タグ:Lumix G1 ( 54 ) タグの人気記事

2020年6月7日(日曜日)

懐かしい オリンパス ペンFT の F. ズイコー(瑞光)38mm F1.8 です





オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21211762.jpg

F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Olympus FT

かっこええでしょ

1966年の オリンパス FT に F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 が 付いております

レンズは 1963年の オリンパス F に付いていたものと同じですが
オリンパス FT が TTL露出計付きになったので TTLナンバーが付いています


仕様

概要:     1966年発売 35mmハーフサイズ ペンF シリーズ標準レンズ
正式名称:   F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8
焦点距離:   38mm(35mmフルサイズ換算 約53mm)
明るさ:    F1.8
レンズ構成:  5群6枚
最短撮影距離: 35cm
絞り羽根:   5枚
コーティング: アンバー系(だいだい色)と シアン系(薄青色)の 単層膜コーティング
フィルター径: 43mm
重量:     138g
発売時価格:  9,800円

■ 2020年6月3日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700





2
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21222715.jpg

F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Lumix G1

このたび PEN-F ⇒ マイクロ4/3 マウントアダプターを入手しました

57年もむかしの オリンパスの ペンFシリーズのレンズは今でも人気があり
群馬県の Discover Photo さんで 難なく入手できました

カメラは 世界初のマイク4/3フォーマットのミラーレス一眼 Lumix G1 です
ピカピカの新品のLumix G1 と言いたいのですが 黒いつや消し塗装が劣化してズルズルになったので
重曹水で丹念に磨いて 劣化塗料を落としたものです


Zuiko 38mm F1.8は ハーフサイズ用のレンズですので イメージサークルが小さくて
35mmフルサイズでは 4隅がケられるだろうと考え 焦点距離は2倍になるけれど μ4/3サイズを選びました

小型の Lumix G1 に、やはり小型の ズイコー38mmF1.8
まことに 良く似合っていると思います


それでは Zuko 38mm F1.8 を Lumix G1 に付けた 絞り開放写真に行ってみましょう

■ 2020年6月3日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700





3
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21263418.jpg

本棚の上

う~む、57年むかしのレンズとは思えない写りです

すこし コントラストが弱いような気がしますが
これは 単層膜コーティングのせいにしておきましょう





4
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21274991.jpg

歪曲収差テスト

歪曲収差は みじんも認められません

少しコントラストが弱いのは 3枚目の「本棚の上」と 同様ですね





5
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21243135.jpg

F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Lumix G3

ズイコー38mm F1.8 を Lumix G3 に付けてみました

ひょっとして コントラストが弱いのは 1200万画素の Lumix G1 の せいかと考えて
1600万画素の Lumix G3 ならどう写るでしょうかと・・・

■ 2020年6月4日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700





6
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21283053.jpg

なんだよ~

わたし   「ミミちゃん」
ミミちゃん 「なんだよ~」

ミミちゃんの左眼(右側に写っている眼です)が シャープに

トプコール、ニッコールと共に ズイコーも近接撮影に強かったですねぇ





7
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21283640.jpg

遠景

このマウントアダプターは 少しですがオーバーインフィニティの設計になっています
無限遠が出ないマウントアダプターより ずっと好きです

遠景を撮るとき、オーバーインフにならないように気を付ける習慣が身に付きます





8
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21295210.jpg



おひさまっこ保育園

う~ん、ピントが合っていないようで ちゃんと合っている
こんな写りが大好きです

ピントは おひさまっこ保育園の3階の手すりです





9
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21311315.jpg

トリスおやじ

トリスおやじ が コップのお風呂に入っています

もともと 焦点距離38mmで35cmまで寄れるのに
マイクロ4/3で撮っているので 焦点距離76mmで35cm・・・マクロレンズ並みです





10
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21313085.jpg

100円わんこ

むかし 兄貴一家が住んでいる幕張に行ったときに買った 100円ワンコです

花びらフードの上で曲芸しているみたい





11
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21315243.jpg

ネズミくん

ちゅうちゅうネズミくん あんた可愛いおめめしてるねぇ

モニターに大きく写った Steve の Flickr写真を、ズイコー38mmF1.8 の 最短撮影距離で撮りました

ピントは甘くありません、もとの写真が甘いのですねぇ Steveさん





12
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_08215427.jpg



さかなとり

散歩に出ると いつも撮る「さかなとり」です





13
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21322803.jpg

合流点

いつも 右側の天竺川が大きく撮られているので
この日は 左側のうさぎ川を まっすぐに見えるように撮りました

「うさぎ川」小さな川ですが 可愛い名前の大好きな川です





14
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21325554.jpg



HONDA

やわらかい写りの ズイコー38mmF1.8 で
やわらかい色の ホンダをねらっています

残念ながら この日は日差しが強烈過ぎて やわらかく撮れません





15
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21331001.jpg

駐輪場

夏の日差しですねぇ

旭ヶ丘団地の駐輪場です





16
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21333310.jpg

ベンチ

ゆるいカーブ状に曲がったベンチ

基礎の赤レンガも 背もたれの緑のパイプも 同様に美しく曲げられています





17
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21345298.jpg



つつじ かなぁ

コンクリートや石の単調な色合いの中で ひときわ鮮やかに咲いている

つつじかなぁ





18
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21351137.jpg



Ball Street

ボール通りも暑そうでした





19
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21352544.jpg



ミミちゃんの視界

この日は 肉球がヤケドしそうで連れて来なかったけど
ミミちゃんの視界は こんなんかなぁ





20
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_21354300.jpg



いもうと

おにぃちゃんが取ったバケツのさかなを見て 驚いている妹です

反り返った指先に 驚きが現れていますねぇ





21
オリンパス F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 で_b0069128_09244164.jpg

夜景

失敗作です

どこにもピントが合っていないように思えます

暗いのでピント合わせが ええ加減になったのか
あるいは オーバーインフィニティになったのでしょうか




*****************************************************
 ■ 2020年6月3日 & 4日 撮影
 ■ 1,2 & 5枚目 AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700
 ■3 & 4枚目 F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Lumix G1
 ■ 6~21枚目 F. Zuiko Auto-S 38mm F1.8 on Lumix G3
 ■ すべて 絞り優先AE、絞り開放 F1.8

*****************************************************

ズイコー Auto-S 38mm F1.8 の 写り、いかがだったでしょうか
被写体は いつも撮っているものが多いですが
それらを全部 ズイコー38mmF1.8 で撮り直してみたいと思うような描写でした


わたしは、マイクロ4/3マウントを ソニーαの NEXマウントに変換するブリッジアダプターを持っているのですが
なぜか ズイコー Auto-S 38mmF1.8 を付けると
マイクロ4/3マウントにブリッジアダプターが付かない事が判りました

4隅がケられても フルサイズで 焦点距離38mmの写真も撮ってみたかったのですが・・・









-


by nakajimaakira1948 | 2020-06-07 09:48 | 38mmF1.8 F. Zuiko | Trackback | Comments(6)

ふたつの ニッコール

2009年3月27日(水曜日)

きょうは、素晴らしく良く写るが 醜い外観の Ai AF Micro Nikkor 60mmF2.8D と
仕様はだいぶ旧式になってしまったけれど まだ良く写る Nikkor-H Auto 28mmF3.5 を 引っ張り出しました





1
ふたつの ニッコール_b0069128_09190145.jpg



レンズキャップ外してぇ

Ai AF マイクロニッコール 60mm F2.8 D を D700に付けて撮りました


ワンコ 「おとうちゃ~ん、このレンズ 好きだよぉ。レンズキャップを外してぇ」
わたし 「よしよし、外してあげよう」





2
ふたつの ニッコール_b0069128_09190810.jpg

これ なんていうの?

ワンコ 「わ~い」
わたし 「このレンズは 世界で初めて 2層膜コーティングを施した 緑のロッコールちゅうレンズや」
ワンコ 「きれいなレンズやねぇ、ボディは?」
わたし 「ミノルタ SR-1s と言って、SR-1 の 最終機で 1/1000秒が付いてるねん」





3
ふたつの ニッコール_b0069128_09191338.jpg




あやつりにんぎょう

あやつりにんぎょうの 少年の眼にピントを合わせています

焦点距離は 60mmで 明るさはF2.8 最短撮影距離は 21.9cm で 等倍撮影が出来ます

60mm F2.8D の 最後のサフィックスの「D」は、撮影距離情報をボディに伝える機能があることで
Distance の 略号です

1枚目と2枚目の写真は 内臓スピードライトをONにして ワンコの眼にピントを合わせていますが
最短撮影距離でも 内臓スピードライトが明るすぎることもなく調節されています





4

ふたつの ニッコール_b0069128_09191627.jpg

外観が

機能上 なんにも文句を付けるところの無いレンズですが
残念ながら 外観が醜いです

鏡胴の最外装が プラスティックで出来ているのが その最大の原因だと思われます





5
ふたつの ニッコール_b0069128_09192470.jpg

本物

ミミちゃんが 小さく写っています

これは 1960年から1971年まで造られた ニッコール最初の 28mm レンズ
Nikkor-H Auto 28mm F3.5 で 撮りました

焦点距離が28mmなのに その最短撮影距離は 60cm と 非常に遠いのです
でも 最短撮影距離が60cm と 遠い以外は 言うことのないレンズです

ミミちゃん 「1枚目や2枚目のプラステイックのワンコより やっぱり本物がええやろ」
わたし   「うぅぅ、これでも最短撮影距離や」





6
ふたつの ニッコール_b0069128_09192844.jpg



隅っこの あやつりにんぎょう

あやつりにんぎょうたち 「もっと大きく撮ってよ」
わたし         「きみたち、拡大して見たら シャープに写っているよ」


これで 最短撮影距離です





7
ふたつの ニッコール_b0069128_10243448.jpg




Nikkor-H Auto 28mmF3.5

わたしの Nikkor-H Auto 28mmF3.5 は 最終期の 1971年製ですが
1960年製のものと何にも変わっておりません

金属ローレットのフォーカスリングの塗装が剥げ出し 地金が見えて来て 貫禄が出てきました

ボデイが Ai になったとき、新品のボデイを 1台買えば
ニコンで 非Ai レンズを1本だけ 無償で Ai 仕様に改造してくれるサービスがあって
ニコンFMを買ったときに Ai 改造してしまいました

いま考えると 元の非Ai 仕様のままにしておけば良かったと思います



******************************************************
 ■ 2019年3月26日 & 27日 撮影
 ■ 1,2,4 & 7枚目 Ai AF Micro Nikkor 60mmF2.8 on Nikon D700
 ■ 3枚目 G Vario 14-45mm F3.5-5.6 on Lumix G1
 ■ 5 & 6枚目 Nikkor-H Auto 28mmF3.5 on Sony α7 II

******************************************************

むかしの ニッコール、ゴムグリップではなく金属ローレットで、
絞りの色が色分けで被写界震度と対応し、絞りリングも付いていて 丈夫で長持ちでした

使いやすくなったけれど だんだん醜くなって 高くなって行くニッコール・・・

Ai AF マイクロニッコール 60mmF2.8 と むかしの ニッコール-H オート 28mmF3.5 を使って
そんなことを考えました









-



by nakajimaakira1948 | 2019-03-27 11:12 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(9)

ヘキサノン 200mmF3.5 で

2018年3月2日(金曜日)

ヘキサノン 200mmF3.5 を ヤフーオークションで 1円で入手しました

出品者いわく「ゴミ・ホコリ・白カビの付着あり」でしたが
出品写真を見る限り ホコリは1枚のエレメントの周辺に少しあるだけで
白カビは認められませんでした

1円で開始されたオークションでした
100円で入札したら 競争者は現れずに 開始価格の1円で落札してしまいました


落札後 出品者に「1円で落札してしまい ご迷惑をおかけします」と連絡したら
「動作未確認のジャンク品なので たとえ1円ででも引き取ってもらえるなら嬉しいです」と返事がありました

動作未確認のジャンク品と言われてますが
出品写真には 絞り開放とF8ぐらいまで絞った写真もあり ちゃんと作動していました

こんな事を言われる方の品物に 悪いレンズは無いと確信しました





1
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_11203574.jpg

ヘキサノン 200mm F3.5

予感は当たり、届いた ヘキサノン200mmF3.5 の外観は 素晴らしい状態でした

白カビと言われていたものも ほんの少しで、これなら問題なく使えます


レンズは、ヘキサノン200mmだけで AR表示の無いもので
これは 小西六がプリセットの200mmF3.5から 完全自動絞りに切り替えた最初のもので
コニカFTAが発売された1968年から造られたものです

重いです、880g あります
わたしが持っている200mmレンズでは ミノルタの MC テレロッコール200mmF3.5 を抜いて
最も重いレンズになりました


レンズ構成  :  4群5枚
フィルター径 :  67mmφ
最短撮影距離 :  250cm
絞り羽根   :  6枚
コーティング :  マゼンタ系(赤~赤紫)の 単層膜コーティング


それよりも 内蔵フードが無くなっているのが気にかかりました
内蔵フードって レンズ鏡胴をばらさないと 取れないのでは?



ヘキサノン200mmF3.5の 絞り開放写真に行きましょう

■ 2018年2月26日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_12203948.jpg

がきんちょ

おひさま保育園のがきんちょ達です

ソニー α7 II の 手ブレ防止機構は良く効くのですが
200mmとなると ファインダー像が大きく揺れてピント合わせに時間がかかります

こちらを向いていた べっぴんさんの先生ですが
ピントを合わせているあいだに 向こうを向いています





3
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_12311115.jpg

夕焼け小焼け

豊中の夕焼けです

300mぐらい向こうのマンションの灯りにピントを合わせていますが
距離表示では まだ無限遠ではありません

200mmになると、∞マークの次の距離表示は50m(150フィート)ですが
この写真では ∞マークと50mの中間ぐらいの位置です





4
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_12403518.jpg

隙間(すきま)

おひさま保育園とその隣のマンションの隙間を通して
向こう側の坂道を撮ってみました





5
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_12455739.jpg

コンクリートブロック

コンクリートブロックと 壊れた三角コーンです

カビやホコリの影響は無く シャープに写っています





6
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_12505847.jpg

陸橋から

焦点距離200mmになると なかなか良い被写体がありません
いつもの陸橋に上がってみました

坂道の家々です





7
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_12554815.jpg

青いお家

なかなかシャープでしょ





8
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_12574157.jpg

赤い瓦と白い梅

陸橋から見える 赤い瓦と白い梅です

梅のシーズンですねぇ





9
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_1304666.jpg

トランス

6600Vから100Vへのトランスでしょうか

こわいぞぉ~





10
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_135473.jpg

逆光で

このヘキサノン200mmF3.5、内蔵のフードが取り外されています

誰かが鏡胴をばらして レンズをいじくり、そのときにフードを外したのかと思いましたが
シャープな描写ですので レンズは生まれた時の実力を保っているようです

でも 斜め逆光で撮ったら 少しフレアーっぽい写真になりました





11
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_13182370.jpg

入れないのよ

おかあちゃんスズメが 自分のお家の上にある軽量鉄骨に乗っかって
『ここ、入れないのよ』と言っております

こんな鳥よけの網を バードスクリーンと呼びます


ところで 写真の網を留めている右側の金具が赤っぽくなっています
拡大して見ると 色収差が出ています

焦点距離135mmでは殆ど出ない色収差ですが 200mm以上になると急に目立ってきます
ED(異常低分散)ガラスが非常に高価で まだ使えなかった1960年代の200mmレンズだと判ります




12
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_13233098.jpg

らせん階段

夜になって雨が降っています

こんな雨の夜 らせん階段は怖いでしょうねぇ



**************************************
 ■ 2018年2月26~28日 撮る
 ■ Hexanon AR 200mmF3.5 on Sony α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F3.5

**************************************





おまけ -1
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_133432.jpg

ヘキサノン 200mmF3.5 を ニコンに

ヘキサノンARマウントは ニコンFマウントにアダプター無しで取り付きます

取り付けの際の合いマークが無いこと、取り付け回転方向が逆であること、
噛み合い爪の厚みがほんの少しヘキサノンが厚いのか 取り付けの際の回転が固いこと、
レンズを取り付けた後の回転止めのストッパーが無いことなど
使用を阻害するいくつかの要因もありますが とにかく撮り付けた後はガタは全くありません

ヘキサノンAR200mmF3.5の最短撮影距離が2.5mであることより
ニコンに付けたら 中間リングを付けたのと同じ効果で 最短撮影距離が短くなるだろうと
ニコンD700に付けてみました

写真のように 良く似合っております

■ 2018年3月2日 ■ G Vario 14-45mm on Lumix G1





おまけ -2
ヘキサノン 200mmF3.5 で_b0069128_1352467.jpg

フジカシックス IIC型

以前 フジカシックス IIC型 を紹介したとき
綺麗な流線形のファインダーの上に 傷と錆びのようなものがあったのですが
どうもテープの糊だったようで オキシドールで拭いたらきれいに取れました

うれしくて ヘキサノン200mmF3.5を付けたニコンD700で撮りました


2.5mの最短撮影距離は半減して 1.2~3mぐらいの距離です
手持ちで ピント合わせに失敗しているようですが 狙い通りの効果でした ♪♪♪

ただし、画像のExifデーターは乱れますね
絞りが0(ゼロ)になるのは良いにしても 最大F値が2.8で 焦点距離は55mmになっています

■ 2018年3月2日 ■ Hexanon AR 200mmF3.5 on Nikon D700



*************************************************************
前オーナー様

1円で落札させて頂きましたが、ヘキサノン200mmF3.5 この様に楽しんでいます。
どうも ありがとうございました。

*************************************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2018-03-02 14:28 | 200mmF3.5 Hexanon AR | Trackback | Comments(8)

蒸し暑いよぉ~

2016年7月8日(金曜日)

暑いです

でも今日は お陽ぃさんが出ていないので大分ましです

でも 蒸し暑いです




1
蒸し暑いよぉ~_b0069128_1259241.jpg

取り直せよ

わたし   「なんや、この写真は」
ミミちゃん 「ブレてるね、取り直せよ」
わたし   「蒸し暑い」





2
蒸し暑いよぉ~_b0069128_1332592.jpg

散歩行くかぁ

わたし   「散歩行くかぁ?」
ミミちゃん 「やめる、蒸し暑い」



***********************************
■ 2016年7月8日
■ 1枚目 G Vario 14-45mm on Lumix G1
■ 2枚目 Samyang 7.5mm on Lumix G3

***********************************


おまけ

ブログにアップするので SDカードを眺めていたら面白いのが入っていました
だいぶ使っていないので 相当古い写真です


おまけ -1
蒸し暑いよぉ~_b0069128_13173935.jpg

肉球

コムギのんかな
ミミちゃんのんかな

Lumix G1は もう2年以上触っていなかったのです

■ 2014年4月15日 ■ SIGMA 19mmF2.8 EX DN on Lumix G1





おまけ -2
蒸し暑いよぉ~_b0069128_13261537.jpg

デカ鼻わんこ

これは 去年アップしたことがあるような

■ 2015年7月30日 ■ Samyang 7.5mm on Lumix G3





おまけ -3
蒸し暑いよぉ~_b0069128_13315696.jpg

トプコンPR

これは新しいですねぇ
いえっ、写真がです

カメラは 1959年製のトプコンPRでだいぶ古いけれど
わたしにとって 2台目の新しいPRです

■ 2016年5月4日 ■ Samyang 7.5mm on Lumix G3









-
by nakajimaakira1948 | 2016-07-08 13:41 | 7.5mmF3.5 Samyang | Trackback | Comments(2)
2014年3月8日(土曜日)

みなさん、写真に なにを望んでおられるでしょうか

はじめて写真を撮ったのは 小学校2年生のとき
おばぁちゃんに買ってもらった 東郷堂のホビックス ジュニアというボルタ判のおもちゃカメラででした。

写真になにを望んでますか_b0069128_13555876.jpg このカメラです
 【写真はインターネットより】


レンズは単玉で F8かF11ぐらいの固定焦点で、シャッタースピードは、「I」 と 「B」 のみです。
「I」はインスタントの略で 1/30秒か1/60秒ぐらい、「B」はバルブで指先調節シャッターでした。

ASA50 またはASA100のボルタ判(24x24mm、裏紙付き、パーフォレーション無し)の
12枚撮り白黒フィルムの 「みのりパンS」か 「みのりパンSS」というのを詰めて撮りました。

ISO100で、1/30~1/60秒で、絞りF8~F11というと LV値でLV11~13というところで
曇った日の屋外ぐらいが適正露出で 快晴の日や屋内では撮れませんでした。

でも ホビックスには立派な皮ケースが付いていて 学校の遠足には必ず持っていきました。
とにかく いつもシャープに写したい一心で撮りましたが いつも12枚撮って全部ボケボケだったです。


それから六十年近くが経ち、写真はシャッターボタンを押せばきれいに写る時代になりました。

わたしは今でも いつもシャープに撮りたいと思っています。
前景や背景は綺麗にボケてほしいというのが ホビックスジュニア時代と違っているだけです。




1
写真になにを望んでますか_b0069128_14152043.jpg

少年時代

週間 「鉄道模型 少年時代」の付録の電車です





2
写真になにを望んでますか_b0069128_14183234.jpg

DIETZ

南アフリカで買った DIETZのアルコールランタンです





3
写真になにを望んでますか_b0069128_14221970.jpg

一軸不等間隔シャッターダイアル

プラクティカIVの 一軸不等間隔シャッターダイアルです
1/50秒と 1/100秒の間隔が異様に広いですね





4
写真になにを望んでますか_b0069128_14264557.jpg

ライター車

ボンネットの穴から火が出ます
むかし 義兄からもらいました





5
写真になにを望んでますか_b0069128_14284846.jpg

ミール20mm

くまさんにもらった MC MIR-20M 20mmF3.5 です
前玉の出っ張りが驚異的でしょ





6
写真になにを望んでますか_b0069128_14324577.jpg

VSOP

ピントは SUNTORYの 「S」をねらったのですが


*************************************
 ■ 2014年3月8日 撮影
 ■ SIGMA 19mmF2.8 EX DN on Lumix G1
 ■ すべて 絞り F2.8 開放

*************************************

ホビックスジュニアは、むかし 幼かった姪にあげました。

大きくなってから 「おじちゃんのカメラどうした?」と聞いたら
「ずっと前に捨てたよ」 でした (;。;)












タグ:
by nakajimaakira1948 | 2014-03-08 14:50 | 19mmF2.8 AF SIGMA | Trackback | Comments(6)

もう 2月

2014年2月8日(土曜日)

1月 行く
2月 逃げる
3月 去る

と 言いますが この時期は時の経つのがとても速く感じられます。

寒いし、家でウジウジしていて 写真はあまり撮ってません。
最近の写真から数枚をアップします。




1
もう 2月_b0069128_1039089.jpg

遊んでくれないよ~

ミミちゃん 「ねぇちゃんが ぜんぜん遊んでくれないよ~」
コムギ   「ZZZ ZZZ」

■ 2014年1月24日 ■ G Vario 14-45mm on Lumix G1





2
もう 2月_b0069128_10455145.jpg

雪の朝

雪が積もった朝も ベランダの隅では動物会議が行なわれておりました
寒いのに ご苦労さん

■ 2014年2月5日 ■ AF Nikkor 28-105mm on D700





3
もう 2月_b0069128_10581131.jpg

ブースカにピントを合わせたけんど

1972年製の超広角、スピラトーン(OEM by Sigma)でブースカの右眼にピントを合わせて撮ってみました
絞りはF8まで絞って D700のフォーカスエイドを使っていますが描写はピリッとしませんね

Exif データは なぜかF4になっています
スピラトーン18mmF3.5は 非Ai レンズなので D700へのレンズ登録がうまくいってないのでしょう

■ 2014年2月6日 ■ Spiratone 18mmF3.5 at F8 on Nikon D700 ■ ISO 2200





4
もう 2月_b0069128_121912.jpg

ぶた小屋

ピリッとしない写りのぶた小屋です
choco-one さんにもらったラックスのアンプは 左側の黒いアンプの上にあるのですが判らんでしょうねぇ

■ 2014年2月6日 ■ Spiratone 18mmF3.5 at F8 on Nikon D700 ■ ISO 2500





5
もう 2月_b0069128_1183673.jpg

見上げるミミちゃん

ピントは黒いミミちゃんの黒目に合っておりますが 小さくてよく判らんでしょ

ミミちゃんは 近づくとレンズを舐めますので超広角でもここまでしか寄れません

■ 2014年2月6日 ■ Spiratone 18mmF3.5 at F8 on Nikon D700 ■ ISO 3200





6
もう 2月_b0069128_11191645.jpg

シルバー鏡胴

わたしは シルバー鏡胴が大好きです

レノボの上に乗っているのは 手持ちシルバー鏡胴の2/3ぐらいです
これ以上乗らないです

シルバー鏡胴と言っても 真鋳にクロームめっきのものと アルミ合金のものがあります
どれが真鋳にクロームめっきのものか判りますか?
12本のなかで 3本が真鋳にクロームめっきです

■ 2014年2月6日 ■ G Vario 14-45mm on Lumix G1 ■ Speedlight ON





おまけ
もう 2月_b0069128_11322755.jpg

美しいひと

美しいひとをお見せしましょう
誰かわかりますか?


戦前から1950年代にかけて活躍した女優の原節子さんです
昨年の12月に 小津安二郎作品をGyaOで見ていたときに撮りました

■ 2013年12月8日 ■ G Vario 14-45mm on Lumix G1 












by nakajimaakira1948 | 2014-02-08 07:00 | 18mmF3.5 Spiratone | Trackback | Comments(8)

わんこ と 入れ子人形

2014年1月25日(土曜日)

寒いので外に出ず 家のなかで わんこたちを撮っています





1
わんこ と 入れ子人形_b0069128_1574749.jpg

せなか乗り

ミミちゃんが コムギの背中に乗り上げました

コムギが嫌がるだろうと思いましたがそのままです
近くにカメラがあったのでパチリ

ミミちゃん  「どうや、重たくなったやろ~」
コムギ    「あんたのお腹 暖ったかいねぇ」

■ 2014年1月20日 ■ 1-Nikkor 10mmF2.8 on V1





2
わんこ と 入れ子人形_b0069128_15184389.jpg

入れ子人形

カバの親子の体重比は 50対1ぐらいだそうです
おかぁさんが平均2トンで 赤ちゃんが平均40Kgぐらいです

10年ほどまえに 中国の桂林(グイリン)で買った「入れ子人形」です
モスクワ空港のトランジットでも売ってましたが 高くて買えなかったのです

一番大きなおねぃさんのお腹に次のヤツが入っており 順々に小さくなっていきます
一番ちっちゃな子は まだ「まつげ」が生えていないあかん坊です
体重は 一番大きなおねぃさんの1/50ぐらいでしょうか

■ 2014年1月24日 ■ Micro Nikkor 60mmF2.8D on D700





3
わんこ と 入れ子人形_b0069128_1535389.jpg

すまし顔

片時もじっとしていないミミちゃんなんですが レンズを見て一瞬動きが止まりました

■ 2014年1月24日 ■ G Vario 14-45mm on Lumix G1












by nakajimaakira1948 | 2014-01-25 06:15 | 10mmF2.8 1-Nikkor | Trackback | Comments(6)

川西能勢口~五月山へ

2013年12月7日(土曜日)

3週間近く引いていた風邪が やっと抜けました

今日は良いお天気なので 運動不足解消に五月山へ行きました

阪急電車で豊中から池田に出ますと あまり運動にならないので
池田のひとつ向こう側の駅の川西能勢口まで行って そこから歩きました





1
川西能勢口~五月山へ_b0069128_1533511.jpg

大曽公園

まず 豊中駅まで歩きます

近くの大曽公園です
土曜日で9時過ぎだというのに ガキンチョが誰もいません





2
川西能勢口~五月山へ_b0069128_1510543.jpg

働くおじさん

豊中駅ちかくです

おじさんが溝そうじをしておりました
おじさん、ごくろうさんです





3
川西能勢口~五月山へ_b0069128_15141254.jpg

ハトさん

はいっ、川西能勢口に着きました
外に出ると ハトさん達がお食事中でした

「すまん、ハトさん 通してくれ~」
遠慮しながら通ると 数羽がバタバタと飛び上がります





4
川西能勢口~五月山へ_b0069128_15211847.jpg

働くおばさん

川西能勢口です

花屋さんの店先で おばさんがしゃがみ込んで働いております
おばさん、ごくろうさ~ん





5
川西能勢口~五月山へ_b0069128_15315216.jpg

藤の森稲荷

てくてく歩きます
176号線沿いの道路は前に歩いたことがあるので はじめての1本西側の道路を歩きます

藤の森稲荷という 小さな稲荷がありました





6
川西能勢口~五月山へ_b0069128_15373134.jpg

呉服橋より

この呉服橋で猪名川を渡ると 川西市から池田市に入ります
県も変って 兵庫県から大阪府になります

背景の紅葉の山が 五月山です





7
川西能勢口~五月山へ_b0069128_1544588.jpg

和風ラーメン

池田市です

和風ラーメンの店から べっぴんさんが睨んでいます
この人は 向かい側の「呉服座」という演芸場に出ている役者さんでした

このあたりは、落語ミュージアムがあったり なかなか面白いところです




8
川西能勢口~五月山へ_b0069128_15592474.jpg

飲んかた屋 KIKAN TARO

おなじ通りにあったお店です

みやざき 地頭鶏 飲んかた屋 KIKAN TARO と のぼりに書いてあります
宮崎県名産の地頭鶏を食べさせる店でしょうが KIKAN TARO が判りませ~ん

宮崎の方言でしょうか、それとも 機関太郎ちゅうような名前かな~

そう言えば、はまち慎一郎ちゅうのも おいしそうな名前ですね

【追記】2014年1月24日
「きかんたろう」とは、鹿児島県の方言で「きかん坊」のことらしいです





9
川西能勢口~五月山へ_b0069128_1553139.jpg

俺 ヤギだよ~ん

五月山動物園に着きました

ずいぶん暖っかそうな毛皮を着て
「俺 ヤギだよ~ん」 て言ってました





10
川西能勢口~五月山へ_b0069128_1553294.jpg

どうなってますの?

「俺も ヤギじゃ」と 出て来た貫禄ある雄ヤギさん

ぐるぐる巻いた角(つの)の中から 耳が出てます

わたし   「あの~、耳どうなってますのん」
ヤギさん 「うひひ、ええやろ~」と 耳をひくひく 





11
川西能勢口~五月山へ_b0069128_15541218.jpg

なんか文句あるか

わたし  「あの~、駝鳥さんですか」
トリさん 「なんか文句あるか」





12
川西能勢口~五月山へ_b0069128_16325719.jpg

ぼとぼとクマさん
 
五月山動物園から下に降りて 176号線を池田駅に向かって歩きます

バケツの中に 洗濯されて ぼとぼとのクマさんがおりました
なかなか可愛い顔しております





13
川西能勢口~五月山へ_b0069128_16335458.jpg

原田神社裏通り

最寄駅の岡町に戻ってきました

原田神社の裏通りです
ここで着物姿の女性とすれ違いますと 二~三百年むかしにワープしたような気持ちになります




************************************************
 ■ 2013年12月7日撮影
 ■ 1~5、7、8枚目 Samyang 7.5mmF3.5 on Lumix G3
 ■ 6、9 ~13 枚目 G Vario 14-45mm on Lumix G1

************************************************












by nakajimaakira1948 | 2013-12-07 17:05 | 7.5mmF3.5 Samyang | Trackback | Comments(6)

緑 と わんこ

2013年10月5日(土曜日)

緑のコーティングと ワンコ達です





1
緑 と わんこ_b0069128_8141350.jpg

緑のコーティング

右側が 1962年のミノルタSR-1と アクロマチックコーティングのAuto Rokkor PF 55mmF1.8です
第一面が 「緑のロッコール」の多層膜コーティングです

左側は 1980年のプラクティカ Super TL1000と Hanimex Automatic MC 28mmF2.8です
ほとんど新品のカメラとレンズで 1000円ほどで買った東独ペンタコン製の超安物です
付いていた日本製(チノン製でしょうか)のハニメックス28mmは 緑のマルチコーティングがとても美しいです

1980年といえば ニコンが初めてのプラスティック外装のニコンEMを出した年で
この時代から 安物カメラが耐久消費材ではなくなってきましたね

この美しいプラクティカも 軍艦部はプラスティック製です

■ 2013年10月5日7時41分
■ AF Nikkor 85mmF1.8S on Nikon D700
■ 絞り優先オート F1.8開放





2
緑 と わんこ_b0069128_8481151.jpg

暑かった朝のコムギ

暑かった去年の夏のコムギです
サマーカットしてもらって ご機嫌ですね

■ 2012年8月25日6時53分
■ G Vario 14-45mm on Lumix G1
■ プログラムオート





3
緑 と わんこ_b0069128_8573029.jpg

匂うミミちゃん

こいつは スリッパが大好きです

■ 2013年9月10日15時57分
■ Sigma 19mmF2.8 on Lumix G1
■ シャッター速度優先オート 1/250秒 F2.8開放

おしまい











by nakajimaakira1948 | 2013-10-05 09:15 | 85mmF1.8S AF Nikkor | Trackback | Comments(4)

ならまちへ

2013年9月28日(土曜)

きのう9月27日の金曜日の朝、ふと思いついて ならまちへ行きました

写真は 撮った順番に並べています




1
ならまちへ_b0069128_4204232.jpg

なんば

朝の地下鉄なんば駅です

まだラッシュアワーですが なんば駅は そんなに混んでいません

Samyang 7.5mmで撮って 上下をカットしました





2
ならまちへ_b0069128_4262538.jpg

お眠りワンコ

近鉄奈良駅に着き アーケードの商店街を ならまち方面に歩きます

2匹のワンコが まだ眠っておりました





3
ならまちへ_b0069128_431590.jpg


ここはどこでしょう

ここはどこでしょう

猿沢の池のほとりから 東側を望んでいます





4
ならまちへ_b0069128_4373678.jpg

ネーム入り

猿沢池のカメさんは 甲羅に象形文字で名前が描かれています
コイツは 「カメ子」って描いてあります

うそぴょ~ん
持って生まれた模様です





5
ならまちへ_b0069128_4453277.jpg

石碑

何と読むでしょう?
「きぬ一のけ(判らん)」  ブブー
「きぬあけ橋」       ブブー、わたしと同じ程度です

「一の」の文字は「あ」に見えますが、 「可」で「か」です
最後の判らん漢字は 「橋」ではなく 「柳」です

正解は 「きぬかけ柳」です
平城京のむかし、帝に一夜だけしか愛されなかった女性が さびしくて柳の木に着ていた衣を掛けてから
この猿沢の池に身を投じたと古書にあります





6
ならまちへ_b0069128_50560.jpg

地蔵さんの小舟

地蔵さん?が たくさん乗った小舟がありました





7
ならまちへ_b0069128_554672.jpg

バケツの台

防火用バケツの台です





8
ならまちへ_b0069128_5101878.jpg

地ビール

曽爾(そに)高原ビール、うまそうであります





9
ならまちへ_b0069128_4542448.jpg

かえるくん と にゃんこ

にゃんこのマガジンラックが欲しかったです





10
ならまちへ_b0069128_517306.jpg


認定修理店

オリムパス、ミノルタ、ニコンの認定修理店

うう~む、こういう生き方もあったんですねぇ





11
ならまちへ_b0069128_5304336.jpg

カメラで遊ぶ ででくん

『世界に ひとつだけ カメラで遊ぶ でで』です

デジタル時代になって 機械式カメラの認定修理店は廃業してしまったのかなぁ





12
ならまちへ_b0069128_5423458.jpg

ふりがな

ふりがなを 上段下段逆にうってあります

京終画廊でしょうか
上段の右側の文字、「ばて」と読むのでしょうか


【修正】 2013年9月29日
上段の右側の文字は 「般」ではなくて 「終」でした
「終り」は 「果て(はて)」の意味もありますので それが濁音になって「ばて」になったという事でした

山本景造さん、わざわざ連絡ありがとうございました





13
ならまちへ_b0069128_5553397.jpg

風見鶏の塔

ならまちの南端あたりから 風見鶏(かざみどり)の塔を発見

行ってみよう





14
ならまちへ_b0069128_4563896.jpg

スゴイ

風見鶏は見えんし 何がスゴイの?

たっ、太陽を入れて撮りましたが ゴーストも無く写っています
魚眼レンズはええなあ~





15
ならまちへ_b0069128_681177.jpg

鹿サイダー

直射日光があたると暑いですが 日陰は涼しいです

鹿サイダーの空き瓶を見て 鹿を思い出しました





16
ならまちへ_b0069128_6153545.jpg

しか

奈良は鹿ですね

マクドナルドで昼食をとって外に出ると暑くなって来ていました
日陰で少し鹿くんを撮って なんばに戻りました





*********************************************************************
 ■ 2013年9月27日撮影
 ■ 1、5、9、14枚目: Samyang 7.5mmF3.5 on Lumix G3 絞りF5.6 +2/3EV
 ■     それ以外: G Vario 14-45mm on Lumix G1 プログラムAE -2/3EV

*********************************************************************











by nakajimaakira1948 | 2013-09-28 06:37 | 14-45mm G Vario | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30