タグ:Canon Pellix ( 1 ) タグの人気記事

キヤノン PELLIX のこと

2016年9月22日(木曜日)

先週 乗り放題バスで行った 庄内のクツワカメラで買った
1965年の キヤノン ぺリックス を紹介しましょう





1
b0069128_111437.jpg

キヤノン ペッリクス

1965年に 35mm一眼レフで他社の仕様から大きく遅れていたキヤノンが
初めて世に出した TTL(Through the Lens = レンズを通して)測光式一眼レフです

その最大の特徴は
シャッターリリース時にもファインダー像の消滅のないペリクルミラーの採用でした

1963年のキヤノンFXから採用されたスッキリした外観からは 想像できない仕様です





2
b0069128_11202599.jpg

ペリクルミラー

これが 米国デュポン社のマイラーフィルムを蒸着した ペリクルミラーです


いま写真のペリクルミラーには 何か良く判らん黒い丸と四角のようなものが映っています





3
b0069128_11243520.jpg

CdS 受光部が

セルフタイマーのレバーを 逆方向に押しますと測光状態になり CdS受光部が下から上がって来ます

このCdS受光部は ペリクルミラーの向こう側にあるのですよ
マイラーフィルムは半透膜なので ペリクルミラーはミラーの裏側が見えているのです





4
b0069128_11361486.jpg

向かって左側より

外観は 現在のEOSの軟体動物のようなのではなく スッキリしております

通常のキヤノン機のCanonのロゴは左肩へ行き
誇らしげなPELLIXの文字がペンタ部にエングレイブされています





5
b0069128_11421934.jpg

向かって右側より

なかなかスマートでしょ

仕様を書き上げます

型式:     1965年4月 TTL測光式35mm一眼レフレックス
ミラー:    固定式ペリクルミラー デュポン社マイラーフィルム蒸着(20ミクロン厚)
シャッター:  B、1~1/1000秒
ファインダー: 固定式 倍率0.9倍 マイクロプリズム付き アイピースシャッター付き
露出計:    受光素子CdS バッテリー1.3V水銀電池
寸法・重量:  141(幅)x 90(高さ)x 43(厚み) 700g(ボディのみ)
発売時価格:  70,800円(F1.2付き) ケース 2,400円





6
b0069128_12453379.jpg

裏面

裏面は別に変ったところはありません


が、巻き戻しクランクの下の大きなローレットが付いたノブを回すと
アイピースシャッターを常時「開ける・閉める」ができるようになっています

これは 半透膜のペリクルミラーが 光量をフィルム側に70% ファインダー側に30%に分けるため
セルフタイマーなどでファインダー接眼窓から目を離すと 逆入光した光線が画像に影響するからです





7
b0069128_1257875.jpg

フィルム室

一見、普通の一眼レフと変わらないように見えますが
シャッター膜がチタンで出来ています

これは ペリクルミラーで別けられた70%の光線が いつもシャッター膜に当たるため
夏の強烈な太陽光線で シャッター膜が焼けるのを防ぐためなのです





8
b0069128_124783.jpg

ミラーショック無し

シャッターボタンを押すと ピシャッという甲高い大きな音が聞こえます
金属膜を使っているからですねぇ

しかし ミラーは動かないので ミラーショックは全くありません
これは気持ちが良いです





9
b0069128_1315113.jpg

軍艦部

きれいに造られているキヤノンPELLIXですが 大きな弱点があります

ファインダー像の消滅が無い・ミラーショックが無いのとトレードオフに
光線が30%しか届かないファインダー像が 暗くなってしまうことです


例えば F1.4の標準レンズを付けていても ファインダーは F2.5程度の暗さになってしまうのです
一眼レフの楽しみは 大きく明るいファインダー像にありますが それをスポイルしてしまっています

これが ぺリックスがぺリックスQLまでしか発展せず 短期間で製造中止になってしまった最大原因でしょうね





10
b0069128_13285076.jpg

バッテリーチェック

わたしのぺリックスは 造られて50年以上になるのに
TTL露出計は ビンビンに生きておりました

家に持ち帰ったときにはバッテリーは入っていなかったのですが
手持ちの水銀電池を入れて セルフタイマーを逆押しすると針がピンと動きました
クツワカメラは 露出計が動かないときは「露出計不動」とタグカードにちゃんと書いてくれる
正直な中古カメラ屋さんなのです ♪♪♪

巻き戻しクランクを持ち上げますと オレンジ色の文字でバッテリーチェックの方法が刻印されていました
ASAを100に合わせて シャッタースピードをX(シンクロ)に合わせてと


キヤノン ぺリックス
短命で終わったけれど 良いカメラですね




***********************************
 ■ 2016年9月15日撮る
 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ Speedlight ON

***********************************









-
by nakajimaakira1948 | 2016-09-22 13:46 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(2)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30