タグ:Olympus Six IIIA ( 1 ) タグの人気記事

お手入れ

2008年6月22日(日曜)

休みの日になると雨です。
まあ 梅雨ですから仕方ないですか

散歩に行けないコムギは 横でスネています (^^)

へへへ、おとうさんは 古カメラのお手入れで~す




1
b0069128_198419.jpg

お手入れ

お出かけできない日の楽しみは、白波ロック片手に 古カメラのお手入れです

シャッターが粘ってないか 高速側から順に空シャターを切って確かめていきます。
1/10 ~ 1/5秒程度で シャッターが粘って切れないことが良くありますが
根気良く空シャッターを繰り返しますと 息を吹き返します (^^)

次に絞りリングを動かして 潤滑油の固着を防ぎます。
シャッター速度をBにしてシャッターボタンを押さえたまま 絞りリングをグリグリ回しますと
絞り羽根が正常に動いているか眼で確認できます。

最後は蛇腹のお手入れです
ブロワーで蛇腹の折り目のホコリを飛ばしてから
めん棒で蛇腹の皮にクリームを塗ってやります。
以前は 「桃の花」というクリームを塗っていましたが なくなってからは「メンソレータム」を使っています。


向かって右側が 1950年製 Olympus 6 IIIA です。
レンズは高千穂光学(現オリンパス)ご自慢の D Zuiko FC 7.5cm F3.5 で
シャッターは S-COPAL B, 1~1/200秒 がついています。

左側が 同じ1950年製 Voigtländer VITO II です。
レンズは銘玉の誉れ高い COLOR-SCOPAR 50mmF3.5 で
シャッターは COMPUR-RAPID B, 1~1/500秒 です。

は~い、どちらもシャッタースピードは大体正常、絞り羽根の作動もOKで~す
蛇腹もしっとり綺麗になって またベッピンさが上がりました~ (^^)

■ 2008年6月22日(さっき)撮影  ■ Canon Powershot G7 で





2
b0069128_19495656.jpg

ミール

しばらく前の夜中に撮った ロシア製のミールです
正式名を MC MIR-20M 20mmF3.5 と言います

レンズにピントを合わせたつもりだったんですが 合ってませんね (;。;)

ミール、K100Dに付けて撮ってみましたが APS-Cフォーマットでは 30mmになるのであまりインパクト無いです。
このレンズは 撮るよりも その姿を見るレンズです
それでミールと 命名されたのです ← うそです m(_ _;)m

まるで 占い師のおばぁさんが使う水晶玉のようですね
このレンズは ブログ仲間の kuma さんから頂いたもので大事にしております (^^)

■ 2008年6月13日夜 撮影   ■ Canon Powershot G7 で



きょうは 2枚だけで~す











by nakajimaakira1948 | 2008-06-22 20:16 | Canon Powershot G7 | Trackback | Comments(34)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31