タグ:Exakta VX1000 TL ( 1 ) タグの人気記事

美しいカメラ (その-3)

2013年10月26日(土曜日)

わたしは 良く写る現代のデジタル一眼レフも好きですが
むかしの一眼レフが もっと大好きです

わたしが 35mm判一眼レフで育ったことが影響しているのだと思いますが
ライカなどのレンジファインダーでは決して見られない ボケの中からだんだんクッキリした姿になってくるのが好きなんですよ




1
b0069128_937498.jpg

TOPCON PR

1959年発売の日本初の35mmレンズシャッター式一眼レフ トプコンPR です
レンズは トプコール50mmF2.8が付いています

このカメラ、中古良品を買って 1週間で壊れてしまいました
巻き上げレバーを巻き上げて戻すと ミラーが上がったままになりました
いろいろ弄(いじ)くっていますと 巻き上げレバーが動かなくなってしまいました (涙)

レンズ固定のカメラですので レンズだけを外して楽しむことも出来ません
修理にも出さず、泣きながらその美しい姿を眺めております





2
b0069128_9473149.jpg

TOPCON uni

1964年の 日本初のレンズシャッター式EE一眼レフ トプコンユニです
ビハインド式のレンズシャッターを使用しており レンズ交換が可能です

レンズは UVトプコール53mmF2 が付いています
このレンズは UVトプコール35mmF3.5と共に抜群の写りを見せます

米国の代理店だったベセラーが加わったと言われるデザインは 1963年のトプコンREスーパーと似ております





3
b0069128_1041436.jpg

Exakta VX 1000TL

1966年にフォトキナで発表された イハゲー社最後のエキザクタ VX1000の最終ヴァージョンです
これ以降のエキザクタは 同じドレスデンのペンタコン製か 日本(コシナやペトリ)製となって行きます

写真のレンズは 東独ツアィスイエナ製の パンカラー50mmF1.8です
シャープネスは西独カールツアィスのプラナー50mmF2に負けませんです





4
b0069128_10274943.jpg

Exakta RTL1000

1970年のエキザクタRTL1000です
このカメラはオリジナルのエキザクタを造っていたイハゲー社製ではなく
巻き上げレバーやシャッターボタンが右側に移った東独ペンタコン製です

しかし 初期のシャッターボタンを押すと絞り込まれて最後にシャッターが切れるエキザクタのレンズが使えるように
左側にもシャッターボタンが付いています
またエキザクタの特長であるファインダー交換も出来るようになっています

写真のレンズは、日東光学のテレコミナー105mmF3.5エキザクタマウントです
日東光学は、低価格で安定した性能のプリセットレンズを 多くのマウントで製造しておりました





5
b0069128_1045356.jpg

アサヒペンタックス SP

1964年、言わずと知れたアサヒペンタックス SP です

右肩にスポットマチックと彫られていますが、これは1960年にフォトキナで試作品が発表されたときに
スポット測光が採用されていて名付けられたものですが、4年後の実機では平均測光になっていました
しかし 旭光学は話題になったSPOTMATICの名前を そのまま使用したのです

レンズも言わずもがなの スーパータクマー(琢磨)55mmF1.8です





6
b0069128_10571737.jpg

キヤノンデミ EE17

1966年の キヤノンデミ EE17 です
可愛い可愛いキヤノンデミ

レンズは キヤノンレンズ30mmF1.7です

オリンパスペン以降 爆発的に流行したハーフサイズですね
まだフィルムが高価だった1960年代、20枚撮りが倍の40枚撮れると人気でした
でも米国では フィルムの売れ行きが半分になってしまうのでコダックが大反対

キヤノンデミ EE17、距離計が無いのに明るい30mmF1.7レンズが付いています
絞り開放では 良くピンボケ写真をつくりました





7
b0069128_11101156.jpg

ニコマートFT

1964年製のニコン初のTTL(Through The Lens)露出機 ニコマートFTです
縦走り金属製シャッターのコパルスクェアーの採用もニコン初でしたね

ニコンの名前が付かないニコレックスなどは マミヤのOEMでしたので
最初はこのニコマートもマミヤ製かと思っていましたが このニコマートはニコン製でした

なんでニコン製って判るのん?
巻き上げレバーの感触が ニコンの滑(なめ)らかさです

このニコマートFT、神戸大地震のとき棚から落下しペンタプリズム部にヘコミが出来てしまいました
写真では判らないようにカメラを斜めに置いています (涙)

レンズは大分あとの マイクロニッコール55mmF2.8Sを付けています





8
b0069128_11335396.jpg

ニコマートEL

1972年のニコン初のEE露出一眼レフ ニコマートEL です
このニコマートEL、発売後10年以上経った1984年に50mmF1.4付きの新品が大放出され
運良くその1台をゲットすることが出来ました

1974年のカメラ綜合カタログを見ますと、ニコンFが10万円で ニコマートEL は9.8万円 けっこう高かったのです
でも 今とは違って手作りみたいなICの時代です、ICの在庫はもうありませんので ICが壊れたら修理不可能です





9
b0069128_11555288.jpg

ニコンF2 フォトミックS

1973年に発売された ニコンF2 フォトミックS です
今見ると 2段屋根のフォトミックファインダーが巨大ですねぇ

ニコンが「ここまで出来ますぜ」と自慢したかったのか EEコントロールユニットDS-2という別売装置を付けると
シャッター速度優先EE露出が出来ましたが その遅さといったら「ギュイ~ン」と音がして絞りリングをゆっくり回しました

写真のレンズは いわゆるヨンサンパーロク ズームニッコール43-86mmF3.5です
普及価格ズームの走りのAi 版で 格好は良いですが写りは酷(ひど)いものでした





10
b0069128_1241321.jpg

ニコンV1

2011年のニコンV1、10mmF2.8付きです

フォーマットはハーフ(APS-C)サイズよりもまだ小さくて
35mm判に換算すると焦点距離は2.7倍に伸びて 27mmF2.8となります

なんや、タイトルの美しいカメラと違うんかぁ?
いやっ、なかなか美しいカメラだと思うのですが ・・・



*******************************
 ■ 2013年10月25日撮る
 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on D700
 ■ 絞り優先オート、絞りF8
 ■ ISO1600
 ■ Speedlight ON

*******************************


おまけ
b0069128_1257437.jpg

フジカシックスIIC 保証票

1952年の フジカシックスIIC の 保証票です

富士は 3ヵ年保証していたんですねぇ

良い時代だったですねぇ

■ 2013年7月23日 ■ AF Nikkor 28-105mm on D700











by nakajimaakira1948 | 2013-10-26 13:08 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(6)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30