タグ:Petriflex 7 ( 1 ) タグの人気記事

ペトリフレックス 7

2011年9月10日(土曜日)

悪い病気が また再発しております

それは アラバマ州サツマから来ました





1
b0069128_2033290.jpg

なんじゃこれは

なんじゃこれは
きれいなおねぃさんがランプの光を見ております

ちがいます
見てほしいのは 画面右下のカメラとレンズです





2
b0069128_20443865.jpg

ペトリフレックス 7

そうです
アメリカはアラバマ州サツマからやって来た ペトリフレックス 7 です

eBay の写真で見たときは 薄汚れた外観でした
家に届いた荷物を開けますと、やはり薄汚れたカメラとレンズが 新品かと見間違うような綺麗な皮ケースに入っておりました

薄く中性洗剤を溶かしたお湯でカメラ本体を拭きますと 新品同様にピカピカになりました
コンタレックスに似ている露出計も 手持ちのHD625水銀電池を入れると元気に動きだしました

前玉に茶色いホコリがぎっしり溜まったレンズは ボディ以上に汚い状態でしたが
ブロアーでホコリを吹き飛ばし 無水エタノールで数回ていねいに拭きますと 拭き傷も無い綺麗な前玉でした
レンズの後玉は 1回もレンズ交換をしなかったのかと思えるほど綺麗な状態のままでした

手垢まみれだったシルヴァー仕上げのレンズ鏡胴も 中性洗剤で拭きますと写真のようにピッカピカです ♪♪♪


ボディとレンズが綺麗になったところで ペトリフレックス 7 の仕様です

・ 発売: 1964年
・ 型式: 35mmペンタプリズム固定一眼レフ
・ 露出計: 外部連動CdS露出計付き 絞り・シャッター速度・ASA感度に連動
・ ファインダー: 中央に角型マイクロプリズム付き 露出計定点付き
・ シャッター: B、1~1/1000秒 (ペトリで1/1000秒付きは珍しいのです)
・ シャッター位置: ボディ前面45度シャッターボタン
・ マウント: ペトリスピゴット式 (キヤノンFL、前期FDと同様 レンズを押し付けスピゴットを回転し固定します)
・ レンズ: ペトリ CC 55mmF1.8、最短撮影距離60cm、青・黄色単層膜コーティング付き
・ 重量: 約1kg (55mm F1.8レンズを含んで)





3
b0069128_2231353.jpg

記念写真

ペトリフレックス 7 の デザインの元になった コンタレックス I 型 (ブルズアイ)との記念写真です

1959年発売の西独ツァイスイコン製 威風堂々のコンタレックスと較べましても
1964年発売のペトリフレックスは そのデザインは負けておりませんね

ただし 5年間の間に何をしておったかと言われると 露出計がセレンからCdSに変わったぐらいですが


【ペトリのお勉強】
ペトリという変わった名前のメーカーは 株式会社 栗林(くりばやし)写真機械製作所という正式名称でした

1919年(大正8年)創業で、小西六写真工業(コニカ)に次いで 日本で2番目に古いカメラメーカーでした
1959年には ペトリペンタという一眼レフを発売しております

b0069128_22361434.jpg  ペトリ最初の35mm一眼レフ
  ペトリペンタ
  オリコール 50mmF2 (M42) 付き
  1959年発売

  (写真はインターネットより)




ペトリは 多くの栗林ファンに惜しまれつつ 1977年に倒産してしまいました
倒産後 労働組合がしばらくカメラ生産を続けたと聞いております

b0069128_22414969.jpg  実質 ペトリの最後のカメラとなった
  ペトリ MF-1 です

  マウントは ペトリ スピゴット型ではなく またM42に戻っています
  1977年発売です

  以降のペトリネームのカメラは コシナ等の他メーカー製になります

  (写真は インターネットより)




こんなカメラもありましたね

b0069128_2372323.jpg  ペトリ V6
  ペトリ CC 55mm F1.8 付き 皮ケース含み23,800円
  低価格で有名になりました

  (写真はインターネットより)






4
b0069128_23152682.jpg

ゼニット B

こんなんどうですか

1968年製の ソ連KMZ(クラスノゴルスク機械工場)製 ゼニットB です
日本のダイエーで売られていた メプロゼニットから露出計を取り外した兄弟機です

なにも特記することのない仕様です
・型式: 35mmペンタプリズム固定一眼レフ
・ミラー: クイックリターン式
・ファインダー: 全面すりガラスマット製、視野率80%程度
・シャッター: B、1/30~1/500秒
・マウント: プラクティカ (M42)
・巻き上げ巻き戻し: レバー巻上げ ノブ巻き戻し

なにも特記することのないボディではありますが あえて特長をあげれば
電子シャッターでないので 調子が悪くなっても修理すれば必ず治ります
また 全金属製の素直なデザインなので 親・子・孫と3代 いやにならずに使えそうです

このデザインが、ライカフレックスやコンタックスRTSの元になったというのは 考え過ぎでしょうか





***************************
   撮影データー
 ■ 2011年9月7~8日
 ■ AF Micro 60mm F2.8D + D700
 ■ 絞り優先オート
 ■ スピードライトON
 ■ 露出補正 すべてマイナス1/3EV

****************************

* 悪い病気
倒産、廃業したメーカー製の カメラやレンズを集める病気のことです













by nakajimaakira1948 | 2011-09-10 00:14 | 60mmF2.8D AF Micro | Trackback | Comments(18)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31