<   2020年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2020年6月29日(月曜日)

1970年製の マイクロニッコール-P Auto 55mm F3.5 で 遊んでいます





マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10532146.jpg

Micro-Nikkor-P Auto 55mm F3.5 on Sony α7 II

マイクロニッコール-P Auto 55mm F3.5 を ソニー α7 II に 付けています

フォーカスリングを近距離側に回すと 銀色の被写界深度目盛りのリング部が伸びて 写真のようになります


仕様

概要:     1970年 日本光学製 ニコンF用 マイクロレンズ
焦点距離:   55mm
明るさ:    F3.5~F32
レンズ構成:  4群5枚(クセノタール型)
絞り羽根:   6枚
レンズタイプ: 自動絞り 非Ai型
コーティング: シアン系(薄青色)とマゼンタ系(薄赤色)の 単層膜コーティング
最短撮影距離: 24.1cm
最大撮影倍率: 1/2倍
フィルター径: φ52mm
重量:     実測 237g


それでは 50年むかしのマイクロレンズ、マイクロニッコール-P Auto 55mm F3.5 を ソニー α7 II に 付けた
絞り開放写真に行ってみます

■ 2020年6月29日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700





2
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10532751.jpg

歪曲収差テスト

撮影距離が数十cmのときに 最良画像が得られるように設計したマイクロレンズ
さすがに中距離でも 全く歪曲収差は認められません





3
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10533137.jpg



おひさまっこ保育園

マルチコーティングではない 単層膜コーティングのレンズとしては
見たままの色を映し出しております





4
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10533686.jpg

瞳の中

ミミちゃんの 右の瞳の中に映るものまで解像しています
解像力が良すぎるレンズでは 注意しなくてはなりませんね





5
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10534190.jpg

ゲリラ豪雨

数分間のゲリラ豪雨が いま止みました

網戸に付いた雨滴と ぼやけた景色を撮ってみました
ボケ過ぎないように この写真は F5.6まで絞ってみました

愛と勇気さんんのコメント通り、網戸に全く歪曲収差が認められませんねぇ





6
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10534610.jpg



耳の毛

ミミちゃんの身体の毛は、自然に抜けて行くので 散髪代は助かるのですが
耳の周り毛や シッポの毛は抜けてくれません

耳の周りの毛を はさみで切ったところです
べっぴんさんになったでしょ





7
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10535280.jpg

アサヒフレックス と ベローズ琢磨

1955年製の アサヒフレックス IIA の 低速シャッターを確認しています
むかしのフォーカルプレーンシャッターは 低速ガバナーから調子が悪くなることが多いからです

幸い 最低速の 1/2秒から 最高速の1/500秒まで完動でした ♬

右のレンズは 1964年のベローズタクマー100mmF4 です
ヘリコイドが無いので グリースの蒸発によるレンズの曇りなどは起こらないと
うれしい事が 八百富の記事に書いてありました ♪♪♪





8
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10535641.jpg

黒嘉嘉 七段

日曜日のNHK囲碁講座です

この美人は 台湾の名花「黒 嘉嘉(こく かか = Fley Jiajia)」 七段です





9
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10540008.jpg

横顔

横顔も 非常に美しいひとです





10
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10543158.jpg

Graphic 35

これは 調子が悪くなったカメラ達を置いている棚です

この グラフィック35 は、自慢の上下像合致式距離計が調子悪いのです
レンズは あのローデンシュトック製の Graflar 50mmF3.5 が付いています

カバさんは どこも調子悪くないのですが、デカ過ぎて場所をとるのでここに置かれてます





11
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10543900.jpg

地球儀 と 海賊船

調子の悪くなったカメラ達の棚は 息子の部屋にあります

息子が買ってくれた地球儀、息子が幼いときに作った レゴの海賊船です





12
マイクロニッコール-P Auto 55mmF3.5 で 遊びましょ_b0069128_10543637.jpg



すずめのペン立て

昭和29年11月1日
大阪市立 曽根崎小学校
創立80周年記念

と 記されています

昭和29年(1954年)は わたしが6歳の年で 6歳と言えばまだ幼稚園のはず
1年 年が合わないと悩みました

この「すずめのペン立て」は、むかし家に二つありました
なぜ二つ?

思い出しました
一つは 曽根崎小学校の3年生だった兄が貰ったもの
もう一つは 造り過ぎたのか 曽根崎幼稚園の園児だったわたしが貰ったものでした




*********************************************
 ■ 2020年6月23日~29日 撮影
 ■ Micro-Nikkor-P Auto 55mm F3.5 on SONY α7II
 ■ 絞り優先AE、特記のないかぎり 絞り開放 F3.5

*********************************************









-

by nakajimaakira1948 | 2020-06-29 15:12 | 55mmF3.5 非Ai Micro | Trackback | Comments(2)

しんみり

2020年6月22日(月曜日)


しんみりした写真から始まります





しんみり_b0069128_14011883.jpg

コムギ

生年月日: 2000年8月10日
没年月日: 2015年5月15日0時2分
誕生地:  宮崎県
趣味:   散歩
好物:   チーズ・とりのささ身

葬式と納骨は 兵庫県宝塚市の動物霊園で
遺骨は宝塚山脈に埋まり、一部は 銀製の壺に入れて持ち帰っています

腎臓が悪くなり、週3回の点滴注射は さぞ痛かったでしょう
それでも コムギは泣かずに じっと我慢しておりました

最期の日、立ち上がれなくなるまでは 自分でおしっこに行っていたねぇ

今は、PCの壁紙となり 毎日わたしを見つめてくれております

■ 2020年6月21日 ■ Samyang Fish-Eye 7.5mm F3.5 on Lumix G3





2
しんみり_b0069128_14011373.jpg

魚眼 ミミちゃん

2012年9月15日、熊本県生まれのミミちゃん

家に来てしばらくは、「おっぱい おくれ」と コムギの後を付いて歩きました
この頃のことは「950g」を ご覧くださいね


■ 2020年6月20日 ■ Samyang Fish-Eye 7.5mm F3.5 on Lumix G3





3
しんみり_b0069128_14012218.jpg

Samyang Fish-Eye 7.5mm F3.5

1枚目と2枚目の写真は 韓国サムヤン製魚眼 7.5mm F3.5 で撮りました

2枚目の「魚眼ミミちゃん」は、フォーカスリングを 15cmに合わせておいて
ミミちゃんの前に突き出して撮りました

この魚眼レンズは マニュアルフォーカスですので
近くを素早く撮るのは けっこう難しいのです

■ 2020年6月22日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700






しんみり_b0069128_14014691.jpg



SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC

コニカミノルタが写真機の業界からの撤退を表明して
旧ミノルタのレンズ設計者が ゴソッとシグマに入ったという噂を聞いていました

その旧ミノルタのレンズ設計陣が開発したのが
この シグマ 55-200mm F4-5.6 DC と聞いて さぞ良いレンズであろうと
発売直後の 2005年の3月に購入しました

非常にシャープで、歪曲収差も焦点距離200mmのときの4隅がわずかに糸巻き型の収差があるだけでした

わたしは 一眼レフはニコン党でしたので 買ったばかりの D70に付けて良く使いました


ただ AFが素早く合掌する際に フォーカスリングが同時に回転するのです
これはどうしても慣れることができず いつしか使わなくなってしまいました


仕様

概要:     2004年暮れ シグマ製 APS-C 一眼レフ用望遠ズーム交換レンズ
焦点距離:   55-200mm(35mmフルサイズ換算 82.5-300mm)
明るさ:    F4(55mm時)F5.6(200mm時)
レンズ構成:  9群12枚
最短撮影距離: 1.1m
フィルター径: φ55mm
コーティング: マルチコーテッド
重量:     310g
購入時価格:  21,600円(バヨネットフード付き)


それでは シグマ 55-200mm F4-5.6 DC を
ニコンD90に付けた AFによる絞り開放写真に行ってみましょう


■ 2020年6月19日 ■ Ai AF Nikkor 35mm F2 on Nikon D90





5
しんみり_b0069128_14012594.jpg

4台

4台のカメラが ほこりをかぶっています

左から、ニコン1 V1、アサヒペンタックス SV、ミノルタ SRT Super
ミノルタ New SR7 です

焦点距離55mm付近で スピードライトを焚いています

奥まで おだやかにボケて 良い写りだと思います

■ 2020年6月19日 ■ SIGMA 55-200mm on Nikon D90





6
しんみり_b0069128_14012967.jpg

天竺川

うさぎ川と合流する直前の天竺川です

焦点距離 62mm で




7
しんみり_b0069128_14013291.jpg



HONDA

焦点距離 55mm で 撮りました

AFレンズで撮りますと どこにピントを合わせたのかを
忘れてしまいます





8
しんみり_b0069128_14013529.jpg

べっぴんさん

べっぴんさんを撮るときには
フォーカスリングをぐりぐり回す必要がなく
素早く撮れるので 通行人からジロジロ見られることもなくええですねぇ

焦点距離 200mm で





9
しんみり_b0069128_14013854.jpg

おひさまっこ保育園

焦点距離 72mm で

この辺りの焦点距離では 歪曲収差はまったく感じませんねぇ





10
しんみり_b0069128_14014102.jpg

夕焼け小焼け

焦点距離 180mm です

画面中央部の白っぽく写っている部分は
実際には 少し青空がのぞいておりました

マイナス2/3段の露出補正をかけているのですが 青空は全く写っていません
時間があったのですから 露出ブラケットを使ったら良かったのですね

■ 2020年6月21日 ■ SIGMA 55-200mm on Nikon D90




**************************************

 ひさしぶりに コムギのことを書きました
 うるうる

 ひさしぶりに AFズームレンズを使いました
 やっぱり むかしのMFレンズの方がええなぁ

**************************************









-




by nakajimaakira1948 | 2020-06-22 16:46 | 7.5mmF3.5 Samyang | Trackback | Comments(4)
2020年6月17日(水曜日)

焦点距離 200mmの 単焦点レンズが大好きです

200mmで撮ると、余計なもを入れずに 被写体だけに集中できるように感じます

単焦点の200mmレンズは、ニッコール、ヘキサノン、ロッコール、キヤノン、
ペンタックス、トプコール それと コムラー などを持っていますが
写りが一番シャープなのは むかしの ニッコール Q Auto 200mm F4 だと思います




1
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08421598.jpg



Nikkor-Q.C Auto 200mm F4 on Sony α7 II

ニッコール Q.C Auto 200mm F4 を α7 II に付けています

フォーカスリング部が 少し太くなっており抜群の操作性と シャープネスを誇ります

この組み合わせの 絞り開放写真に行ってみます

■ 2020年6月17日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700





2
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08422198.jpg

遠景

北日です
遠景も シャープです





3
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08422538.jpg

夜景

ニッコール Q Auto 200mm は 単層膜コーティングでも 綺麗に夜景が撮れたのに
この Q.C Auto では マルチコーテッドになり 更に良くなった感じです





4
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08422819.jpg


置物ミミちゃん

余計なものが入らず 置物ミミちゃんだけでしょ

構図が悪いのは、置物ミミちゃんの眼を画面中央に置いて 少しでもコサイン誤差を小さくするためです





5
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08423282.jpg



さかなとり

ピントが いもうとの靴のあたりに行ってます
ブロンズ像にピタリとピントを合わすのは 本当に難しいです





6
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08423689.jpg

赤錆

赤錆のランタンです

ええ感じに撮れました





7
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08424056.jpg

飛び込んできた

ファインダー像拡大機能を使って SUZGAR に ピントを合わせて
さあ シャッターという瞬間 この女の子が飛び込んできました





8
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08424489.jpg

SAZGAR

パキスタン製の三輪車 SAZGAR です

インドやパキスタンでは 三輪車のことを「リキシャ」と呼びますが
これは 日本語の「人力車(じんりきしゃ)」から来ています





9
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08424823.jpg

働く

旧環状線の向こう側で おにいさんが働いています

自動販売機のジュースを補充しているのです
暑いのに ご苦労様





10
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08425127.jpg

カブ号

わたしが乗っていた 50ccのカブ号とは変わっていますが 面影は残っています





11
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08425519.jpg



秘密の通路

この 秘密の通路を通ると
わたしの家から DIYのコーナンまで 約 1分で行けるのです

ええでしょ





12
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08425912.jpg

Twilight

赤くはないけれど 最近には珍しい豊中の夕焼けでした

露出補正 マイナス1EV で





13
Nikkor-Q C Auto 200mm F4 で ちょっと散歩_b0069128_08430220.jpg

200mm は 嫌がらない

今朝 撮りました

標準レンズを付けて近寄ると、だいたい嫌がって 眼をそむけるミミちゃんですが
200mmで離れて構えますと じっとレンズを見てくれるときがあります




*****************************************************
 ■ 2020年6月15日~17日 撮影
 ■ 2 ~ 13枚目 Nikkor-Q.C Auto 200mm F4 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F4

*****************************************************












by nakajimaakira1948 | 2020-06-17 10:13 | 200mmF4 Nikkor Q.C | Trackback | Comments(4)
2020年6月12日8(金曜日)

1949年に発売された ズマロン 35mm F3.5 で 遊んでみました




1
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09363948.jpg

Summaron 35mm F3.5 on minolta 35 II

ズマロン 35mm F3.5 を 1953年のミノルタ 35 Model II に付けています
ズマロン 35mm F3.5 は 小型なので どのカメラに付けても良く似合いますねぇ


ズマロンの仕様を書いてみましょう


仕様

概要:     1949年 エルンスト・ライツ社製 ライカ用広角交換レンズ
焦点距離:   35mm
明るさ:    F3.5 ~ F22
レンズ構成:  4群6枚(ガウス型)
絞り機構:   普通絞り
絞り羽根:   10枚
最短撮影距離: 1m
コーティング: シアン系(薄青色)と マゼンタ系(ピンク色)の 単層膜コーティング
フィルター径: φ22mm
鏡胴材質:   真鍮製 クロームメッキ
その他:    ヘリコイドで全群移動し 絞り指標も同時に回転する
重量:     実測 145g


なお、エルンスト・ライツ社が ズマロン・ズミタール・ズミクロンやズマリットなどのレンズに
ズミ や ズマ(Summ)を良く使いますが これはドイツ語で「最高の」の意味の接頭語です





2
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09364418.jpg

Summaron 35mm F3.5 on Sony α7 II

ほれっ、α7 II に付けても 良く似合っているでしょ

ライカのフランジバックは 28.8mm で、ソニー α7 のそれが 18mm ですので
約10mm厚さのマウントアダプターで良いのも 良く似合う一因かも知れませんね





3
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09364757.jpg

自作 ズマロン専用フード

ズマロンの弱点は フレアーが出やすいところですが ライツ社純製のフードは滅茶苦茶高いです

これは トイレットペーパーの芯で作った ズマロン専用フードです
無限遠の時に ちょっとケられる程度に 深さを調節してあります


それでは ズマロン 35mm F3.5 を α7 II に付けた 絞り開放写真に行ってみましょう





4
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09365160.jpg

おひさまっこ保育園

やわらかい写りでしょ





5
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09365433.jpg

駐車場

ポストに はがきを投函しに行きます
ミミちゃんも一緒です

駐車場には 1台しか車がいません、みんな早起きですねぇ





6
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09365934.jpg

ベンチの前で

焼肉屋さんのベンチの前で ミミちゃんがキョロキョロ
わたしには判りませんが ええ匂いが残っているのかしら





7
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09370366.jpg



ポスト

このポストに入れたのではありません

これは 焼肉屋さんの郵便受けです





8
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09370663.jpg



あぶない

可愛い女の子の左眼がメクレて もうだいぶになります
良く見たら 足がありません

豊中市よ
早く修理するか 新品に取り換えてちょうだい





9
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09371086.jpg



陸橋から

いつもの陸橋の上から

やわらかい写りですが まだ車が少ないです
みんな リモートワークしてるの?





10
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09371380.jpg

遠景

フードが抜けて来たのか 傾いたのか
上部両隅のケラレが大きいですね





11
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09371606.jpg



さかなとり

残念です
フードの効果がなく フレアーです





12
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09372066.jpg



おひさま保育園

おひさま保育園は おひさまっこ保育園が出来るずっと前からある保育園の本店です

子供を自転車に乗せて連れて来たおかぁさんを 画面に入れようとしましたが
うわぁ~ フレアーが出るとかピント合わせ中に 保育園に入ってしまいましたよぉ





13
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09372390.jpg

公園

家の前の公園です

小さくなったすべり台です、インパクトが無いでしょ





14
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09372841.jpg



へたるミミちゃん

ミミちゃんが へたっています
眼にキャッチライトがないと ピンボケ写真みたいです





15
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09373135.jpg

歪曲収差テスト

1949年の広角レンズの ズマロン35mmF3.5
歪曲収差は全くありません





16
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09373404.jpg

しっぽ

ミミちゃんが 珍しくシッポを見せています

明るいバックと 暗い室内
難しいシーンですが 写りはどうでしょう





17
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09373752.jpg



わんこたち

このごろ良く登場する わんこたちです

きみたち なかよしやねぇ





18
ズマロン 35mm F3.5 最初期型で_b0069128_09374086.jpg

置物ミミちゃん

いつも同じ姿勢でこっちを向いている 置物ミミちゃん

でも レンズによって印象が変わるでしょ



*****************************************************
 ■ 2020年6月8日~12日 撮る
 ■ 1,2 & 3枚目 AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700
 ■ 4 ~ 18枚目 Summaron 35mm F3.5 on SONY α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F3.5

*****************************************************

いつも柔らかい写りを見せてくれる ズマロン35mmF3.5 大好きです

写真によって 4隅がケられたり そうでなかったりしてますね
自作フードは ただ突っ込んでいるだけなので 動いてしまってるのでしょう












by nakajimaakira1948 | 2020-06-12 12:01 | 35mmF3.5 Summaron | Trackback | Comments(2)
2020年6月7日(日曜日)

懐かしい オリンパス ペンFT の F. ズイコー(瑞光)38mm F1.8 です





オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21211762.jpg

F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Olympus FT

かっこええでしょ

1966年の オリンパス FT に F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 が 付いております

レンズは 1963年の オリンパス F に付いていたものと同じですが
オリンパス FT が TTL露出計付きになったので TTLナンバーが付いています


仕様

概要:     1966年発売 35mmハーフサイズ ペンF シリーズ標準レンズ
正式名称:   F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8
焦点距離:   38mm(35mmフルサイズ換算 約53mm)
明るさ:    F1.8
レンズ構成:  5群6枚
最短撮影距離: 35cm
絞り羽根:   5枚
コーティング: アンバー系(だいだい色)と シアン系(薄青色)の 単層膜コーティング
フィルター径: 43mm
重量:     138g
発売時価格:  9,800円

■ 2020年6月3日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700





2
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21222715.jpg

F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Lumix G1

このたび PEN-F ⇒ マイクロ4/3 マウントアダプターを入手しました

57年もむかしの オリンパスの ペンFシリーズのレンズは今でも人気があり
群馬県の Discover Photo さんで 難なく入手できました

カメラは 世界初のマイク4/3フォーマットのミラーレス一眼 Lumix G1 です
ピカピカの新品のLumix G1 と言いたいのですが 黒いつや消し塗装が劣化してズルズルになったので
重曹水で丹念に磨いて 劣化塗料を落としたものです


Zuiko 38mm F1.8は ハーフサイズ用のレンズですので イメージサークルが小さくて
35mmフルサイズでは 4隅がケられるだろうと考え 焦点距離は2倍になるけれど μ4/3サイズを選びました

小型の Lumix G1 に、やはり小型の ズイコー38mmF1.8
まことに 良く似合っていると思います


それでは Zuko 38mm F1.8 を Lumix G1 に付けた 絞り開放写真に行ってみましょう

■ 2020年6月3日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700





3
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21263418.jpg

本棚の上

う~む、57年むかしのレンズとは思えない写りです

すこし コントラストが弱いような気がしますが
これは 単層膜コーティングのせいにしておきましょう





4
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21274991.jpg

歪曲収差テスト

歪曲収差は みじんも認められません

少しコントラストが弱いのは 3枚目の「本棚の上」と 同様ですね





5
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21243135.jpg

F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Lumix G3

ズイコー38mm F1.8 を Lumix G3 に付けてみました

ひょっとして コントラストが弱いのは 1200万画素の Lumix G1 の せいかと考えて
1600万画素の Lumix G3 ならどう写るでしょうかと・・・

■ 2020年6月4日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700





6
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21283053.jpg

なんだよ~

わたし   「ミミちゃん」
ミミちゃん 「なんだよ~」

ミミちゃんの左眼(右側に写っている眼です)が シャープに

トプコール、ニッコールと共に ズイコーも近接撮影に強かったですねぇ





7
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21283640.jpg

遠景

このマウントアダプターは 少しですがオーバーインフィニティの設計になっています
無限遠が出ないマウントアダプターより ずっと好きです

遠景を撮るとき、オーバーインフにならないように気を付ける習慣が身に付きます





8
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21295210.jpg



おひさまっこ保育園

う~ん、ピントが合っていないようで ちゃんと合っている
こんな写りが大好きです

ピントは おひさまっこ保育園の3階の手すりです





9
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21311315.jpg

トリスおやじ

トリスおやじ が コップのお風呂に入っています

もともと 焦点距離38mmで35cmまで寄れるのに
マイクロ4/3で撮っているので 焦点距離76mmで35cm・・・マクロレンズ並みです





10
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21313085.jpg

100円わんこ

むかし 兄貴一家が住んでいる幕張に行ったときに買った 100円ワンコです

花びらフードの上で曲芸しているみたい





11
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21315243.jpg

ネズミくん

ちゅうちゅうネズミくん あんた可愛いおめめしてるねぇ

モニターに大きく写った Steve の Flickr写真を、ズイコー38mmF1.8 の 最短撮影距離で撮りました

ピントは甘くありません、もとの写真が甘いのですねぇ Steveさん





12
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_08215427.jpg



さかなとり

散歩に出ると いつも撮る「さかなとり」です





13
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21322803.jpg

合流点

いつも 右側の天竺川が大きく撮られているので
この日は 左側のうさぎ川を まっすぐに見えるように撮りました

「うさぎ川」小さな川ですが 可愛い名前の大好きな川です





14
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21325554.jpg



HONDA

やわらかい写りの ズイコー38mmF1.8 で
やわらかい色の ホンダをねらっています

残念ながら この日は日差しが強烈過ぎて やわらかく撮れません





15
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21331001.jpg

駐輪場

夏の日差しですねぇ

旭ヶ丘団地の駐輪場です





16
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21333310.jpg

ベンチ

ゆるいカーブ状に曲がったベンチ

基礎の赤レンガも 背もたれの緑のパイプも 同様に美しく曲げられています





17
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21345298.jpg



つつじ かなぁ

コンクリートや石の単調な色合いの中で ひときわ鮮やかに咲いている

つつじかなぁ





18
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21351137.jpg



Ball Street

ボール通りも暑そうでした





19
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21352544.jpg



ミミちゃんの視界

この日は 肉球がヤケドしそうで連れて来なかったけど
ミミちゃんの視界は こんなんかなぁ





20
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21354300.jpg



いもうと

おにぃちゃんが取ったバケツのさかなを見て 驚いている妹です

反り返った指先に 驚きが現れていますねぇ





21
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_09244164.jpg

夜景

失敗作です

どこにもピントが合っていないように思えます

暗いのでピント合わせが ええ加減になったのか
あるいは オーバーインフィニティになったのでしょうか




*****************************************************
 ■ 2020年6月3日 & 4日 撮影
 ■ 1,2 & 5枚目 AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700
 ■3 & 4枚目 F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Lumix G1
 ■ 6~21枚目 F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Lumix G3
 ■ すべて 絞り優先AE、絞り開放 F1.8

*****************************************************

ズイコー Auto-S 38mm F1.8 の 写り、いかがだったでしょうか
被写体は いつも撮っているものが多いですが
それらを全部 ズイコー38mmF1.8 で撮り直してみたいと思うような描写でした


わたしは、マイクロ4/3マウントを ソニーαの NEXマウントに変換するブリッジアダプターを持っているのですが
なぜか ズイコー Auto-S 38mmF1.8 を付けると
マイクロ4/3マウントにブリッジアダプターが付かない事が判りました

4隅がケられても フルサイズで 焦点距離38mmの写真も撮ってみたかったのですが・・・









-


by nakajimaakira1948 | 2020-06-07 09:48 | 38mmF1.8 F. Zuiko | Trackback | Comments(6)
2020年6月2日(火曜日)

1968年の スーパーマルチコーテッド マクロタクマー 50mm F4 で 遊んでいます





1
smc マクロタクマー 50mm F4 で 遊びましょ_b0069128_09371747.jpg

Super-Muti-Coated Macro-Takumar 50mm F4 on Sony α7 II

接写倍率が 1/2倍のハーフマクロになってしまった スーパーマルチコーテッド マクロタクマー 50mm F4 です

同時代の マイクロニッコール P Auto 55mm F3.5 と 比べますと シャープネスでは負けるけれど
ボケ味のなめらかさは 優っているように感じます


この組み合わせで撮った 絞り開放写真に行ってみましょう


■ 202年6月2日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8D on Nikon D700






smc マクロタクマー 50mm F4 で 遊びましょ_b0069128_09372197.jpg

なんとなく

なんとなく撮ったけれど 自然な感じが出ていますでしょ





3
smc マクロタクマー 50mm F4 で 遊びましょ_b0069128_09375408.jpg

Asahi Pentax SV & Olympus FT

PCの 気持ちの良い風景は、flickr友達の英国人の撮った写真です

アサヒペンタックス SV は 大好きなカメラの一つです
隣のオリンパス FT は ・・・・ えへへへ 来週のお楽しみに しておきましょうね





4
smc マクロタクマー 50mm F4 で 遊びましょ_b0069128_09374882.jpg



キリン

このキリンさんの眼、前回にアサヒフレックスのタクマー58mmF2.4 で撮った
カバさんの眼と同じ印象でしょ

同じ南アフリカの焼き物屋さんで造られたのです
やる気の無いような眼の表情が とても気に入っています





5
smc マクロタクマー 50mm F4 で 遊びましょ_b0069128_09383575.jpg

マクロミミちゃん

マクロで撮ったら マクロ(真っ黒)ミミちゃん





6
smc マクロタクマー 50mm F4 で 遊びましょ_b0069128_09384637.jpg

わんこたち

おなじみの ブーツの型崩れ防止の わんこたち

きょうは 左のわんこの眼にピントを合わせてみました
かわいいでしょ





7
smc マクロタクマー 50mm F4 で 遊びましょ_b0069128_09390015.jpg



Knock Out

誰だ、ウサギちゃんを ノックアウトしたやつは





8
smc マクロタクマー 50mm F4 で 遊びましょ_b0069128_09390798.jpg

おみゃ~か

ミミちゃん  「眠たいよぉ」
わたし    「おいっ、ウサギちゃんをノックアウトしたのは おみゃ~か ?」
ミミちゃん  「うんにゃ、あいつ 初めからあんな顔してたでぇ」




******************************************************
 ■ 2020年5月29日~6月2日 撮る
 ■ Super-Multi-Coated Macro-Takumar 50mm F4 on Sony α7 II
 ■ すべて絞り優先AE、絞り開放 F4

******************************************************

何を撮っても、smc マクロタクマー 50mm F4 で撮りますと
やさしい気持ちで 写真が撮れるような感じがします









-



by nakajimaakira1948 | 2020-06-02 11:51 | 50mmF4 Macro 琢磨 | Trackback | Comments(2)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30