タグ:Konica II ( 1 ) タグの人気記事

コニカⅡの こと

2012年5月26日(土曜日)

前回のブログの1枚目で ちょっと見えていたコニカⅡです。

わたしが働き出した40年まえ頃の話しです。

初任給は4万円でしたが、税金、社会保険や寮費などを引かれて 手取り2万6千円
初めて給料を貰った夜、同期たちと飲みに行って 次の朝に上着を探しても お札は1枚も残ってませんでした。
百円玉がズボンや上着のポケットから ポロポロ出てくるばかりでした。

そんな貧乏なとき、上司のS係長が 「おまえのアルミ自転車と わしのクラシックカメラを交換せんか」と言います。
中学2年のときに親父に買ってもらった ミノルタSR-1だけを後生大事に使っていたわたしは
うれしさを押し隠して 「まずそのカメラを見せてください」と頼みました。

アルミ製自転車は買ったときは高かったけど もうだいぶボロボロになっていたし
見せてもらったカメラは 皮ケースは古る~くなっていましたが 細かいめっきが美しいカメラでした。
トレード成立です。

しばらくして 写真クラブで 自慢そうに交換したカメラを見せていたら
年配のM係長が 「おっ、僕がSさんにあげたコニカやないか。なんで nakajimaくんが持ってるのん」 と。
おっと、S係長うまくやりよったなぁ。

M係長から 「これを買ったときは滅茶苦茶高かったよ。 給料の3ヶ月分ぐらいだった」 との話しを聞いて
まあ あの自転車との交換ならば わたしも得をしたと思ったものでした。


コニカⅡは、そんな経緯(いきさつ)で手に入れた わたしの古カメラ第1号機なのです。
あれから40年経って 古カメラも歳の数ほどに増えてしまいましたが
いまでも 宝物のようにとても大事にしている コニカⅡです。





1
b0069128_1446522.jpg

コニカⅡ

コニカⅡとは こんなカメラです

自転車と交換後 すぐカラーフィルムを通してパチリ、発色は昔の色でしたが
ヘキサノンの解像力にギョッとしました


コニカⅡの仕様を書いてみますが 何の特徴もありませんね

■ 1951年(昭和26年)製 レンジファインダー型
■ レンズ : 小西六ヘキサノン50mmF2.8 (3群5枚) 単層膜コーティング
■ シャッター : コニラピッドS  B, 1~1/500秒
■ ファインダー : 二重像合致式 倍率約0.6倍ぐらい
■ 巻き上げ・巻き戻し : ノブ式
■ シンクロ : F 接点
■ セルフコッキング : なし (フィルム巻上げとシャッターチャージは連動していません)
■ セルフタイマー : なし (鏡胴のレバーに糸を付けて引っ張れば代わりになります)
■ I と T 切替 : T にして シャッター速度Bで タイム露出が可能です
■ 寸法 : 126 x 76 x 59mm
■ 重量 : 約690g





2
b0069128_15124531.jpg

ヘキサノン 50mmF2.8

レンズには Konishiroku No96349 Hexanon 1:2.8 f=50mm の刻印があります

1948年の小西六はじめての35mm判カメラ コニカⅠには ヘキサー50mmF3.5 が付いていましたので
半段ほど明るくなったわけです


b0069128_1523305.jpg 【コニカの歩みより】
コニカⅠ、1948年製 ヘキサー50mmF3.5 付き

ううむ、これもほしいです







3
b0069128_15342611.jpg

Konirapid S

コニラピッドS という 小西六の自社製のシャッターが付いています

1/100秒の印の上のレバーが シャッターチャージレバーです
シャッターボタンは ボディシャッターで、巻き上げしてはじめて切れますので 二重写しは防止されています

ところが、鏡胴の向かって左側のレバーは多重写し用のレバーで
これを押し下げますと チャージしたシャッターがいつでも切れますので
シャッターチャージは 絞り・シャッター速度・距離の調節が終わってからチャージしないと
多重写しレバーに指があたってシャッターが切れてしまうことがあります

まあ、レンズシャッターカメラでは セルフコッキング(巻き上げでシャッターもチャージされる)式でも
シャッターチャージより先にシャッター速度を決めておくのが むかしは常識だったです
これは 1/500秒などの最高速度に合わせる場合と低速に合わせる場合で チャージするスプリングの張りが異なるからです

セルフタイマーはありませんが 多重写し用レバーの先端には丸い穴が明いており
ここに糸を巻きつけて引っ張るとセルフタイマーの代わりになります





4
b0069128_165175.jpg

I と T の切替

I (インスタント露出)と T (タイム露出)の切替はボディ側にあり クリックが効いてカチッと決まります
星座を撮るときなどは シャッター速度をバルブ(B)に合わせて この切替をTにすると
タイム露出になります

コニカの金属キャップはアルミ製ですが 浮き出したKonicaの文字にメッキを施してあり美しいです
内側には 抜き差し時にヌルッとした感触が得られるように布が貼り付けられています





5
b0069128_1619111.jpg

ダブルヘリコイド

これが普通に使っているときの鏡胴の姿です

無限遠に行ったときに 距離調節リングに付いたノブを引き上げてさらに回しますと
写真の鏡胴の細くなった部分がボディに沈胴されるダブルヘリコイドになっています

説明が判りにくいですね





6
b0069128_16252683.jpgb0069128_16261639.jpg

沈胴

えへへ、判りやすいでしょ
沈胴です

でも わざわざダブルヘリコイドにしている割りに 沈胴できる距離が短いですね





7
b0069128_1729286.jpg

もう一度

もう一度 コニカⅡを眺めてみます
うう~ん、かっこええ





8
b0069128_16471676.jpg

コニカⅢA

うひひ、こんなんもありま~す

ずっとあとになって 中古で買ったコニカⅢA です

ブライトフレームが パララックス補正だけでなく 撮影距離によって伸び縮みして画角まで調節するファインダーで
「生きているファインダー」 と呼ばれた オールドコニカ最後を飾る傑作機です

■ 1958年(昭和33年)製
■ レンズ : ヘキサノン 48mmF2 (5群6枚)
■ シャッター : セイコー MXL ライトバリューシャッター B, 1~1/500秒
■ ファインダー : 画角・パララックス自動補正、倍率1倍
■ 巻き上げ : 鏡胴左側のレバーによる2回巻き上げ
■ セルフコッキング
■ セルフタイマー付き
■ 寸法 : 127 x 80 x 63
■ 重量 : 800g


ファインダーが等倍で、生きているファインダーでレンズも明るく 使い易いはずなんですが
わたしは シャッターのライトバリュー式(一度明るさを決めると 絞りとシャター速度がリンクして変わる)が気に入らず
コニカⅢAには フィルムを数本通しただけで~す

写りは 現代(と言っても20年ぐらいむかし)のレンズと何も変わりません



【訂正】2016年12月29日
コニカIIIAを入手して どうもライトバリュー式シャッターが使いにくいと思っておりました。
ところが コニカIIIの使用説明書を良く読みますと わたしが勝手に使いにくいと思っていたことが判りました。
コニカIII(IIIAも同じです)を上から見て、ライトバリューリングの左側だけを手前に押し下げると
絞りリングだけを自由に設定できると説明してありました。

実際にやってみますと その通り自由に絞りリングが回ります。
う~む、これでライトバリュー式シャッターの使いにくさは消えました。うれしい~ ♪♪♪

すまぬ、コニカさん
わたしが 使用説明書も良く読まずに 一人で使いにくいとほざいていたのです。





9
b0069128_17132641.jpg
記念写真

自転車と交換のコニカⅡと 生きているファインダーのコニカⅢA の記念写真です

なぜか アールデコ調のコニカⅡ(右)のほうが新鮮な感じがします



*******************************
 ■ 2012年5月26日撮影
 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D + D700
 ■ 絞り優先オート

*******************************











by nakajimaakira1948 | 2012-05-26 17:33 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(14)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30