タグ:Kodak Signet 35 ( 1 ) タグの人気記事

コダック シグネット35

2012年4月7日(土曜日)

あの大コダックが 破産法の適用を申請してしばらくになります

どうしているのかなぁ~、コダック




1
b0069128_1341645.jpg

皮ケース

古いコダックの皮ケースです
Kodakのネームが 誇らしげです





2
b0069128_13431535.jpg

MADE IN U.S.A BY EASTMAN KODAK COMPANY

うんっ?
Made in USA by Eastman Kodak Company との刻印があります





3
b0069128_13481349.jpg

Signet 35

1951年から58年まで 米国コダックで造られた コダック シグネット35です

前の持ち主が 電動ツールで磨いて途中で止めたような跡が見られますが
完動品で良い写真が撮れました

米国コダックは、多くの安物カメラも造りました
安く、多くの人々にカメラを売れば 本業のフィルムは必ず売れるからです

シグネット35は アメリカで95ドルで売り出されました
当時のUSドルは 360円/ドルの固定相場でしたので 換算すると3万4千2百円になります

日本では1957年にフランク永井の 「僕の給料1万3千8百円」という歌が流行りましたので
若いサラリーマンの給料の3倍近く、今で言えば40~50万円ぐらいになる高価なカメラだったのです





4
b0069128_1461942.jpg

Ektar 44mm F3.5

レンズは エクター44mmF3.5 です
このシグネット35は 今でも熱烈なファンが多いので有名ですが
それは すべてこの3群4枚構成のエクターレンズの写りによるものと思われます

わたしの記憶から申しますと、開放でピントの合ったところの解像力はツァイスのテッサー50mmF3.5 とほぼ同等で
うしろボケが テッサーよりもやや大きい感じで 結構美しいボケでした


ところでレンズに製造番号が RR14571 とありますね
これは 1955年製の14571番ということです

コダック ロチェスター工場では、この工場で造ったレンズの製造番号の前2桁に
CAMEROSITY というアルファベットを 1、2、3 ~ 0 の代わりに使って 製造年を表していたのでした
RR14571ならば RRが製造年ですので R=5、R=5で 55 すなわち1955年製ということです

【追記】2014年5月12日
ところで、この製造年の略号の CAMEROSITY とは どこから来たんでしょう?
むかし読んだカメラ雑誌(朝日ソノラマの「クラシックカメラ専科」だったかなぁ)には

1. ロチェスターはカメラの街なので CAMERA CITY
 6番目のAと7番目のCは 2番目と1番目に出ているので
 それぞれ近い発音のOとSに替えて CAMERO SITY にした

2. 英語の好奇心の意味の CURIOSITYからとった

と 二つの説が書かれていましたが、最初の説が正しそうな気がします
コダックの関係者に聞いてみたいですね





5
b0069128_14281047.jpg

赤いコダックマーク

この赤いコダックのロゴは どうなんでしょうね
レンズの Kodak 300 Shutter との彫り込みの内側にも赤いリングがありますが 安っぽく見えませんか (^^)

ライカが赤いライカマークを付け出したのは ライカM6からでしたので ず~っとあとからです
ライカでも赤マークを嫌うひとは結構多いらしく 限定品などでは黒マークやマーク無しにしている機種も見られますね

おっと、ニコンも1980年のF3から ジュージアーローの赤い線がグリップ部に入りました
わたしは あの赤がイヤで、発売から1年間 購入を見合わせました





6
b0069128_1447251.jpg

軍艦部

軍艦部はシンプルです
巻き上げノブ と 巻き戻しノブ と フィルムカウンターしかありません

巻き上げノブの回転方向が 反時計まわりなんですが
そのために 「回転方向を示す矢印が書かれている」と コダックは言うんでしょうね
ギアーを1枚加えれば 時計方向になるのに





7
b0069128_14564030.jpg

仕様

二重像合致式レンジファインダーです
小さいファインダーですが 三角形の距離計像が結構明るく 暗いところでも距離合わせが可能です

セルフコッキング(巻き上げることでシャッターチャージも行なう機構)にはなっておらず
巻き上げて、絞りを決めて、シャッター速度を決めて、距離を合わせて それからシャッターをチャージします

二重写し防止(巻き上げないとシャッターレバーが下がらない)機構にはなっていますが
ボディシャッターではなく レンズ横のレバーを押し下げるシャッターレバーですので
シャッターチャージは 絞り・シャッター速度・距離の全てを決めてからチャージしないと
指がシャッターレバーに当たって シャッターが切れてしまうおそれがあるのです





8
b0069128_15184085.jpg

鋳物

裏蓋(うらぶた)は 完全に本体から離れます

ボディ本体、裏蓋ともに 分厚いアルミニューム系軽金属鋳物を使用しております
このあたり1950年代の日本製カメラとは違って 使っている部材の材料がだいぶ高級ですね





9
b0069128_15343548.jpg

露出計算板

裏蓋には 露出計算板が付いています
フィルム感度と お天気を合わせると 絞りとシャッター速度の組み合わせが読み取れるものです

写真では、フィルムをプラスX(=ASA100)に お天気を「Bright Sun=快晴」 に合わせています
計算板は、1/300秒で 絞りF8強、1/100秒で 絞りF11とF16のあいだ、1/50秒でF16とF22のあいだ と
3通りの組み合わせになることを示しており 1/25秒ではF22でも絞り切れないことを示しております

まぁ、お天気が 「快晴」 「晴れ」「曇り」の3種類だけですので
わたしの人間露出計ちゅうか カンジニアリングと大差ありません





10
b0069128_15534684.jpg

大きさ比べ

コダック シグネット35は、小さい松下さんのミラーレスG1より 横幅は1.5cmぐらい短く 背は高いです
重さは実測で500g強です

シグネット35、アメリカでのニックネームはミッキーマウスです
顔には見えますが ミッキーとは全然似てませんので 小さくて可愛いぐらいでついた愛称でしょう

もしこのシグネット35が壊れたら エクターだけ外してなんとかM42マウントに出来ないかなぁ~
なんて考えています (^^)





11
b0069128_1612294.jpg

PCの横で

う~む、やっぱり赤いマークが目立ち過ぎですね





12
b0069128_1615281.jpg

1950年代のトリオターと

そんな訳で、目立ち過ぎのシグネット35は
ぐじゃぐじゃの本棚のうえで やはりピカピカで目立ち過ぎるトリオター135mmの横におります

コダック頑張れ


*******************************
 ■ 2012年4月6日~7日 撮影
 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on D700
 ■ 絞り優先オート

*******************************












by nakajimaakira1948 | 2012-04-07 16:23 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(12)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28