社に持って行き
会社帰りに 良くコスモスクェアや 中之島などを撮ったものでした
一例として「土曜日なのに」を アップしておきます


それでは この組み合わせで撮った ミミちゃんの写真に行ってみましょう
ミミちゃんの写真は すべてノーファインダーで絞りは開放で撮りました

■ 2020年4月30日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700






SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08035298.jpg

まったり

ミミちゃんが まったりしています





3
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08035641.jpg

おいっ

わたし   「おいっ、こっち向けよ」
ミミちゃん 「うんっ?」





4
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08040250.jpg

こうかい?

ミミちゃん 「こうかい?」
わたし   「ぜんぜん変わらんよ」





5
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08040941.jpg

見上げる

なにか見上げています





6
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08041524.jpg

うんっ?

近づいてみました

ミミちゃん 「うんっ?」

なにか 匂うようです





7
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08042008.jpg

クンクン

タイルの隙間を匂っております

ミミちゃん 「クンクン」
わたし   「ええ匂いするかぁ」





8
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08042475.jpg

夜になりました

夜になりました、7時前ですが まだ明るさが残っております





9
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08042858.jpg

次の日

次の日です

ミミちゃんの眼が ギョッとするぐらいシャープに写っています

ノーファインダーは 面白いです





10
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08074669.jpg

ギョエエ~

わたし   「なにを びっくりしてるのん?」
ミミちゃん 「こんな顔やねん」





11
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08092197.jpg

ジャスピン

これも ジャストピントです

ミミちゃんの右眼に タイルが写り込んで 変な感じです





12
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08092688.jpg

窓辺

トイレの窓辺の 花と芳香剤です

「カメラをぶら下げてトイレに行った」のでは ありません

一度トイレを出て、カメラを持って もう一度撮りに行ったのです
どうでも良い話しですけど





13
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08093057.jpg



置物ミミちゃん

新聞を取りに出たところです

首からカメラを提げて 新聞を取りに出たのです
これも どうでも良い話しですねぇ





14
SIGMA 10-20mm で ミミちゃん を_b0069128_08093412.jpg



本物ミミちゃん

手前の程よくボケたものは ミミちゃんのおもちゃです

ぜんぜん おもちゃでは遊びませんけど


***********************************************
 ■ 2020年4月27日~30日 撮る
 ■ SIGMA 10-20mm F4-5.6 DC HSM on Nikon D90
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放

***********************************************

2005年9月23日のブログを張り付けておきます
「SIGMA 10-20mm DC HSM」です

よっぽど シグマ10-20mmがうれしかったんですねぇ









-

by nakajimaakira1948 | 2020-04-30 10:32 | 10-20mm AF SIGMA | Trackback | Comments(2)
2020年4月24日(金曜日)

家から一歩も出ずに うじうじと生きています
うじうじ生きるには 昔のレンズで遊ぶのがええです

1975年 タクマーの名前が消えて ペンタックスレンズになったときの 最初のレンズ
SMC ペンタックス 50mm F1.4 です




1
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14384138.jpg

SMC Pentax 50mm F1.4 on Asahi Pentax K2

1975年の6月、旭光学はプラクティカ(=M42)マウントの一眼レフを止めて
バヨネットの Kマウントの アサヒペンタックス Kシリーズ を 発売しました

一気に 3機種のKマウント一眼レフを出したのですが
この K2は 電子制御の縦走り金億幕シャッター セイコーMF搭載で Kシリーズの最高級一眼レフでした
コパルスクエアーに似た セイコーMF シャッターは ジジジジジというスローガバナーの音が無く
シャッター速度を 8秒などに設定しますと 静寂が続いたのちに 突如ガシーンとシャッターが切れます
この感じ ニコンの ニコマート EL に 良く似た感触ですね

名前の K2は、旭光学のアサヒペンタックスの最高級一眼レフ であった
1958年の ペンタックス K の 2代目とのことで付けられた機種名でした
でも外観は ちょっと冴えないでしょうかねぇ

一方、レンズの SMC Pentax 50mm F1.4 は SMC タクマー 50mm F1.4(6群7枚)そのままで
大柄な ペンタックスK2 に 似合うように、フィルター径を φ49mm から φ52mm に大きくし
マウントを M42プラクティカから Kマウントに変えただけのようです





2
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14384593.jpg

Asahi Pentax SV with Auto Takumar 55mm F1.8

1975年製の K2と この1962年製の アサヒペンタックス SV の外観を比べますと
わたしは クラシカルな SV の 雰囲気がより好きです

カメラ前面に ビス止めされたエプロンが クラシックな感じを醸し出していて ええです


ゴタクはここまでで
ソニー α7 II に付けた SMCペンタックス 50mm F1.4 の 絞り開放写真に行きます





3
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14385044.jpg

ゴミだらけ ミミちゃん

ミミちゃん 「おとぉちゃん、遊んでよぉ」
わたし   「あんた 何してたん? 顔じゅうゴミだらけやないの」

ミミちゃんの眼が きれいに撮れました
SMCペンタックス 50mmF1.4 も 良いレンズです





4
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14385419.jpg

置物ミミちゃん

「家から一歩も出ていない」と言ったのにぃ

いえっ、新聞を取りに外へ出ただけです
寒かったです





5
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14385913.jpg

歪曲収差テスト

標準レンズの 50mm が 曲がって写るわけがありませんね





6
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14390596.jpg

SV と New SR-7

1960年代の ホープたちです

アサヒペンタックス SV と ミノルタ New SR-7 です





7
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14391086.jpg



おひさまっこ保育園

絞り開放で遠景を撮ると ちょっとボケ過ぎる感じです





8
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14391423.jpg

minolta SR-7 最初期型

New SR-7 になる前の SR-7には 最初期型と 初期型があります

その違いは何でしょう
この最初期型には、バッテリー(水銀電池 MR-9型など)の ON / OFF スイッチが無いのです

なかなか 恰好ええでしょ





9
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14391889.jpg



あやつりにんぎょう

SMC Pentax 50mmF1.4 の 最短撮影距離 45cm です

あんた 絞り開放では遠くのものはアカンけど 近くのものは ええボケ味やねぇ





10
SMC ペンタックス 50mm F1.4 で 遊びましょ_b0069128_14392351.jpg

アルコールランタン

米国デイツ社製の アルコールランタンです

1840年から ほとんど変わらない形で 造り続けられています




***********************************************
 ■ 2020年4月23日 & 24日 撮る
 ■ 1 & 2枚目 AF Micro 60mm F2.8D on Nikon D700
 ■ 3~10枚目 SMC Pentax 50mm F1.4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F1.4

***********************************************

SMC ペンタックス 50mm F1.4 は、SMC 琢磨 55mm F1.8 と比べますと
絞り開放では 解像力などは 大分 55mmF1.8 に 負けてますねぇ

でも 近距離でのボケ味は 50mm F1.4 のほうがええでしょうか









-


by nakajimaakira1948 | 2020-04-24 16:27 | 50mmF1.4 SMC Pentax | Trackback | Comments(2)
2020年4月19日(日曜日)

囲碁対局を見たあと、何もすることがないので ペトリフレックス 7 の 再修理に挑戦しました

が ・・・





1
壊れた ペトリフレックス 7 と ペトリ V6_b0069128_15475783.jpg

Petriflex 7 & Petri V6

壊れている ペトリフレックス 7 と 健全な ペトリ V6 です

1964年製の ペトリフレックス 7 は、一見して ツァイスイコンの コンタレックス ブルズアイ そっくりで
デザインをパクったのが 一目瞭然ですねぇ

ペトリフレックス 7 は、露出計内蔵で シャッタースピード B、1秒~1/1000秒を持つ
ペトリの一眼レフの最高級機種で いま手に入れようとすると かなりの高額が必要なようです

この ペトリフレックス 7 は 2015年に壊れてしまって 今年で5年になります
病状は、巻き上げレバーが回らず ミラーが上部に上がりっぱなしという状態です



一方の 1965年製の ペトリ V6 は、冬場でこそ 1/30秒以下のシャッタースピードで時々ミラーが戻らなくなり
次の巻き上げでミラーが降下してくるという癖がありますが
夏場は 1/2秒~1/500秒まで ミラーもちゃんと戻る 完動品です

これは、普通の一眼レフでは ボールベアリングを使う所を 潤滑油で済ましているためと読んだことがあり
ペトリ V6 の 持病みたいなものらしいです
とにかく、発売当時は 本体と55mmF1.8レンズに 革ケースが付いて 2万3千800円の超安値だったのです


壊れたのが ペトリフレックス 7 でなく ペトリ V6 だったら良かったのにと想像するのは
貧乏人の考えることですねぇ





2
壊れた ペトリフレックス 7 と ペトリ V6_b0069128_16193555.jpg



1本シャフト

底ぶたを開けてみます

一番手前のギアーは 巻き上げレバーに直結しています
巻き上げレバーの垂直の回転が ベベルギアーで水平回転になり この1本のシャフトに伝わり回転させます


シャッターボタンを押すと、シャフトがバネで元に戻るのですが
ミラーの跳ね上げ・自動絞りの起動・シャッター膜の作動・フィルムカウンターの前進などを
このシャフト1本で 一気に行うのです

これは 世界中でペトリだけの特殊な構造です



巻き上げレバーが回らないというのは、
普通の一眼レフでは 巻き上げレバー直結のギアーと その次のギアーあたりの噛み合いが悪い場合が多く
細い木製の棒などで ギアーの噛み合わせをずらしてやると治ることが多いです
わたしは この方法で アサヒペンタックスSP や ヤシカFT の 巻き上げ不良を治しました


でも ペトリは手ごわいです
治りません
じつは 今までに数回同じ方法で挑戦してみたことがあるのです

今回は 完動品のペトリV6のシャフトの動きを参照して挑戦したのですがダメでした
2時間ほどで諦めました
これ以上は、軍艦部のカバーを外して 内部機構をバラさなければなりません
自慢じゃありませんが、わたしは軍艦カバーを外して行った修理は 100%全部失敗だったです





3
壊れた ペトリフレックス 7 と ペトリ V6_b0069128_15482367.jpg

Industar 50-2 50mmF3,5 on Petoriflex 7

また ペトリフレックス 7 を 不調カメラ保管棚に戻すまえに
ペトリ純正の M42⇒ペトリ の マウントアダプターを使って ロシア製インダスタール50-2 50mmF3.5 を
ペトリフレックス 7 に付けてみました

小さな インダスタール50mmF3.5 が ペトリフレックス 7 に 良く似合っております

同じスピゴット式マウントですが、キヤノンはスピゴットの筒部が レンズ鏡胴側に付いていますが
ペトリは ボディ本体にスピゴットの筒部が付いているため 細身のレンズしか取り付けられないのです(涙)


この写真を撮ったあと、哀れなペトリフレックス 7 は ポリ袋に入れられて 不調カメラ保管棚へ戻って行きました





4
壊れた ペトリフレックス 7 と ペトリ V6_b0069128_15482817.jpg

Petri V6 with Petri CC Auto 55mm F2

ペトリ V6 前期型 ペトリ CC Auto 55mm F2 付きです

ペンタプリズムのカバーが 思い切り前方に付き出していて 相当な「おでこ」です
でも かっこええです

ペトリは ペンタプリズムのカバーに 革を貼ったりして型番を変えていましたが
ペトリ V6 のまえの V2 や V3 と ペトリV6 は 全く同じカメラでした

標準レンズも 4群6枚の ペトリ CC Auto 55mm F1.8 が 元のレンズで
この 55mm F2 レンズは 55mmF1.8 に 明るさを制限するリングを入れたものでした

前の機種を買ったお客さんが「なんで同じレンズなのに安く売るのか」と 怒らないように
コストをかけて暗いレンズを造っていたわけです



そんなペトリ(栗林写真機械製作所)も 1977年に倒産してしまいました
ペトリに幸あれ



******************************************************
■ 2020年4月19日 撮る
■ 1, 3 & 4枚目 AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700
■ 2枚目     1-Nikkor 18mm F1.8 on Nikon 1 V1

******************************************************

ボディ前面に付いたシャッターボタンを押すと
ガチャンという大きな音とともに フィルムカウンターが1コマ分進みます

ううむ、こんな一眼レフは ペトリだけです


完動品のペトリ一眼レフをお持ちの皆様へ

ペトリの一眼レフは 寒さに弱いのです
もし ミラーが上がりっぱなしなったり シャッターが途中で止まっても
あわてずに あなたのヘアードライアーで 優しく暖めてあげましょう

きっと あなたのペトリ一眼レフは 息を吹き返らせることでしょう

ペトリに幸あれ!









-

by nakajimaakira1948 | 2020-04-19 20:18 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(10)
2020年4月15日(水曜日)

昼ご飯を食べて ベッドでまどろんでいると
いつも ミミちゃんが上がって来て 顔をペロペロ舐めます

一度 それを撮ってやろうと思っていたのですが
普通のマクロレンズでは ブレてしまうので これを使ってみました





1
Canon Power Shot G7 で ミミちゃん を_b0069128_17013066.jpg

2007年の キヤノン Power Shot G7 です

レンズは Canon Zoom Lens 7.4-44.4mm F2.8-4.8 ちゅうのが付いています
撮像素子のフォーマットは 忘れてしまいましたが ライカ判換算 35-210mm です

このデジタルカメラの特徴は 特にはありませんが、Av・Tv・P・Manual が 選択できて
マクロへの切り替えが ワンタッチで出来ることぐらいです

弱点は、シャッターのタイムラグが大きくて 決定的瞬間を撮るのに向いていないことです
タイムラグの少ない 一眼レフでも、決定的瞬間は 撮ったことはありませんけど


それでは、ベッドに寝転んで撮った ミミちゃんのマクロ写真に行きます

■ 2020年4月15日 ■ AF Micro 60mm F2.8D on Nikon D700





2
Canon Power Shot G7 で ミミちゃん を_b0069128_16480736.jpg

あかん

あかん、ブレ補正は付いているけど
近くで動くと、相対速度は 遠くのジェット機よりも速いので ブレてしまいました

いやっ、よく見ると どこにもピントがありませんねぇ





3
Canon Power Shot G7 で ミミちゃん を_b0069128_16481181.jpg

手が写ってる

これも あかん

だいぶ 2枚目よりもマシになったけど 動かないように押さえた手が写ってしまいました





4
Canon Power Shot G7 で ミミちゃん を_b0069128_16481979.jpg

構図が悪い

これも ダメです

構図が悪いし ピントが右側の耳の毛に合っています





5
Canon Power Shot G7 で ミミちゃん を_b0069128_17013368.jpg

なんとか 見られる

ふぅ~、なんとか 見られる写真が撮れました

しかし 眼のピントは ジャスピンではありませんね

もう やめます





6
Canon Power Shot G7 で ミミちゃん を_b0069128_16551855.jpg



ニコンに ヘキサノンを

ミミちゃんのマクロ写真は ストロボを使っていませんが
ストロボを焚けば ホレこの通り シャープに写ります

この写真、ニコンD700 に 小西六の ヘキサノンAR 135mmF3.2 を 付けたところです

■ 2016年8月18日に撮りました



**********************************************************
 ■ 2020年4月14日 & 15日 撮る
 ■ Canon Zoom Lens 7.4-44.4mm F2.8-4.8 on Canon Power Shot G7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞りF5.6  

**********************************************************

あとで exif データーを見たら、シャッター速度が 1/2秒~1/5秒になっていました
やっぱり 手ブレはなくても 被写体ブレが あかん原因でしょうね









-

by nakajimaakira1948 | 2020-04-15 16:34 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(4)
2020年4月10日(金曜日)

新型コロナウィルスの蔓延で 大阪も非常事態宣言が出ました

でも 外へ出るなと言われると、根性が曲がっているのか 出たくなります

そんなことで、ひさしぶりの スピラトーン18mmF3.5 を付けた α7 II を
首からぶら下げて 散歩に出かけました

いままでの スピラトーン18mmF3.5でのエントリーは
カテゴリー 18mmF3.5 Spiratone で ご覧になれます





1
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_08593423.jpg

Spiratone 18mm F3.5 on Nikon F Photomic

1972年の 日本んのシグマが 米国スピラトーン社にOEMで製造した
スピラトーン 18mm F3.5 です

恰好は良いのですが、なかなか使うのは難しいレンズなのです


■ 2020年4月10日 ■ AF Micro 60mmF2.8D on Nikon D700





2
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_08593908.jpg



Spiratone 18mm F3.5 on Sony α7 II

この スピラトーン18mmF3.5 は 9年ほどまえに eBay で 落としたものです
マウントは ニコンの 非Ai マウントです

前のオーナーは レンズキャップに付いたシグマのマークの「Σ」を
時計回りに90度回転して「M」だと思って Minolta SR マウントだと紹介しておりました

ミノルタのカメラには付けることが出来ず どうしようもなくてオークションに出したみたいで
1972年製なのに 今でも新品のような美しいレンズです

レンズに書かれた「YS」の記号は、シグマの創業社長の山木さん発案のレンズ交換マウントから
「山木システム」と呼ばれて YS となったものです


それでは スピラトーン18mmF3.5を F8まで絞って撮った写真に行きましょう
いつも古いレンズは絞り開放で撮るのに 今回は絞っているのには訳があり
絞り開放では ビネッティング(周辺光量の不足)と 解像力不足が目立つためです

■ 2020年4月10日 ■ AF Micro 60mmF2.8D on Nikon D700





3
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_08594573.jpg

新装すべり台

新装なった、家の向かいの公園の すべり台です

小さな公園が ええ色で広々と写っています

F8 などと 絞って使ったため 画面左上部の空に ゴミが写っていますねぇ





4
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_08595035.jpg

さくら

2020年にも、1枚くらい さくらを撮っておきましょう

お昼過ぎだというのに、ガキンチョも おかぁさんも 誰もいません





5
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_08595652.jpg



T Stop

近所の坂道の Tストップです

画面中央に 立派なゴーストが出現





6
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09000329.jpg

さかなとり

さかなとり です

左側が「青いこみち」と 名付けられた小道です
青いこみち の下は カルバート(暗渠=あんきょ)になっていて 川が流れています

【注】トンネルというのは 人や車が通るもので
   水などが通る地下の穴は カルバートと呼ばれます





7
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09000698.jpg

ベンチ

近くの老人ホームの 円形ベンチです

いつもは おじぃさんやおばぁさんが座ってるのですが 誰もいません





8
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09001050.jpg



ゴースト

太陽を入れて撮ってみました

ゴーストタウンになりました
きれいです





9
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09001509.jpg

旭ヶ丘郵便局

郵便局は いつも通り営業しています





10
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09002467.jpg

旭ヶ丘団地を散歩

誰もいません
車も通っていません





11
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09002928.jpg

チューリップ

チューリップが咲いています





12
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09003718.jpg

発掘現場

実は 古代の邪馬台国は旭ヶ丘にあったのです
     ・
     ・
     ・
     ・

うそピョーン
発掘現場風の花壇でした





13
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09004224.jpg

Welcome わんこ

誰もいないので じっくりピントを合わせて撮りました

おお~、綺麗に撮れましたよ





14
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09004891.jpg

強烈

強烈な表情の車です
ゴーストも強烈に出ていますねぇ

今の車、前から見ると みんな強烈な爬虫類系の顔になってしまいました
わたしは 爬虫類は大嫌いです





15
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09005272.jpg

ボール通り

始めて 人間に出会いましたよ
マスクをしているけど





16
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09005662.jpg

バイク屋さん

お客さん いないです





17
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09011085.jpg



FIT

家に着きました

フィット、女房の車ですが こいつも爬虫類系の顔をしているので
お尻りを撮って 判らないようにしました





18
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09011668.jpg

置物ミミちゃん

邪魔なプランターを どけてもらって
うれしそうな 置物ミミちゃんです

置物ミミちゃん「お帰りぃ」
わたし    「あんた、元気そうでええねぇ」





19
スピラトーン 18mm F3.5 で 散歩_b0069128_09012118.jpg



あやつりにんぎょう

ピントは 奥のおねぃちゃんの眼です


おしまい



************************************
 ■ 2020年4月9日 & 10日 撮る
 ■ Spiratone 18mm F3.5 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り F8

************************************

スピラトーン 18mmF3.5 よ

あんた、絞ると なかなか良い写りをするのねぇ
ゴーストも綺麗やしぃ









-


by nakajimaakira1948 | 2020-04-10 11:35 | 18mmF3.5 Spiratone | Trackback | Comments(4)
2020年4月5日(日曜日)

小西六の一眼レフのレンズには、同じ ヘキサノンの名称で Fマウントと 後の ARマウントがあります

1965年の コニカ オートレックスから ARマウントになったのですが
始めのうちは 鏡胴には KONICA HEXANON とだけ書かれており ARの表記はなかったのです

そんな「AR表記なし」の ARレンズのなかから ヘキサノン 35mmF2.8 を 使ってみました




1
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10135942.jpg

Hexanon 35mm F2.8 on Konica Autorex in 1965

これが ARの表記のない ヘキサノン 35mmF2.8 です

前玉が大きくて「絶対にシャープに写る」という面構えをしておりますね
実際に、1965年に造られた35mmレンズとしては とてもシャープに写ります





2
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10140423.jpg

大柄な体格

オートレックスに付けて横から見ると ヘキサノン35mmF2.8が 大柄なレンズであることが判ります

最近の AFニッコール 35mmF2 と比べると F2.8のヘキサノンのほうが暗いのに だいぶ大きいのです


仕様

概要:     1965年 小西六製 ARマウント 広角レンズ
焦点距離:   35mm
明るさ:    F2.8
レンズ構成:  5群6枚
最短撮影距離: 30cm
絞り:     F2.8~F16 羽根6枚
コーティング: アンバー系(だいだい色)主体、薄紫色1面の 単層膜コーティング
フィルター径: φ 55mm
重量:     実測 243g


それでは、ヘキサノン 35mmF2.8 を ソニー α7 II に付けて撮った
絞り開放写真に行ってみましょう





3
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10140737.jpg

行ってくるよ

プランターを置かれて 郵便箱の端に追いやられた 置物ミミちゃんです

わたし     「行ってくるよ」
置物ミミちゃん 「ワン、気を付けてね」

ピントは 彼女の右眼です





4
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10141262.jpg



さかなとり

いつも撮る「さかなとり」ですが
絞り開放から コントラストが強いです

もっと近づいて撮らないと 背景がはっきり写り過ぎていると思います





5
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10141648.jpg



もくれん かなぁ

「さかなとり」を撮っていて モクレン(と 思いますが)が咲いているのに気付きました

青いこみち は、この花でいっぱいでした





6
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10142037.jpg

SAZGAR

また SAZGARが留まっておりました
う~む、かっこええ

パキスタン製らしいですね





7
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10142374.jpg

うしろすがた

後ろ姿も かっこええですねぇ





8
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10142999.jpg

自転車たち

坂道に オシャレな自転車たちが 止めてありました

なかなか ええ感じでした





9
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10143334.jpg

あたしの自転車

あたしのは 水色とピンクの自転車、横にあるのは おかぁさんの電動自転車
ちっちゃな弟を乗せるので ホロが付いたカゴを付けてあるのよ

と、ちいさな女の子が説明してくれている そんな気になる 微笑ましい2台の自転車です





10
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10143880.jpg

うしろから

フレアーが一番出やすい 斜め逆光ですが
ヘキサノン 35mmは なんのその





11
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_10144341.jpg



あやつりにんぎょう

まだまだ近づいて撮れるので
もっと近づいて 女の子だけを狙ってピントを合わせて カメラを振らずに撮るべきでした

女の子の眼にピントを合わせたあと 構図を調整するために 少しカメラを振ったので
コサイン誤差丸出しの写真になってしまいました






おまけ
ヘキサノン 35mm F2.8 で 近所を撮りました_b0069128_16491210.jpg



おまけ

11枚目で書いたことをやってみました

露出補正しなかったので 露出不足になっていますが
女の子の眼に ピントは来ていますでしょ

構図は あかんけど




******************************************************
 ■ 2020年4月4日 & 5日 撮る
 ■ 1 & 2枚目 AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700
 ■ 3~11枚目 Hexanon 35mm F2.8 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2.8

******************************************************

ヘキサノン 35mm F2.8 さん

あなた、1965年生まれとは とても思えない写りをするんですねぇ
惚れなおしましたぁ


本物ミミちゃん

あんたは 狂犬病の注射をしたんだから おとなしく寝ていなさい









-


by nakajimaakira1948 | 2020-04-05 12:00 | 35mmF2.8 Hexanon AR | Trackback | Comments(6)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30