タグ:Olympus Pen FT ( 1 ) タグの人気記事

オリンパス PEN FT

2015年11月05日(木曜日)

1966年の オリンパス ペンFT です

10年ぐらい前までは、オリンパス ペンF や ペンFTの綺麗な完動品は 高すぎて買う気がしませんでした
高すぎるという意味は 新品で売られていた当時よりもずっと値段が高いということです
1960年代の一眼レフの中でも 異彩を放つ仕様であったために中古価格なかなか下がらないのでした

それが 最近どんどん安くなって わたしでも手に入れることができるようになりました ♪♪♪

本当のことを言いますと、1963年発売の花文字のF オリンパス ペンFが欲しかったのですが
TTL露出計とセルフタイマーが付き 1回巻き上げになったペンFTを入手しました


高校に入って、わたしはミノルタSR-1、T君はアサヒペンタックスSV、それとY君がオリンパス ペンFを持って
どこだったか忘れてしまいましたが 写真を撮りに行ったことを思い出します

T君やY君のまえでは 「やっぱりミノルタSR-1が最高や」と 強がって言っていましたが
心の中では アサヒペンタックスSVやペンFが欲しいと思っておりました
その時に ペンFをちょっと使わせてもらってから もう50年近くになります

ペンFTには ペンFの花文字のFのところにセルフタイマーが付いていて 外観はペンFに劣りますが
米谷美久(まいたに よしひさ)さん渾身のハーフ判一眼レフの良さは十分に味わえると感じております




1
b0069128_1610433.jpg

正面

オリンパス ペンFTの正面です

この一眼レフらしからぬ風貌は とんがり三角形のペンタプリズムを廃したところから来ています
デジタル時代になって オリンパスE300やE330でもポロミラーを使ったこの形でしたねぇ

ペンFで 金色の美しい花文字のFが彫られていた部分には
あまり格好の良くないセルフタイマーがそなわっています





2
b0069128_16243917.jpg

右側正面より

仕様です

● 発売       : 1966年(昭和41年)
● フォーマット   : 35mmハーフ判一眼レフ
● マウント     : ペンF マウント
● シャッター    : チタン製機械式ロータリーシャッター ストロボ全速度同調
● シャッター速度  : B、1~1/500秒 
● ミラー       : 横回転式 反射ミラー
● 電池       : HD水銀電池
● 寸法・重量    : W127 x H69.5 x D32mm 本体465g





3
b0069128_16253553.jpg

左正面上部より

なかなか良い格好です
ボデイ前面レンズの左側の丸いノブがシャッター速度リングです

巻き上げレバーは 裏面に付いています





4
b0069128_1645379.jpg

レンズ

レンズは Fズイコー オートS 38mmF1.8が付いています

ハーフサイズですので 1.4倍するとライカ判に換算できます
換算すると 53mm程度の標準レンズです

ダブルガウス変形5群6枚構成で 最短撮影距離は35cmです
アンバー系コーティングが主体ですが
シアン・マゼンタの薄紫・薄赤もちょっと見える単層膜コーティングが施されています

完全自動絞りで 鏡胴に絞込みボタンが付いています





5
b0069128_16514978.jpg

レンズを外して

レンズを外したところです
横に倒れる反射ミラーが見えますね

写真の反射ミラーが 左側に倒れるというか回転して フィルムに届く光路を開けます





6
b0069128_1657432.jpg

ミラー

ミラーを大きく見ます

通常のファインダー像は ミラーの反射像が左側のほうへ行き
ポロミラーを通じて接眼窓に届きます

ポロミラーはペンタプリズムに比べると 暗くて曇りやすい弱点があります





7
b0069128_1735816.jpg

巻き上げレバー

巻き上げレバーは 軍艦部と裏蓋のあいだにあります
材料は鉄板を曲げただけのもので 同じ位置にあるキャノンフレックスRMと比べると高級感がありませんね

貼り皮は 方眼レザーで すべり難くなっています





8
b0069128_17105925.jpg

裏蓋オープン

裏蓋を開けて 内部を見ます

ハーフサイズの チタン製ロータリーシャッター膜が見えています
このシャッター膜は バルブでも1秒でも1/500秒でも 同じように高速で回転するので
ストロボ撮影の場合 全速度同調するという離れ業を可能にしています





9
b0069128_18172666.jpg

シャッターボタン

シャッターボタンは ボディに埋め込まれるように高さを軍艦部に合わせています
シャッターレリーズも使えるように 穴もあいています

最近のデジタルのペンも 外観は同じにしているようです
でもデジタルのペンは ファインダーがありません
ファインダーの無いカメラでは 文庫本を読むような体勢でしか写真が撮れません





10
b0069128_18301651.jpg

TTLナンバー表示

忘れておりました
オリンパス ペンFTは TTL露出計内蔵カメラなんです

いまレンズの絞りは 0123456の内の 「2」に合わせています

シャッター速度ダイアルを適当に合わせてファインダー像を見ると
ファインダー左側の針が 0123456のどれかの数字に針が合っています

その数字を レンズの絞りの数字に合わせると適正露出になるという仕組みです
でもこの数字は いわゆるLV値でもないTTLナンバーと呼ばれる勝手な数字なのです





11
b0069128_1831251.jpg

絞り値にも出来る

プリセット絞りの絞りリングのように リングを引っ張って持ち上げた状態で
リングを180度回転させますと 写真のように普通の絞り表示にすることが出来るのです

さすが 米谷さんです
考えておられますねぇ



****************************************
 ■ 2015年11月5日撮影
 ■ AF Zoom Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ Speedlight ON

****************************************









-

by nakajimaakira1948 | 2015-11-05 18:51 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(8)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31