タグ:Aires 35 III ( 1 ) タグの人気記事

アイレス35-III

2015年4月29日(水曜日)

みなさん、アイレスってご存知でしょうか。

このサイトを訪れるみなさんの中では
純さん(HNは jikomannteさん)が お父さんから貰って はじめて使ったカメラとして
知っておられるかもしれませんね。

そうなんです、1960年(昭和35年)に倒産してしまった アイレス写真機製作所のことです。




1
b0069128_1201635.jpg

アイレス35-III

おお~、やって来ました
ヤフーオークションで1,000円だったのに 誰も応札するひともなく
わたしひとりが応札してゲットしたものです

前のオーナーが送付する直前に拭き掃除をしてくれたようで
1955年(昭和30年)製の アイレス35-III はピカピカでした

「シャッターは作動します、それ以外はわかりません」 という説明と
不鮮明な写真が付いていただけですが わたしは飛びついたのでありました

Aires 35-III の 刻印が誇らしげであります





2
b0069128_1214851.jpg

正面から

アイレス35-IIIを正面から見てみます
左から 距離計窓、ブライトフレーム明かりとり、ファインダーと3つの窓が並びます

クロームめっきに輝く H Coral 4.5cmF2 のレンズ
いまのデジタルカメラでは 考えられない美しいデザインだと思います





3
b0069128_1226482.jpg

斜め左前方より

う~む、美しいですねぇ

1955年製ですので シャッターは少し粘っておりますし、貼り皮は割れているところもありましたが
シャッターは何回もシャッターを切るうちに 快調に作動するようになりました





4
b0069128_12335133.jpg

斜め右前方より

おおきな巻上げレバー、銀色に輝く H コーラルレンズです
Hは 6枚構成を示し、コーラルは英語でサンゴを意味します
サンゴのレンズ、なんという美しい命名でしょう





5
b0069128_12435012.jpg

H CORAL 1:2 4.5cm

サンゴのレンズ、H コーラル45mmF2です
コーティングは、アンバー系と薄いシアン系の単層膜コーティングが施されています

特筆すべきは、レンジファインダーでありながら 最短撮影距離が50cmと短いことです
補色系の2重像はちょっと薄い感じですが くっきりしたブライトフレームが美しいファインダーです

当時の最高級レンズシャッターの SEIKOSHA(セイコーシャ=精工舎)-MX との組み合わせです





6
b0069128_1328344.jpg

フラッシュ切り替え

セイコー舎製 MXシャッターのフラッシュ切り替えレバーです
M級フラッシュ、FP級フラッシュ、ストロボの切り替えができます





7
b0069128_1314116.jpg

シャッター速度リングと絞りリング

クローム鏡胴の シャッター速度リングと絞りリングです
どちらも 目盛り数字の刻印が固定で ローレットを刻んだリングを回して合わせます





8
b0069128_13192685.jpg

シャッターボタン と 巻き上げレバー

軽くて ストロークの短いシャッターボタンです
大型の特異なデザインの巻上げレバーです

その間には 自動復元のフィルムカウンターが見えます

肩の部分は 金型屋さん泣かせの複雑な面をみせております





9
b0069128_13333541.jpg

巻き上げレバーの遊び

ここまで巻き上げレバーを引き出して これから巻き上げるところです
レバーの遊びを大きくとって いつも親指を入れておけるように設計されています





10
b0069128_133932100.jpg

軍艦部

軍艦部を見てみます

右から 巻き上げレバー、シャッターボタン、フィルムカウンター、アクセサリーシュー、巻き戻しノブと続き
一番左端に フィルムメモが付いております

こうして見ると 巻き上げレバーの巨大さが良くわかると思います





11
b0069128_13471990.jpg

裏面

ファインダー接眼窓しかなく すっきりしていますね





12
b0069128_13493539.jpg

裏蓋を開いて

裏蓋を開いて フィルム室を覗きます
定石どおりの構造ですが 写真右側のフィルムガイドローラーが珍しいですね





13
b0069128_13545127.jpg

裏蓋

裏蓋のフィルム圧板のスリットが珍しいですね
左側のフィルムガイドローラーとで 摩擦力を減らそうと考えていたようです





14
b0069128_1402290.jpg

どこから撮っても

このカメラ、どこから撮っても どんな角度から撮っても美しいです





15
b0069128_1443660.jpg

もう一度 正面から

最後に もう一度 正面から





16 アイレス写真機製作所の歴史

以前、ヤルーフレックスという35mm判二眼レフを紹介したことがありましたが
アイレス写真機製作所は ヤルーフレックスを作ったヤルー光学が名前を変えた会社でした

ここで ヤルーフレックスやアイレスカメラの設計者 三橋剛 氏を紹介いたします

b0069128_14133290.jpg

 三橋 剛 氏:
       早稲田大学理工学部卒
       戦争中 陸軍兵技中尉、レンズの脈理、研磨の研究を行い、日本光学の監督官をした経歴より
       のちの「アイレスフレックス」で日本光学よりニッコールレンズの供給を受ける
       戦後 岡田光学に就職、岡田社長より金谷氏を紹介される
 
 ヤルー光学:
       昭和22年(1947年) 金谷氏 & 三橋剛氏が 新橋田村町と虎ノ門の間でヤルー光学を起こす
       昭和23年(1948年) 高田馬場へ引越し
       昭和24年(1949年) ヤルーフレックス発表、ヤルーとは朝鮮語で鴨緑江のことで
                 金谷氏の故郷を偲んだ命名でした

 アイレス写真機製作所: 
       昭和25年(1950年)社名をアイレス写真機製作所に変更する アイレスとはスペイン語で空気のこと
       昭和26年(1951年)01月 アイレスフレックス発表
       昭和30年(1955年)10月 アイレス35 III 発売
       昭和35年(1960年)工場火災、生産不能となり 07月に倒産する


三橋剛氏の写真は、元アサヒカメラ編集長の白井達男 著 「幻のカメラを追って」 朝日ソノラマ社刊の
ヤルーフレックスの記事中の写真を複写したものです



****************************************
 ■ 2015年4月28日撮影
 ■ AF Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700

****************************************


60年まえのアイレス35-III を 綺麗な状態で入手できて喜んでいます ♪♪♪
うれしい うれしい (^^)









-

by nakajimaakira1948 | 2015-04-29 14:59 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30