タグ:Canon Powershot G7 ( 40 ) タグの人気記事

ヘリコイドに注射

2019年2月24日(日曜日)

マニュアルフォーカスのレンズで撮影していて 一番いやなことは
ヘリコイドのグリースが固まって来ていて フォーカスリングが固くてどうしようもないときです


古いニッコールレンズは 使われていたグリースが悪かったのか最悪ですね
フォーカスリングを回すと グリースが全然効かずに スカスカと抵抗なく回転するかと思えば
グリースが固まりかけているのか フォーカスリングの回転が非常に固いものが多いです

ニコンのために言っておきますが、30年から50年まえのレンズの話しで 最近のレンズでは改善されていて
フォーカスリングは ねっとりと 具合良く回転します

東独のカールツァイス・イエナのレンズでは 白鏡胴のものに フォーカスリングの固いものが多いです


そんなとき ヘリコイドに注射すると良く効きます





1
b0069128_15533374.jpg

注射器

ヘリコイドには 潤滑油を微量 注射器で注射します

潤滑油を買うと みんなノズルが付いていて 注射器なんか要らんと思われるでしょうけれど
レンズを分解せずに マウント側から見えるヘリコイドに潤滑油を垂らす わたしの方法では
付いているノズルはみんな 太すぎて使えないのです

それで 注射器を買いました
人体など医療用には使えない プラスティック製のものですが、3本セットでアマゾンで460円です


マウント側から潤滑油を微量注射して フォーカスリングを数回から十数回 回転させます
回すことで、固くなったグリースと潤滑油が混ざり合うのです

固かったフォーカスリングが 柔らかく滑らかに回転するようになると 気分は最高です

写真は、固かったフォーカスリングが ヘリコイドへの潤滑油の注射で軽く回る様になって喜んでいる
(右) ビオター58mm F2、(中) マクロキラー D 40mm F2.8、(左)AiS マイクロニッコール 55mm F2.8 と
新しく買った注射器です





2
b0069128_15534443.jpg

Kilfitt Makrokilar D 40mm F2.8

キルフィットの マクロキラー D 40mmF2.8 です

60歳以上のレンズですが 最近になってヘリコイドの回転が とても重くなってきました

まず フォーカスリングを最短撮影距離まで回して ヘリコイドが一番良く見える状態にします
このレンズは 名前のように マクロレンズで ヘリコイドは二つあります

写真の 暗く写っている部分にちょっと見えているのが 第一ヘリコイドで
少し下の 後玉の右側に少し見えているのが 第二ヘリコイドです


注射器の針をヘリコイドに当てて 少しずつ潤滑油を落とします
フォーカスリングを回転させ ヘリコイド全体に潤滑油が行き渡るように注射します
落とす量は 全部で 0.1~0.2cc 程度です

注射が終わったら、レンズをカメラボディやマウントアダプターに取り付けて フォーカスリングを回してみます
レンズをボディやマウントアダプターに付けてから回すのは
レンズ鏡胴だけを持ってフォーカスリングを回すと 実際よりも重く(固く)感じるからです


マクロキラー D 40mmF2.8 、 潤滑油が効いて フォーカスリングが 非常に軽く滑らかに回転するようになりました





3
b0069128_15541151.jpg

Carl Zeiss Jena Biotar 58mm F2

旧東独 カールツァス・イエナの ビオター 58mmF2 です

何十年かむかし ニューヨークの Woodmere から個人輸入したときから フォーカスリングの回転は重かったです
それが だんだん重いのが固くなってきて なんとかせねばと思っておりました

最短撮影距離にしたところです
普通のレンズは マウント面から見ても ヘリコイドはこの程度ぐらいしか見えません

最上部の ネジ状のところがヘリコイドです
このヘリコイドには 0.1cc だけ 潤滑油を注射しました

結果は フォーカスリングが 軽く滑らかに回転するようになりました





4
b0069128_15542070.jpg

Hexanon 35mm F2.8

1965年 小西六が ヘキサノンAR マウントになったときのレンズです
まだ レンズには AR とは書かれていません

ねっとりした フォーカスリングの回転が自慢のヘキサノンに珍しく
このレンズ ピント合わせに汗をかくほど フォーカスリングが重いのでした

日本製のレンズは 大体ヘリコイドが 殆ど見えません
上部の やや黄色くなっているところの内側の黒く写っている隙間から ヘリコイドが少し見えるのですが
この写真では見えませんね

この隙間を通して 注射器の針を入れ込んで 潤滑油をプチューと落とすのです
アル中ではないのですが 手が震えて 針がうまく入りません

なんとか注射が終わって マウントアダプターに付けて フォーカスリングを グリグリグリグリ
潤滑油と固くなりかけているグリースが混ざりました

軽~くなりました うれしいです





5
b0069128_18131797.jpg

恐ろしいものを持ってるね

ミミちゃん 「なんか 恐ろしいものを持ってるね。なにしてますねん?」
わたし   「ちょっと調子の悪いレンズに 注射や」





*********************************************************
■ 2019年2月24日 撮る
■ 1~4枚目 Canon zoom lens 7.4-44.4mm on Canon PowerShot 7
■   5枚目 1-Nikkor 18.5mm F1.8 on Nikon V1

*********************************************************

潤滑油の注射で フォーカスリングが軽くなったレンズたちです

・キルフィット マクロキラー D 40mm F2.8
・カールツァイス・イエナ ビオター 50mm F2
・コニカ ヘキサノン 35mm F2.8
・AiS マイクロニッコール 55mm F2.8
・カールツァイス・イエナ トリオター 135mm F4
・ニコン レンズシリーズ E 35mm F2.5
・メイヤー光学 プリマゴン 35mm F4.5

なお 潤滑油は「クリンビュー 601」を 使いました、480cc 入り 400円程度です


フォーカスリングが スカスカに軽いレンズには
粘度の高いオイルか 暖めて柔らかくしたグリースでも 注射してみようかと考えているところです









-



by nakajimaakira1948 | 2019-02-24 18:52 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(0)

大きくなったねぇ

2018年12月23日(日曜日)

毎日 写真を撮ってきましたが、このところ 寒くて殆ど外に出ておりません

古い写真を見ていたら 懐かしい写真がありました





1
b0069128_14431861.jpg



53日目

熊本県で生まれて 53日目のミミちゃんです
空輸されて うちに届いて6日目です

まだ元気だったコムギに 「おっぱい おくれ」と 後を追い回しておりました

手のひらに入る大きさでした
が、悪いことばかり しておりました

■ 2012年11月9日 ■ Canon Zoom Lens 7.4-44.4mm on Canon PowerShot G7





2
b0069128_14432613.jpg

大きくなったねぇ

わたし   「大きくなったねぇ」
ミミちゃん 「そんなもん 小さくなるかいっ」


2代目のソニー α7II を 買ってから めっきり使わなくなった 初代の α7 で 撮りました

■ 2018年12月15日 ■ FE 28-70mm on Sony α7





3
b0069128_15045843.jpg

ZENIT B

ミミちゃん 2枚だけでは可愛そうですねぇ

ロシアのカメラの本を見ていたら 無性に触りたくなりました

1968年の ゼニット ヴェー です
クイックリターンが入って シャッターを切ると 切る前の世界が瞬時に再現されます

レンズは アサヒペンタックスの SMC琢磨55mmF1.8 が 付いています

■ 2018年12月23日 ■ Super Takumar 28mmF3.5 on Sony α7 II





4
b0069128_15050726.jpg

あたいも

ZENIT B の 横に エクサ 1c が 寂しそうにしておりました


EXA 1c 「あたいも 撮っておくれよぉ」
わたし  「あんたは ブラックアウトやったね」

大好きなエキザクタを造っていた ドレスデンのイハゲー社に代わって
同じドレスデンのペンタコン人民公社製の エキザクタの妹の エクサ 1c です

1973年から造られましたが クイックリターンミラーの機構は無く
シャッターを切ったあとは 真っ暗にブラックアウトしてしまいます

EXA 1c 「そのかわり めちゃ丈夫やで~」
わたし  「はいっ それは認めます」

レンズは ロシアン製の MCジュピター 9 が 付いています

■ 2018年12月23日 ■ Super Takumar 28mmF3.5 on Sony α7 II



*******************************************************************
もうクリスマス、2018年も終わろうとしています

ミミちゃん 2枚 と、ゼニットB と エクサ 1c だけで 2018年を終わるのは寂しいですね

来週は まだどんなレンズで撮るかは決めておりませんが
ええ写真をアップする予定です

*******************************************************************











by nakajimaakira1948 | 2018-12-23 15:48 | 28mmF3.5 Super 琢磨 MC | Trackback | Comments(9)
2017年7月27日(木曜日)

うれしい事がありました

1960年製の キヤノンフレックス RP を ヤフーオークションで 1円で落札したのです

それも うれしいのですが、本当にうれしいのは 出品者が「シャッター膜が最後まで閉じない」と
書かれていたジャンクの個体でしたが
潤滑油の一吹きで シャッター膜が B、1秒~1/1000秒まで閉じるようになったことなのです ♪♪♪





1
b0069128_19422968.jpg

キヤノンフレックス RP

これが 届いた状態の キヤノンフレックス RP です

綺麗な個体です
出品者は カメラ業者さんと思われるのですが
出品説明には「シャッター音はするが シャッター膜が最後までは閉じないのでジャンクとします」とあり
きれいな外観写真と共に こんな写真が貼りつけられておりました


出品写真
b0069128_19534348.jpg

シャッター膜が閉じ切らずに 途中で止まっています

これは 古いフォーカルプレーンシャッターでは時々起こる現象で シャッター膜巻取り軸の油切れですね
わたしは、ペンタックス S3 と キヤノン FX で この現象の経験がありました
両機とも 軍艦部を開かずに 潤滑油をシャッター膜の巻取り軸側に一吹きすることで治りました

このキヤノンフレックスRPも 簡単に治るだろうと 入札開始価格の1円に対して500円で入札しました
でも結局 競争者は誰も現れず 入札開始価格そのままの1円で落札したのです





2
b0069128_20161581.jpg

状態チェック

届いたキヤノンフレックスRPのファインダーを覗くと真っ暗です
ミラーが上がったままになっていました
でも 巻き上げるとミラーが降りて来てファインダーは見えるようになります

これと同じ現象は キヤノンFTで 経験がありました
修理は出来ませんでしたが 特に問題は無いので そのまま使いました
一眼レフの黎明期のクイックリターンになる前の ブラックアウトのカメラと思えば良いのです


裏ブタを開けて 様子を見ます
出品者の言う「シャッター膜が最後までは閉じない」という現象は
低速度シャッターのときに起こり 1/30秒~1/1000秒では起こりませんでした
でも Bや 1秒~1/15秒ではシャッター膜が開きっ放しになり これでは前後のコマまで感光してしまいます

何回もシャッターを切っていると 1/15秒は何とかシャッター膜が閉じるようになりました
もう少しで改善できそうです





3
b0069128_2043168.jpg

違った効果

シャッター膜が最後まで閉じないという現象は シャッター膜の巻取り軸に給油すれば治るのですが
潤滑油を吹きかけると シャッターの布幕がヨレヨレになって そのヨレヨレを伸ばすのに結構苦労します
出来ればやりたくないのです


ミラーボックスの向かって左側に クイックリターンの連動アーム(黄色の丸)が見えます
ここに 潤滑油を一吹きしました

シャッターを数回切ります
あかん、ミラーは降りて来ないです
巻き上げるとミラーが降りて来るのは変わりません


シャッター速度を低速度の1/4秒にして シャッターを切ります

「パシャン、ジー」と 初めて聞くガバナーの音が「ジー」と聞こえました
うん?
裏ブタを開いてみると シャッター膜が最後まで閉じています 
もう一度シャッターを切ります
おお~、シャッター膜が最後まで閉じているではありませんか 

シャッター速度を 1秒にして もう一度シャッターを切ります
「パシャーーン、ジー」シャッター膜は やはり最後まで閉じています
治ったよぉ ♪♪♪


クイックリターンを治そうとした給油で なぜかスローガバナーが治って
シャッター膜が最後まで閉じるようになりました

■ 2017年7月26日 ■ Canon G7 with Canon Zoom 7.4-44.4mm Macro





4
b0069128_21273022.jpg

2台の キヤノンフレックスRP

2台の キヤノンフレックスRP です

左側のRPは ピントが狂っているのです
どんなレンズを付けて無限遠に合わせても 無限遠の少し手前にしかピントが来ないのです

右側が 今回 1円で落札したRPです
実は、もしシャッター膜が治らなかったら 左側と2個1で修理に出せば良いと思っていたのでした
でも クイックリターンで無いだけで 病気は治りました

うれしい~





5
b0069128_21492916.jpg

レンズ

1円キヤノンフレックスRPには 無限遠が出ないほうのRPの スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8を
付けることにします

スーパーキヤノマティック R レンズのあとの キヤノンFLレンズも 絞り込みではありますが
キヤノンフレックスRPで使えます

FL レンズの 絞りの A / M切り替えをM側にすれば良いのです


写真は、FL 28mmF3.5を付けた 1円キヤノンフレックスRP です





************************************
 ■ 2017年7月26日 撮る
 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ Speedlight ON

************************************

怪我の功名で治った キヤノンフレックス RP のお話しでした。

1円での落札、出品者のかたには ヤフーオークションを通して 丁寧にお礼を言っておきました。









-
by nakajimaakira1948 | 2017-07-27 06:00 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(4)

ミミちゃんのこと

2016年3月11日

しばらく登場していなかったミミちゃんです




1
b0069128_8312732.jpg

初めて見るレンズやねぇ

ミミちゃん 「あっ、初めて見るレンズやねぇ」
わたし   「えへへ、ええやろ~」

ミミちゃんは 4kgを超えてしまって
カニヘンダックスとしては重くなっていますねぇ


1000円のキヤノンFTbに付いてきた 4本のレンズのうちの1本
きれいな キヤノン FD50mmF1.4の開放で撮っています

■ 2016年2月12日 ■ Canon FD50mmF1.4 @ f1.4 on SONY α7





2
b0069128_8433359.jpg

生後47日目

カエルくん人形と一緒に 熊本県から空輸されて伊丹空港へ
女房が受け取って 家に連れてきたときです

生後47日目で 体重は634gでした

■ 2012年11月2日 ■ SIGMA 19mmF2.8 EX DN on Lumix G3





3
b0069128_8552911.jpg

生後53日目

まだ鼻が短いですねぇ
この頃から 非常にヤンチャ娘でした

悪いことをして捕まえられてもこのとおりです
足をバタバタさせて「何するねん」と暴れています

■ 2012年11月8日 ■ Canon PowerShot G7





4
b0069128_951330.jpg

生後61日目

一日中 コムギのあとを付いて歩きます

コムギのオッパイはあきらめて お尻を臭っています

このあとは「しつこいなぁ」と怒られて 後ろ足で押さえられ「くっ、くっ、くっ」となりました

■ 2012年11月16日 ■ SIGMA 19mmF2.8 EX DN on Lumix G3





5
b0069128_9317100.jpg

1年経って

1年ほど経って 寒い冬の日には体を温め合う仲良しになりました
ミミちゃんの鼻も長くなり ダックスフントらしくなりました

■ 2013年12月27日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D80




************************************************************
この頃のミミちゃん、しばらく構ってもらえないと キャンキャン鳴いております

************************************************************











by nakajimaakira1948 | 2016-03-11 09:42 | 50mmF1.4 Canon FD | Trackback | Comments(4)
2015年9月18日(金曜日)

キヤノンフレックス RMに付いていた スーパーキャノマチックR 50mmF1.8 です

すべて開放で撮っていますが 1枚だけ絞りをF4まで絞り込んだ画像があります





1
b0069128_10293268.jpg

絞り開放で動物会議を

う~む、後の キヤノンFL50mmF1.8の絞り開放と描写が似ております

キャノンフレックスRMに FL50mmF1.8が付いています





2
b0069128_10345027.jpg

絞りF4で

スーパーキャノマチックR 50mmF1.8 を 絞りF4まで絞って撮っています
コントラストが上がって 現代のレンズ風の描写です

おっと、カメラは ミノルタ35-IIBに コシナVoigtländerの カラースコパー35mmF2.5が付いています





3
b0069128_1041048.jpg

開放に戻して

開放に戻して撮りました

白っぽいものの周りに フレアーが出ております
このフレアーは FL50mmF1.8の描写と見分けがつきません

単層膜コーティングが影響しておりますねぇ





4
b0069128_1050564.jpg

AMARULA

アマルーラをご存知でしょうか

二日酔いの朝に コップ1/3ほど飲むと バニラに似た不思議なフレーバーの香りと味により
二日酔いがおさまったものです

南アフリカ産のアマルーラ クリーム、1998年にわたしが帰国するときに 会計のゾイがプレゼントしてくれました
まだ栓は開けておりませんが アルコールでは無いのでもう飲めないかなぁ

絞り開放なのに フレアーは感じませんね





5
b0069128_1124525.jpg

これはなんでしょう

絵が描いてありますねぇ

アマルーラの写真を撮っていたら 南アフリカで働いていた時分のことを思い出しました





6
b0069128_115186.jpg

髪飾り

椰子の実の皮を乾燥させて丸く切り そこに絵を描いた髪飾りなんです

1998年に ビクトリアフォールへ行ったとき ザンビアかジンバブエで買ったものです
あまりに可愛いので 違う絵のものを3つ買って、会計のゾイと 秘書のウェンディのお土産にしました

これは残った1つです





7
b0069128_11145147.jpg

裏側

裏側には 髪に止める金具が付いております

乾燥したヤシの実の皮は 非常に軽くて髪飾りにええです



************************************************
 ■ 2015年9月15~18日撮影
 ■ 1~5枚目 Super-Canomatic R 50mmF1.8 on SONY α7
 ■ 6~7枚目 Canon PowerShot G7 マクロ撮影

************************************************











by nakajimaakira1948 | 2015-09-18 11:29 | 50mmF1.8 Canomatic R | Trackback | Comments(0)

カッサール105mmF4.5

2014年11月6日(木曜日)

寒くなりましたね
パッチを はきました

寒くなったら古レンズです
今回は 西独ミュンヘンの蛇腹専用レンズ カッサール105mmF4.5です





1
b0069128_948214.jpg

Cassar 105mm 1:4.5

カッサール105mm 1:4.5 は こんなレンズです
外観はシンプルですが ヘリコイドが無いので このままでは引き伸ばしレンズぐらいにしか使えませんね

普通絞りはF4.5~32までで 絞り羽根は14枚あります

西独のミュンヘンにあった シュタインハイルが1959年以前に造ったレンズです

なんで1959年以前に造ったと判るねん?
それは こんな資料があるからです


b0069128_9545299.jpg

SEYMOUR's Bulletin in 1959

アメリカのセイモアの1959年のエキザクタの広告の一部分です
上から4段目が Cassar 105mmF4.5 です

■ 2014年11月5日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





2
b0069128_104297.jpg

純正レンズキャップ

シュタインハイル純正のレンズキャップです

ホコリだらけに写ってますが 実際は綺麗です

接写が効くキヤノンのG7で ISO1600にして撮ったからノイズが出まくっているのです
Münchenの 「ü」のあとに写っている白いゴミは 本当のゴミですけんど

■ 2014年11月5日 ■ Canon Powershot G7 ■ 接写モード ■ ISO1600





3
b0069128_1020522.jpg

蛇腹にセット

カッサールを蛇腹にセットして エキザクタ→NEXアダプターに付けようとしたら ロックが効きません
中国製の安物アダプターでは ときどきこういう事があるのです

手持ちのトプコン製の中間リングを1枚かましたら ロックが効くようになりました

■ 2014年11月5日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





4
b0069128_10334067.jpg

三脚にセット

三脚にセットしました
べつに三脚を使う必要はないのですが まず接写をやりますので

3群3枚構成のカッサールは、写真では判りませんが 美しいシアン系の単層膜コーティングが施されています

蛇腹の伸縮を調整してピントを合わせます

ところで 蛇腹とカメラの水平が大きくズレているのに気付かれましたでしょうか?
やっぱり 安物アダプターはアカンですねぇ
まあ 普段は三脚なんか使いませんので 別にええけど

■ 2014年11月3日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on Nikon D700





5
b0069128_1052269.jpg

トプコンPR

105mmF4.5開放で接写してみました
被写体は 日本初のレンズシャッター式35mm一眼レフ トプコンPRのネームプレートです
α7の ピント拡大機能を使っています

なんでトプコンPRを写すねん?
えへへ、トプコンPRは1959年生まれで カッサール105mmと同い歳やもんね

三脚を使っていますので ブレもなく綺麗に写ってますね

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞り開放





6
b0069128_1101876.jpg

トプコール50mmF2.8

ボディは 買って1週間で壊れてしまったトプコンPRですが
トプコールレンズは綺麗で 使ってほしそ~です

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞り開放





7
b0069128_11113052.jpg

遠景

三脚をそのまま使って 遠景を F8まで絞って撮ってみました
水平の出ていないのは アダプターがアカンからです

画面中央に1枚ベールをかましたような写りですね
右上の 赤い干し物は綺麗に写っているのに

フィルター径は30mm程度と小さくて トイレットペーパーの芯製のフードも使えません

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





8
b0069128_11261011.jpg

シュナイダーのキャップ

また近接写真です
ピントは プラクティカIVの シュナイダーのレンズキャップです

ピント拡大を使いましたが しっかりした解像力と優しいボケが嬉しいです ♪♪♪

■ 2014年11月3日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





9
b0069128_1133485.jpg

公園の樹

秋になって ばっさり枝を切られた公園の樹です

ピントは 画面中央の白い枝の断面をねらっていますが
やはり画面全体がベールを被っています

手持ち撮影です

■ 2014年11月4日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8





10
b0069128_1142508.jpg

動物会議

手持ちで 動物会議を撮りました

ブレないように ISOを6400に上げていますので ブレはありませんが
狙ったズマロン35mmのレンズ名が あまりシャープに写っていないようです

それと 画面中央のベールが気になります
こんど使うときまでに トイレットペーパーを切って特製フードを作ります

■ 2014年11月5日 ■ Cassar 105mm F4.5 with Bellows on SONY α7 ■ 絞りF8











by nakajimaakira1948 | 2014-11-06 11:52 | 105mmF4.5 Cassar | Trackback | Comments(20)

雪の結晶

2013年1月5日(土曜日)

明けまして おめでとうございます
本年も よろしくお願いいたします


昨年の12月28日、 ぎっくり腰になりました (涙)
原因はわかりませんが 朝起きたら腰がとても痛かったんです

それが少しマシになった大晦日に 風で飛んだ女房のオートバイのカバーを拾い上げるとき
あわてて上半身を曲げて 今度は「ギクッ」となり それからは座ったり立ち上がったりするたびに激痛でした

お正月は どこへも行けずに 椅子に座ったままでおせち料理で薩摩白波のお湯割りを飲み続け
人間奈良漬になっておりました

その甲斐があって きのう1月4日から少し痛みが引きました
で、痛みが引いてきた祝いに 雪の結晶を撮りました





1
b0069128_8595039.jpg

雪の結晶

あまり綺麗に撮れておりませんが 雪の結晶です

1月4日の朝、そろりそろりと(ぎっくり腰のため)ベランダに出てみますと
アルミの手すりの上に 小さいヒトデのようなものがくっついております

おお~、雪の結晶です
でも すぐに溶けそうです
そろりそろりと部屋に戻り キヤノンG7を持ち出して3枚撮ってみました

中央の上の結晶に ピントを合わせています
拡大して見ていただくと 雪の結晶だというのが判りますよぉ

■ 2013年1月4日 ■ Canon PowerShot G7 ■ マクロ設定





2
b0069128_949071.jpg

UV Topcor 200mmF4 on D700

ひさしぶりに持ち出したキヤノンPowerShot G7で 雪の結晶を撮ったあと
メディアを取り出してみると 1年半分ぐらいの間のいろいろな写真がありました

これは UVトプコール200mmF4 を、普通は付かないニコンのD700に付けています
自作したUV Topcor → M42 のアダプターと、ケンコーの M42 → ニコン のアダプターをダブルで使っております
UVトプコール200mmは 最短撮影距離が6mなので、分厚い M42 → ニコン のアダプターを使ったら
無限遠は出ないけれど薄い中間リングを使ったことになり 6mよりも近接写真が撮れるだろうと考えての事でした

さて 50年前の UVトプコール200mmの写りはどうでしょうか

■ 2012年7月8日 ■ Canon Power Shot G7





3
b0069128_1024746.jpg

UVトプコール200mmF4 を フルサイズ近接撮影

これが UVトプコール200mmF4を D700に付けて 絞り開放で撮ったものです
撮影距離は3mぐらいです

トプコール特有の シャープでありながら柔らかい描写です
画面中央の文字がしっかり読み取れます

■ 2012年7月8日 ■ UV Topcor 200mmF4 on D700 ■ 絞り開放F4





4
b0069128_1016763.jpg

MCミール20M on D700

こんな写真もありました

MCミール20M 20mmF3.5を やはりケンコーの M42 → ニコン のアダプターを使って
無理やりD700に付けております
当然 近接写真しか撮れません

■ 2012年7月11日 ■ Canon PowerShot G7





5
b0069128_10253252.jpg

コダック シグネット35

4枚目の ミール20mm+D700の組み合わせで撮ったものです

ピントは 外周のKODAKの刻印に行ってしまってますが
レンズ周りの 白いKodak Ektarの文字をねらったものです

■ 2012年7月11日 ■ MC MIR-20M 20mmF3.5 on D700 ■ 絞り開放F3.5





6
b0069128_10482952.jpg

古い写真も楽しい

容量の大きなメディアに 写真をいっぱい溜め込むのも面白いですねぇ

おととしの写真です
ペトリ フレックス-7 が届いて 嬉しさいっぱいのときで~す

■ 2011年11月24日 ■ Canon PowerShot G7





7
b0069128_10555669.jpg

なにすんねん

えへへ、かわいいです
「なにすんねん」って 言ってます

これも 一緒に入っていた おととしの写真です

■ 2011年11月13日 ■ Canon PowerShot G7 ■ 大塚公園にて





8
b0069128_1131830.jpg

ミミちゃん

ミミちゃん写真ですから これは新しいですね

去年の11月8日でした、生まれて53日目です
「なにすんねん」と 暴れています

おなかのうぶ毛が かわいいです

■ 2012年11月8日 ■ Canon PowerShot G7 



えへへ、コンデジ写真もええですねぇ

しかし カメラとワンコ写真ばっかり
ほかに撮るもんないんかぁ~











by nakajimaakira1948 | 2013-01-05 11:24 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(22)

非Ai ニッコール55mmF1.2 で

2011年10月8日(土曜)

10月になって 過ごしやすい日が続いております。

それで 非Ai Nikkor 55mm F1.2 を触っています。
ニッコールも ニコンF3ぐらいまでは どんなに古いレンズでも使い方を熟知しておりましたが
デジタルになってから どの非Aiレンズはどのカメラに使えるのかが判らなくなりました。

ニコンの使用説明書を読んでも 「Ai改造していない 非Aiニッコールは使えません」とだけ書かれております。
ただし わたしの経験では絞りリングが回転しづらくなりますが 使える非Aiニッコールもあります。

ニコンD70、D80では ハマるが回転できなかった非Ai ニッコール55mmF1.2ですが
「D700では使える」 ことは 以前にこのブログで言ったとおりで その作例もアップしました。

ただし D700での 非Ai ニッコール55mmF1.2を使う場合の注意としては
絞りリングの回転が非常に固くなりますので 絞り目盛りをF1.2に合わせてからレンズ交換し
レンズ交換後は絞りリングは回さない(まあ ちょっとやそっとでは回らないですが)ようにしています。

今回は、すべて絞り開放F1.2で フォーカスエイド(ピントが合うと AFと同じように〇印がでる)で撮ってみました。




1
b0069128_9503571.jpg

呼び鈴人形と古カメラ

フォーカスエイドは、〇印が灯いたり消えたりするところが 被写界深度内に入ったところで
灯きっぱなしになるところが ジャスピンだろうと考えておりますが
55mmの至近距離で F1.2開放では フォーカスエイドが敏感過ぎて (涙)

ピントは ペンタ部の minolta の文字に合わせています





2
b0069128_1041872.jpg

ニッコールたち

最短撮影距離付近です
35mmと記されたところにピントを合わせました





3
b0069128_10122679.jpg

ワインの栓

スパークリングワインの栓です
ピントは合っているのですが ソフトというかシャープネスがありません





4
b0069128_1017361.jpg

青衣の女

シャープさが足りないのかと 新聞を撮ってみました

ううむ、ピントが合った部分の活字はシャープに写っています
彩度が足りないのですねぇ





5
b0069128_10224671.jpg

ウィーンの酒場

彩度が足りなくても モノクロ写真ならどうだぁ
えへへ、ええ具合で~す

木村伊兵衛さん、1955年8月に写す





6
b0069128_10361497.jpg

レノボとブロワー

えへへ、シャープではないけれど 見たとおり写っています





7
b0069128_10363560.jpg

The Soul Of Spain

中国語では スペインのことを西斑牙と書きます

西斑牙之魂で 「スペインの魂」です
でも 西斑牙って何と発音するのでしょう

10元(当時150円)で買ったDVDです





8
b0069128_1037090.jpg

ひなたぼっこ

ダイエット中のコムギです

ひなたぼっこしながらも わたしが写していると感じるとじっとしません
フォーカスエイドを見ているようでは 動くものは撮れませ~ん



************************
■ 2011年10月6~7日撮影
■ Nikkor 55mm F1.2 + D700
■ 絞り優先オート、絞り開放 F1.2
■ ISO200 ~ 1600

************************


9
b0069128_1037288.jpg

非Ai Nikkor 55mmF1.2

きれいなマルチコーティングがなされています

5群7枚構成、ダブルガウス変型、最短撮影距離 50cm
1970年代の終わりに無理して買ったら しばらくして Ai Nikkor 50mmF1.2が発売されました (涙)

開放でもう少しシャープなら 屋外にも持ち出すんですが
まあ 410gの文鎮です

■ 2011年10月7日 ■ Canon PowerShot G7











by nakajimaakira1948 | 2011-10-08 11:27 | 55mmF1.2 非Ai Nikkor | Trackback | Comments(20)

ミランダS と 梅にんにく

オートミランダ2011年7月30日(土曜日)

ミランダというカメラ屋さんがあったのをご存知でしょうか。

1955年に 日本で初めてペンタプリズムを装着した35mm一眼レフを発売したメーカーです。
今日は ミランダSを紹介いたします。

暑さで食欲のなくなった酒飲みのかたに 梅にんにくの造り方も紹介しています。





1
b0069128_6272770.jpg

ミランダS

1959年に生まれたミランダSです
1955年製のミランダTから 低速シャッターを省いた簡易型です

1959年と言えば わたしはまだ11歳のころです
おばあちゃんに買ってもらったホビックス ジュニアというボルタ判のおもちゃカメラを持っていましたが
まだ漢字もしっかり読めないときで ミランダという名前は知りませんでした

ミランダSの仕様は 次のとおりです
■ 製造年:     1959年 製番594146
■ 型式:     ファインダー交換式35mm一眼レフ
■ シャッター:  布膜フォーカルプレーン式 不等間隔回転式ダイアル B, 1/30秒~1/500秒
■ レンズ:    ソリゴール ミランダ f=5cm 1:2.8 (藤田光学製)
■ マウント:   ミランダ44mm径 スクリュー
■ ミラー:     シャッター作動後ブラックアウト、巻き上げにて復元 
■ その他:    ノブ式巻上げ、ボディ前面水平押しシャッター

なおミランダSは 日本ではウエストレベル ファインダー付きで販売されましたが
輸出用はペンタプリズム付きもあったようで わたしのはアメリカからの出戻りでペンタプリズム付きです





2
b0069128_801979.jpg

ダブルマウント

ミランダの一眼レフは、44mm径のスクリューマウントと バヨネットのダブルマウントになっております

スクリューマウントのレンズの生産は早い時期に中止されましたが
ミランダは、最後の型でも初期のスクリューマウントのレンズが使えるように ダブルマウントのカメラを造り続けたのです

上の写真では、中央のSoligor Miranda 5cmF2.8レンズがスクリューマウントで
左のAuto Miranda 28mmF2.8と 右のAuto Miranda 50mmF1.8が バヨネットマウントです





3
b0069128_8172422.jpg

スクリューマウント と バヨネットマウント

この写真はヘタクソですね

外側のバヨネットマウントと 内側のスクリューマウントを見せたつもりだったんですが
どちらも良く判らないですね (涙)





4
b0069128_8251993.jpg

ファインダーを外して

ミランダはファインダーを ウエストレベルとペンタプリズムに交換できるのが特長でした
写真の巻き戻しノブの横の丸ポッチを左側にずらすと ファインダーが後ろに抜けます


 ウエストレベル ファインダーを付けたミランダS
b0069128_8324245.jpg   
  これが日本で発売された ミランダSの姿です

  【この写真はインターネットより】







5
b0069128_8254216.jpg

ペンタプリズム

外したペンタプリズムです
ペンタプリズムは、傷を付けぬように ガラス面を上にして置かねばなりませぬ


          日本初のペンタプリズム付き一眼レフ ミランダT
b0069128_8412882.jpg 

  
1955年発売のミランダTです
1948年発表の東独ツァイスのコンタックスSに遅れること7年
日本では旭光学のアサヒフレックスが まだウエストレベル付きのときでした

ニコンもキヤノンもまだ一眼レフを造れなかった 遠いむかしの事でした

わたしのミランダSと較べますと シャッターダイアル部下段に低速ダイアルがあるのと
巻き戻しがノブで 巻き上げノブ、巻き戻しノブのてっぺんに
黒塗装がないのが異なりますね
それと レンズは 帝国光学のズノーが付いています

ペンタ部下の社名も オリオンカメラになっていますね


           【この写真はミランダ研究会より】






6
b0069128_9231050.jpg

シャッターダイアル

ミランダSのシャッターは、不等間隔で Bと1/30秒から1/500秒までで 低速シャッターはありません
1軸回転式シャッターダイアルと呼ばれ 巻き上げ時にシャッターダイアルが回転します

巻き上げノブの基部にあるフィルムカウンターは、装填後に手動でゼロに合わせる必要があります

軍艦部にシャッターボタンがないでしょ
右下に見えている丸いものが シャッターです





7
b0069128_9113992.jpg

裏蓋を開けて

裏蓋を開けてみます
きれいな状態の布製シャッター膜と フィルムレールが見えます

このミランダSは、eBayで 5cmF2.8付きでMint(新品同様)というのを140ドルで買ったんです
実際は新品同様ではなかったですが コンディションは非常に良いものでした





8
b0069128_9335697.jpg

ソリゴール ミランダ

藤田光学製の ソリゴールミランダ5cmF2.8 です

最短撮影距離は40cm弱、*3群4枚のテッサー型と思われ 青色と薄紫色の単層コーティングが施されています
距離リングのようなポッチのついたレバーで プリセット絞りの開閉を行います

鏡胴の一番前のリング(フィルターのネジがあるところ)が ブロンズ色になっているのが変わっていますね
それと Soligor Miranda の文字がヘタクソで 手書きで描いたようです

このレンズどこで造ったか なかなか判らなかったのですがアメリカのミランダ研究家の論文で判りました
日本のミランダ研究会でも 最近になって藤田光学製と記されているようです

なお藤田光学は フジタ66というブローニー判一眼レフで有名でしたが
1957年に日本で初めてのレトロフォーカス式広角レンズ フジタ35mmF2.5を造ったレンズ屋さんでありました


*【訂正】2014年9月22日

藤田光学製の ソリゴールミランダ5cmF2.8は 3群5枚構成でした





9
b0069128_9552591.jpg

レンズいろいろ

えへへ、全部ミランダマウントです
ミランダSに のちのオートミランダ28mmF2.8を付けたところです

JCII (たしか日本光学製品検査協会だったかな) の 「PASSED」のワッペンが貼られています





10
b0069128_9561166.jpg

こんなんもあるよ

いひひひひ、最近手に入れた ミランダセンソレックスです
このカメラに、オートミランダの28mmと 50mmF1.8が3本と 2倍のテレコンバーターが付いていたのです
カメラは要らんかったんですが 新品同様のオートミランダ28mmがどうしても欲しくて (^^)

カメラにレンズ4本とコンバーター、全部付けて eBayで50ドル(約4千円)でした ♪♪♪
海外発送不可だったので 「セカイモン」で落としました





11
b0069128_957686.jpg

ファインダー外し

ミランダ センソレックスも やっぱりファインダーを外してみました



おわり


******************************
 ■ 2011年7月27日
 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D + D700
 ■ スピードライト ON

******************************





「梅にんにく」
暑さで食欲の無くなった酒飲みのかたへ
むかし 母方のおじいちゃんが食べていた 簡単な料理を紹介します

12
b0069128_10261671.jpg

材料

用意するものは 「梅ぼし」 と 「にんにく」 です

写真では「梅ぼし2個」に 「にんにく2個」ですが、「梅ぼし2個」に 「にんにく1個」の割合です





13
b0069128_10264834.jpg

おろして つぶします

「にんにく」を おろしでおろします
「梅ぼし」を 手でつぶします

写真では 「にんにく1個」と 「梅ぼし1個」です





14
b0069128_10273964.jpg

まぜる

まぜます

コツは全部一度にまぜず ちょっと食べて味を確かめながらまぜます
ええ味になったときに食べます





15
b0069128_10281479.jpg

焼酎ロック

味を確かめるまえに 飲み物を用意します

ビール、焼酎ロック、ウィスキーロック、冷酒、ワインなど なんでも合うと思います
コツは 14枚目で味を確かめるまでに 飲み物を用意しておくことです


*********************
 ■ 2011年7月29日撮影
 ■ Canon Power Shot G7

*********************











by nakajimaakira1948 | 2011-07-30 10:58 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(12)

コムギの右前足

2010年7月4日(日曜日)

タイから帰った6月22日、コムギの右前足にテープが巻かれていました。

足にイボというか小さなピンクの肉球が出来て それをナメまわすので
女房が動物病院に連れて行ったのでした。

手術するには全身麻酔をかけねばならず 様子をみましょうと言う事で
ナメれないようにテープを巻いております。
先週にも動物病院へ行って 「だいぶ枯れて来ている」と言われたそうです。

コムギはテープを嫌がり 舐めて外してしまいます。
女房がコムギを抱きかかえて、わたしがテープを張り替えているのですが
わたしが見るかぎり小さな肉球に 変わりはありません (涙)

あした また動物病院へ行きます。





1
b0069128_1293541.jpg

散歩行けないよ~

別に「痛い」とか歩けないといったことは無いのですが
散歩に連れて行ってもらえないので ふて腐れています


■ 2010年7月4日撮影
■ Domiplan 50mm F2.8 on E330
■ 絞り優先オート F4
■ ISO100
■ 露出補正 -1 EV





2
b0069128_1210561.jpg

えっ、散歩行くの~

ちょっと 「さんぽ」と言ってみますと ガバッと顔を上げます
「アカンよ~」

以前に 頭にイボみたいな肉球ができたことがあるのですが
本人(犬)には判らないし ナメることも出来なかったので いつの間にか無くなっていました


■ 2010年7月4日撮影
■ Domiplan 50mm F2.8 on E330
■ 絞り優先オート F2.8 開放
■ ISO100
■ 露出補正 -1 EV





3
b0069128_14162353.jpg

Domiplan 50mm F2.8 on E330

きょうのコムギの写真は この組み合わせで撮っております。
オリンパスのE330に、メイヤー光学製 3群3枚構成の ドミプラン50mmF2.8を付けています。

撮影状況によっては 強烈な「ぐるぐるボケ」が出るだろうと楽しみにしておりますが なかなか出ません。


■ 2010年6月4日撮影
■ Canon Powershot G7
■ プログラムオート F3.2、 1/8秒











by nakajimaakira1948 | 2010-07-04 14:35 | 50mmF2.8 Domiplan | Trackback | Comments(18)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30