タグ:Sony α7 ( 150 ) タグの人気記事

コムラー 200mmF4.5 の 話し


2017年9月6日(水曜日)

皆さん 三協光機って憶えておられますか?

そうです、コムラーやコムラノンの名称で 交換レンズを造っていたレンズ専門メーカーです。
1951年に会社が設立されて 1980年に惜しまれつつ倒産してしまいました。


今日は その三協光機が1958年から製造した200mmF4.5 を 紹介します。

1958年当時は、まだ ニコンFや キヤノンフレックスが発売される前で
一眼レフと言えば エキザクタ・プラクティカ(=M42)
国内では ミランダ・旭光学・トプコン・ミノルタのマウントぐらいしかなかった時代でした。

最初の コムラー200mmF4.5は エキザクタ・プラクティカ・ミランダの各マウントを付けて発売されて
1960年に ニコンFとキヤノンRマウントが追加発売になりました。

ここで 1958年当時の国内の200mm望遠レンズを見渡してみます。

1957年のキヤノン200mmF3.5 と 同年の興和プロミナー200mmF2.8 が ありましたが
どちらも ミラーボックスを併用して ライカ型レンジファインダーカメラに使用するレンズであり
このコムラー200mmF4.5 が 35mm一眼レフ用の200mmとしては 国内初のレンズでありました。





1
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_818249.jpg

コムラー 200mmF4.5

右側の細身のレンズが キヤノンフレックスが発売されてから
翌年の1960年に造られた コムラー 200mmF4.5 です

絞りリングが二つある外観から プリセット絞りであることが判ります


仕様を書いてみます

概要:     三協光機製 1958年~1968年 35mm一眼レフ用望遠レンズ
構成:     3群4枚構成 フィルター径 55mmφ
最短撮影距離: 3m までの印であるが 実際にはもっと回り 2.8m 程度まで寄れる
絞り羽根:   16枚 円形絞りでなく F5.6~F11あたりでギザギザの「ダビデの星」状になる
絞り操作:   二つの絞りリングによるプリセット絞り
距離目盛:   メートルとフィートの併記
コーティング: アンバー系(だいだい色)単層膜コーティング
マウント:   キヤノンRマウント、ボディとの連動が無いため R・FL・FDマウントでも使用可能
寸法:     φ58mm x 122mm
重量:     450g
発売時価格:  17,500円





2
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_8325562.jpg

銘板

銘板を見てみましょう

銘板には Sankyo Kohki Japan Komura f=200mm 1:4.5 No,1235536 とあります
三協光機の「光機」を 「Kohki」と綴っていますね






3
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_8405234.jpg

16枚の絞り羽根

なんと 絞り羽根は 16枚あります

わたしの持っているレンズでは、カールツァイス・イエナのトリオター135mmF4 と
テッサー50mmF3.5 が 15枚でしたので 絞り羽根枚数最多になります

ところが この16枚絞りですが 円形絞りになっておりません
絞り開放F4.5では円形ですが 絞りF5.6~F11あたりでは 写真のように「ダビデの星」状になります





4
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_8541693.jpg

レンズキャップ

Komura銘が浮き出た 金属製のレンズキャップが付いています
このレンズキャップの裏側には 当時のレンズキャップが皆そうであったように ラシャのような布が貼られており
レンズには「ヌルッ」と はまるのです





5

コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_96548.jpg


キヤノンフレックスに付けて

同年の1960年に発売された キヤノンフレックス RP に 付けてみました

大柄なキヤノンフレックス RP と 細身のコムラー200mmF4.5 ですが
良く似合っていると思います





6
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_9152731.jpg

α7 に 付けて

ごだごだ ゴタクを述べましたが
コムラー200mmF4.5 を ソニーα7 に 付けて
日本最初の一眼レフ用200mmレンズの 絞り開放写真に行ってみましょう





7
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_923202.jpg

三角屋根

歪曲収差も無く 素直な良い写りだと思います





8
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_929620.jpg

黄色のビル

なにか シャッキとした感じがしません

解像力が少し不足しているのでしょうか





9
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_9332383.jpg

配達トラック

やはり 解像力が不足しているようですね

それと トラックの白い部分の右側に 青い色収差が出ています





10
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_938212.jpg

夕焼け小焼け

こんなシーンでは 解像力の不足が目立つようです

ピント拡大機能を使って 樹にピントを合わせたのにぃ





11
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_9424770.jpg

陸橋の上から

陸橋の上から撮っています

青い交通表示にピントを合わせています





12
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_9465133.jpg

薄草色と赤色

陸橋の上から 薄草色のお家と 赤色の車を撮ってみました

手ブレしているのかと思いましたが そうでもなさそう
もう少し ピリッと写ってほしいぞぉ





13
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_9533467.jpg

蔵でしょうか

古いお家の離れにある 蔵(くら)のような建物です

しっとり写って 好きな描写です





14
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_957920.jpg

ノッポのお家

豊中でも 木造3階建が増えています

200mmで撮ると 圧縮されて、ノッポのお家に見えますねぇ





15
コムラー 200mmF4.5 の 話し_b0069128_1024178.jpg

三脚使用で

夜中に 三脚を使って撮りました

ISOは16,000まで上げていますが シャッタースピードは 1秒です

どう評価したら良いのか 分からない写真になりました



************************************************
 ■ 2017年8月31日~9月3日撮る

 ■ 1枚目     FE28-70mm on SONY α7
 ■ 2、5、6枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ 3、4枚目   1-Nikkor 18.5mmF1.8 on Nikon V1

 ■ 7~15枚目  Komura 200mmF4.5 on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、 すべて 絞り開放 F4.5

************************************************

ニコンもキヤノンも まだ一眼レフを造っていなかった時代の コムラー200mmF4.5

写りはどうあれ 大事にしたいと思います










by nakajimaakira1948 | 2017-09-06 10:33 | 200mmF4.5 Komura | Trackback | Comments(2)

福井までドライブ

2017年8月30日(水曜日)

8月28日の月曜日、夏の長期休暇で家に来ていた息子と 久しぶりにドライブに出かけました。

京都東で名神を降り、琵琶湖の西の161号線を通って 大津市から高島市・敦賀市・若狭町へと進み
帰りは 山越えの 鯖(さば)街道を通って161号線に戻り 名神で吹田までのルートでした。





1
福井までドライブ_b0069128_13245774.jpg

真野浜 (滋賀県大津市)

30年近く前に来た 161号線沿いの真野浜(まのはま)です

写真のペット病院の右奥側が 真野浜水泳場です





2
福井までドライブ_b0069128_13321547.jpg

白髭神社 (滋賀県高島市)

白髭神社の 琵琶湖内の鳥居です

白髭神社からの161号線の横断は 相変わらず信号も無く非常に危険です





3
福井までドライブ_b0069128_13421069.jpg

白髭神社より (滋賀県高島市)

白髭神社から 南側を見ています
朝 豊中を出たときは曇っていたのですが お陽さんが出て来て暑いです





4
福井までドライブ_b0069128_13525285.jpg

奥琵琶湖パークウェイ (滋賀県高島市マキノ町)

息子が バイクのツーリングで来たことがあるという
奥琵琶湖パークウェイへの途中です

残念ながら 週日は通行止めで奥まで行けませんでした
写真は 大前神社への登り口にあった 別荘風の涼しそうな建物です





5
福井までドライブ_b0069128_1412395.jpg

さかな街 (福井県敦賀市)

息子は土質調査の会社に勤めていて ここ数年は敦賀の原子力発電所で仕事をしており
この「さかな街」は 自分の庭みたいでした

ここは 観光客相手の海鮮料理屋さんが集まっているところでした
「さざえのつぼ焼き」を各2人前と 「焼き 岩牡蠣(いわがき)」を 各1人前食べました

わたしがほとんど自動車で出かけないのは 美味いものを食べるときはアルコールを飲みたくなるからです
この日は、アルコールもタバコも止めた息子が運転ですから 缶ビールをグビグビグビです
うまかったです





6
福井までドライブ_b0069128_1420530.jpg

MG (福井県敦賀市)

う~む、英国産の MG が 停まっていました
かっこええですねぇ





7
福井までドライブ_b0069128_14234032.jpg

敦賀原子力発電所 (福井県敦賀市)

息子が仕事をしている 日本原子力発電 敦賀発電所です

許可証を持っている人と 登録した自動車でしか入れませんので 遠くからパチリです
だいぶ曇ってきました





8
福井までドライブ_b0069128_14295223.jpg

第十 正宝丸 (福井県敦賀市)

息子が泊まっている民宿近くに停泊していたボートです

7枚目の写真を撮ったのと同じ港からです





9
福井までドライブ_b0069128_14352876.jpg

もんじゅ (福井県敦賀市)

白木海水浴場から見た 高速増殖炉「もんじゅ」です

30年ほど昔のことですが この「もんじゅ」の 配管設計の一部を担当したことがあります
配管の単純な支持部まで 強度計算書の提出が必要だったのを憶えております





10
福井までドライブ_b0069128_14451025.jpg

三方五湖 (福井県若狭町)

わたしは2回目でしたが 息子が行きたいと言うので行った 三方五湖です

曇っていて 景色が良く見えなかったので ピントは愚息です



帰りは 鯖街道(367号線)で大津まで戻りました
昔の福井の人々は、鯖(さば)を 担いで 小浜地方から 山越えで京都まで歩いて運んでいたのですねぇ



****************************
 ■ 2017年8月28日 撮影
 ■ FE 28-70mm on SONY α7
 ■ 絞り優先AE、絞りすべて開放

****************************









-
タグ:
by nakajimaakira1948 | 2017-08-30 15:04 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(6)
2017年8月17日(木曜日)

おとついの8月15日、MCミール 20mm を持って 夜の梅田に向かいました





1
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_8392533.jpg

今日は これで

α7に「何を付けて行こうかなぁ」と迷いました

まだ夜を撮ったことがない MC MIR-20M 20mmF3.5 に決めました
あのラシアン製の 占い師のおばさんが使う水晶玉のようなレンズです

後ろのキヤノンFTbは 関係ありません
1/8秒以下が粘っていたのを 給油して治したところです

■ 2017年8月15日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_8534275.jpg

ぶた小屋

α7に付けて ぶた小屋を試し撮りです
うん、よろしい





3
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_8571661.jpg

左上に 黒いものが

この日は夕刻の5時から お初天神通りの「たよし」で宴会なのです

2時間前の3時に家を出ました
待ち構えていたように 雨が降ってきました
岡町駅まで歩いて行くのにぃ
でも 傘を持って来ており 心配は要りませぬ

それより 左上に黒いケラレが出ています
しまった
この中国製のM42用のマウントアダプターは ねじ込みの停止点が行き過ぎており
ミール20mmの 造り付けのフードが写ってしまっているのです





4
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_9114015.jpg

車内にて

だいぶ濡れてしまったミール20mmを 拭いています
拭き終わって 車内を見渡すとガラガラです

おっさんは避けて 可愛いおねぃさんをパチリ





5
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_9165330.jpg

梅田

雨は 弱くなったり強くなったりして 降り続いています

まあ 暑いですから 濡れるのは平気ですが





6
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_921418.jpg

時空の広場

ここは いつも変わったディスプレイが楽しいところなんですが
この日は何にも無しです

時計にピントを合わせて





7
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_9271153.jpg

グランフロントを望む

また激しく降って来たようです

上側中央が グランフロントです





8
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_9324963.jpg

白い美女

みんな スキンヘッドですね

暗いところでは フードによるケラレも弱くなります






MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_9374176.jpg

たよし へ

お初天神通りの北側の入口です

露出補正していませんが 空が真っ白になっていません
うれしい





10
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_9433664.jpg

美女現る

この夜は、川崎から関西撮影旅行中の qchanと俊介くん親子、京都から g7さんが駆けつけてくれました


宴もたけなわです
「nakajimaさ~ん、久しぶりぃ」と タブレット片手に美女が現れました

うそピョーンでした
彼女は どこかのお酒のメーカーのキャンペーンガールでしょう

「わたしのブログに載せるけど ええ?」
「どうぞ、どうぞ」





11
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_1003868.jpg

お初天神

3時間半ほど「たよし」で飲んだあと 恒例のお初天神参りです





12
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_1063584.jpg

お初天神東口

今回 わたしが撮りたかった「お初天神東口」です

雨上がりに 光源がにじみ フレアーが出た描写は わたしの好みですが
手前の門に 少しタル型の歪みが出ているのが残念です





13
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_10151264.jpg

恐ろしいヤツ

お初天神通りに エイリアンのような恐ろしいヤツがおりました
タブレットPCの画像を 通る人々に見せております





14
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_1024940.jpg

帰り道

また雨が激しくなって来ました
qchan・俊介くんが乗る地下鉄の入口に急ぎます

傘の間から 人気(ひとけ)のない路地を撮っています
う~ん、こんな写り 大好きです





15
MCミール20mm で「たよし」へ_b0069128_10351827.jpg

運転席

阪急電車の梅田駅
g7さんは京都線へ 、わたしは宝塚線に

一番後ろの車両の一番後ろの席に座って 運転席をパチリ

明暗の激しいシーンですが なんとか写ってくれました


*************************************
 ■ 2017年8月15日撮影
 ■ MC MIR-20M 20mmF3.5 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F3.5

*************************************

qchan、俊介くん、g7 さん
雨の中 どうもありがとうございました

MC MIR-20M 20mmF3.5 よ
あなたは 夜でも良く写るのねぇ









-
by nakajimaakira1948 | 2017-08-17 10:50 | 20mmF3.5 MIR-20M | Trackback | Comments(10)
2017年7月20日(木曜日)

うれしい事がありました

キヤノンFD→NEX のマウントアダプターは3個目なのですが
やっと無限遠の出るアダプターを入手できたのです

早速 FD用のピンを抜き取り スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8が使えるように改造しました
抜いたところから光が入るので 無限遠の出ないアダプターから取り出したピンを短く切りはめ込みました

わたしは 古いレンズを使うときは いつも絞りは開放ですので
これで キヤノンFLや FDレンズも使えるのです





1
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_935162.jpg

K & F Concept アダプター

無限遠の出るFD→NEXマウントアダプターを使って
スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8を α7に取り付けたところです

これまで使った中国製の FD→NEXマウントアダプターは
程度の差はあっても どれも無限遠が出なかったのです
ひどいものでは 約20mまでしか写らなかったんですよぉ~

今回のFD→NEXマウントアダプターは 中国K&F社製で 送料込みで2,520円でした ♪♪♪

そんなに嬉しいか?
嬉しいです
それは スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8の写りが とても気に入っているからです

1959年のキヤノン初の一眼レフ キヤノンフレックスの標準レンズだったんです
フィルター径58mmの大柄なレンズで アンバー系(だいだい色)の単層膜コーティングで
絞り羽根は6枚、最短撮影距離は60cmです

■ 2017年7月20日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_1065345.jpg

自転車

きのう7月19日、暑いので外に出るのを嫌がるミミちゃんを家において
スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8を付けたα7を首から下げて 朝の9時から散歩に出ました

このレンズ、絞り開放で近距離の被写体を撮ると とても被写体を浮き上がらせます
まぁ、明るい標準レンズで撮ると みんなそうなんですが
わたしの思い込みから来るのかスーパーキヤノマティックR 50mmF1.8は特にそう思います





3
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_10191424.jpg

大曽公園

ミミちゃんが嫌がる暑さですね

いつも おチビちゃん達でうじゃうじゃの大曽公園の砂場ですが 誰もいません

暑さ知らずのコアラくん以外は みんな暑さに伸びています





4
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_1025368.jpg

暑そう

家も自動車も暑そうです

暑くて 屋根も自動車も黄色くなっています





5
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_10302697.jpg

細長い家

阪急電車の豊中駅に向かっています

ちょっと影に入って一休みです
細長いちゅうか薄っぺらい建物がありました





6
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_10372775.jpg

プラットフォームより

ここは 阪急電車の中山観音駅です

豊中駅まで来て 汗を拭いていたとき
ちょっと電車に乗って涼んでいこうと思ったのです

人の多い梅田方面行きでなく 宝塚方面行きの電車にしました
電車はガラガラに空いており 冷房が効いてとても気持ちがええです

さあ戻ろうと電車を降りたのが 中山観音駅です
プラットフォームから暑そうな町を眺めています
小さな時計台のある建物がありました、きれいなトイレでした


中山観音と言えば、1984年に息子が生まれたときに
親父・おふくろ・女房・息子と一緒に「さらし」を返しに来たことがあります
う~む、懐かしい
ちょっと降りて 中山観音を見てみよう





7
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_1134660.jpg

水子地蔵

中山寺は駅から50mぐらいのところにありました
全然記憶にないです

入ってみると まず水子地蔵がありました
安産だけでなく 死産した赤ちゃんもここで祀っているのですねぇ
合掌





8
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_119678.jpg

紺色の五重塔

う~ん、紺色の五重塔は初めて見ましたよ

このあと 一転掻き曇ってきて 小雨が降ってきました
だいぶ山の中に来てるので 天気が変わりやすいのですね





9
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_11161210.jpg

ハス

中山寺では いたるところに ハスの花が咲いていました





10
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_11175813.jpg

裏山

紺色の五重塔のところから 裏山を眺めています
夏でも涼しそうな家々ですね


1959年の スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8の 初めての無限遠撮影です

空を トリミングしました





11
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_11235273.jpg

灯篭

灯篭です

明るいところの回りに すこしフレアーが見られます





12
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_11265513.jpg

前ボケ

スーパーキヤノマティックR 50mmF1.8、前ボケもなかなか美しいですね





13
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_11311671.jpg

怖わっ

帰ります

入口にいた おっさんです

怖わっ
安産のお寺なのに なんでそんなに怖い顔してますのん





14
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_11365417.jpg

また豊中

また 豊中に戻ってきました

暑い
たまらず コンビニで缶ビールを買ってグビグビグビ~





15
スーパーキヤノマティック R 50mmF1.8で 中山観音へ_b0069128_11414524.jpg

カエルくん

ビールを飲んだら 余計に暑くなってきました

よろよろ歩いていると 道端に大きなカエルくんがおりました
しゃがみ込んでピントを合わせます
良く見ると とても気合の入った表情をしています

カエルくん 「おいっ、おっさん 気合を入れて歩けよ」
わたし   「はいっ、わかりました」



*****************************************
 ■ 2017年7月19日 撮る
 ■ Super-Canomatic R 50mmF1.8 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F1.8

*****************************************

朝9時から12時まで 3時間の小旅行でした









-
by nakajimaakira1948 | 2017-07-20 11:57 | 50mmF1.8 Canomatic R | Trackback | Comments(4)
2017年7月6日(木曜日)

今日は 1972年製のスピラトーン18mmF3.5を持って コーナンへ行きました。
ちょっと欲しいものがあったのです。

別に コーナンのCMをするつもりは無いのですが
わたしの家から 秘密の通路を通ると 1分で行けるのです。




1
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_18181737.jpg

Spiratone 18mmF3.5

これが スピラトーン18mmF3.5です
米国の写真関係の商社スピラトーン社に シグマがOEMで納めたレンズです

レンズのシリアルナンバーとレンズキャップに シグマのΣマークが誇らしげです
1972年と言えば レンズ専門メーカー製の18mmは珍しかったのです

フィルター口径72mmの堂々としたレンズで
最短撮影距離17cmで アンバー系の単層膜コーティングが施されています


このレンズ、ニコンFマウントなので 最初ニコンD700で撮っていたのですが どうも変な写りでした
ソニーα7の ピント拡大機能を使うようになって ようやく写真らしきものが撮れるようになって来ました

■ 2017年7月6日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_18423997.jpg

砂場

コーナンへ行く途中というか ちょっと家の前の公園の砂場を撮ってみました
絞りは 最後の写真までずっと F8です

18mmの割に ピントはシャープネスに欠けておりますが
同時代の キヤノンFL 19mmF3.5でも良く似たものでしたね





3
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_18565233.jpg

ここに入って

まず 忍者のように ここに入ります

近所に住む人たちでも見落とすような 狭い隙間です





4
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_191378.jpg

ここを上がって

この ちょっとした坂を上がります





5
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_1941943.jpg

ここに出ます

左側の草の生えた道が さっきの道です

ミミちゃんは、画面の奥の道路まで戻って来ると もう自分の庭のように歩きます





6
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_19104645.jpg

草花売場

駐車場を右に曲がると すぐコーナンの草花売場です

左側に見えるのがコーナンです





7
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_19135414.jpg

カメラを下向けたら

ちょっとカメラを下向けたら
さすが18mmです、極端に下すぼまりです





8
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_19163849.jpg

わんこの気持ち

はいっ、コーナンでの買い物は終わり 元の忍者の道を戻っています

肩の高さの辺りに マンションの駐輪場があります

ここで写真を撮ると わんこの気持ちが判りますね





9
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_19225231.jpg

赤い車

家に着きました

赤い車と 自転車のおねぃさんを撮りたかったのですが
18mmでは あっと言う間に おねぃさんは豆粒になっていました





10
スピラトーン18mmf3.5で コーナンへの道を_b0069128_19295141.jpg

食べれないよぉ

ミミちゃん 「 食べれないよぉ 」
ミミちゃんは 何か食べるものが入っているのかと 期待していたようです

コーナンで買ったのは このタッパウエアーみたいな収納ケースでした
本棚からはみ出してきた 小さなレンズたちを入れるのです




*********************************************************
 ■ 2017年7月6日 撮る
 ■ 2~10枚目 Spiratone 18mmF3.5 made by SIGMA on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞りF8

**********************************************************

いままで スピラトーン18mmF3.5で撮った写真は
ブログの右側のカテゴリー欄の 18mmF3.5 Spiratone から見れます









-
by nakajimaakira1948 | 2017-07-06 19:49 | 18mmF3.5 Spiratone | Trackback | Comments(6)
2017年6月29日(木曜日)

1960年製のミランダ オートメックスに付いていた標準レンズが ソリゴールミランダ50mmF1.9です

このレンズは コルゲンコーワの興和の光学事業部で造られました
当時 ミランダ以外の興和自社製のカメラには まだプロミナーをレンズ銘に冠しておりました

今日は この興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9です





1
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_12202567.jpg

興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9

これが少なくとも1960年には 欧米で発売されていたミランダ オートメックスに付いていた
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 です

当時 ミランダのカメラは日本国内では販売されず 欧米だけで発売されており
欧米からの情報では ミランダ オートメックスは1959年製という説もあります

写真の ミランダ→マイクロ4/3 マウントアダプターの後ろに付いている白いギザギザのリングは
ミランダ→マイクロ4/3 マウントアダプターを ソニーNEXマウントカメラで使うための
マイクロ4/3→ソニーNEX の マウントアダプター間のアダプターで ブリッジアダプターと呼ばれるものです

このブリッジアダプターは まだソニーNEX用のマウントアダプターがあまり出回っていない頃に
先行していた 各種のマイクロ4/3用アダプターを ソニーα7で使うために入手したものです


それでは、興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9を ソニーα7に付けた絞り開放写真に行きます

■ 2017年6月29日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700





2
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_1247234.jpg

元気いっぱい

蒸し暑くなってきても食欲旺盛で 元気いっぱいのミミちゃんです
ミミちゃんのギョロ目がシャープに写っております

興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9は 最短撮影距離が45cmと使いやすいです
キャノンもニコンも この当時の標準レンズは最短撮影距離が60cmだったのにぃ





3
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_1363571.jpg

さかなとり

いつも撮る さかなとり です





4
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_1385822.jpg

旭ヶ丘団地

この出入り口を出て 左に曲がると すぐ旭ヶ丘郵便局があります





5
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_13114732.jpg

せん たくや くん

洗濯屋さんの せん たくや 君 です

だいぶ古くなって 目が消えかけている せん たくや君ですが
この日は 新しいネッカチーフを巻いてもらって嬉しそうです





6
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_13175867.jpg

欄干

郵便局の帰り道の天竺川です

欄干の前ボケが美しいでしょ





7
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_13215786.jpg

ミランダ オートメックス II

わたしの 興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9 は
この 1963年製の ミランダ オートメックス II に付いて アメリカから里帰りしました

きれいに掃除を済ませた障子のような 大きなセレン受光部が スッキリした表情を見せています

興和製ソリゴールミランダ50mmF1.9 は、今ソニーα7に付けて この写真を撮っていますので
オートメックス II には Auto Miranda 28mmF2.8を付けています





8
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_13342069.jpg

ふたり

いつも ふたり仲良く腰を下ろしている 操り人形たちです

薄い、アンバー系(オレンジ色)と マゼンタ系(薄紫色)の単層膜コーティングのせいでしょう
左側にハレーションが出ています





9
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_1343234.jpg

長靴わんこ

玄関にいる 長靴わんこたち です

可愛く撮れていますが これも左側に ハレーションが出ていますねぇ




**************************************************
 ■ 2017年6月26日~29日 撮る
 ■ Soligor Miranda 50mmF1.9 made by KOWA on Sony α7
 ■ 絞り優先AE 絞り開放 F1.9

**************************************************




おまけ
興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9 で_b0069128_135458100.jpg

29連勝

将棋の藤井聡太4段が デビュー以来無敵の29連勝です

ニコニコ動画で、谷川9段と里美女流名人の妹さん(名前は失念)が 実況中継をやってました
映像は 谷川9段と里美さん、右下では 肝心の藤井くんはトイレへ、相手の増田4段が考えています

机の上のカメラは ミランダ オートメックスで
カメラの左に 興和製 ソリゴールミランダ50mmF1.9が写っています

■ 2017年6月26日 ■ Enlarging Lens Fujinar-E 50mmF4.5 on Sony α7









-
by nakajimaakira1948 | 2017-06-29 14:11 | 50mmF1.9 Soligor 興和 | Trackback | Comments(4)
2017年6月15日(木曜日)

藤本写真工業の E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5 での写真です

このレンズ、製造されたのは1950年代の初期と思われ もう65歳選手ですが
銀色に光り輝くその姿、収差が認められない描写性能で まことに気に入っております




1
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_8521874.jpg

横目で見るなぁ

ミミちゃんが わたしを横目で見ます

ミミちゃん 「ギロッ」
わたし   「横目で見るなぁ」

左クリックして 拡大してください
ミミちゃんの右目が くっきり ♪♪♪





2
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_8574950.jpg

あご冷やし

暑いときには あご冷やしです

冷たいフローリングに あごやお腹をベターと付けて、目だけ開いてキョロキョロ
コムギも 良くあご冷やしをやっておりました





3
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_941954.jpg

キヤノン Demi EE17

2台のコニカに挟まれて デミEE17が大きな顔をしています

30mmF1.7が付いたデミEE17
普通のセルフタイマーとは逆方向に動かすのですが 作動が固くなってきていましたので
セルフタイマーを外して チョイと給油したら治りました

一段とベッピンさんになったデミEE17、E-Lucky Anastigmat 75mmで パチリ





4
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_918273.jpg

キリンさんも あご冷やし

6月13日(火曜日)の朝です
このまえ家で寝ていたので連れて行かなかったミミちゃんと あじさい公園(皿池公園)へ散歩です

キリンさんが暑いからか あご冷やしをしておりました
目にどろが付いていましたが やはり目を開けてキョロキョロしています





5
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_932518.jpg

あじさい公園

あじさい公園(皿池公園)には、きれいなアジサイがいっぱいでした

あじさい公園というのは わたしが言っているだけで 本名は皿池公園といいます
E-Lucky Anastigmat 75mmで 中央のアジサイにピントです





6
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_9393349.jpg

脱力写真

へへへ、ちょっとピントを外してみました

こういう写真を「脱力写真」と呼びます
藤田一咲さんの造語です

落ち着いた感じが漂います、漂いませんかぁ





7
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_9461633.jpg

ぐるぐるボケ

ミミちゃんの後ろの草が 弱いぐるぐるボケです
やはり E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5は 3枚構成のレンズの味を残していました
うれしい~

ミミちゃんの舌は「花の応援団」の青田赤道の舌みたいでしょ





8
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_9542079.jpg

夕焼け小焼け

今年の梅雨は 雨が降りませんねぇ

豊中の夕焼け小焼けです
あしたも良いお天気です





9
E-Lucky Anastigmat 75mm F3.5 で ミミちゃんを_b0069128_9575084.jpg

E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5

美しい E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5 です

こんな美しいメッキのレンズは 見たことがありません

藤本写真工業さん、ありがとう



************************************************
 ■ 2017年6月12~14日 撮影
 ■ 1~8枚目 E-Lucky Anastigmat 75mmF3.5 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F3.5

 ■   9枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700

************************************************

とても 65年むかしの引き伸ばしレンズで撮っているとは思えない写りでしょ









-
by nakajimaakira1948 | 2017-06-15 10:15 | 75mmF3.5 E-Lucky 初期 | Trackback | Comments(0)

天日干し

2017年6月9日(金曜日)

近畿地方も梅雨入りしましたね

手持ちのカメラの一部を手入れして 天日干ししました





1
天日干し_b0069128_1043680.jpg

Minolta SRT Super with MC Rokkor-PF 135mm F2.8

ミノルタSR-1で育ったわたしは ミノルタのカメラが大好きです

一眼レフは、シャッターを高速から低速まで切ってみます

1秒や1/2秒が遅いとか速いのは あまり気にしません
低速シャッター速度での 露出の誤差は小さいですから





2
天日干し_b0069128_10122443.jpg

Carl Zeiss Werra with Tessar 50mmF2.8

このカメラ、カメラ屋さんのツァイスイコンが造ったのではありません
レンズ屋さんの カールツァイスが造った シンプルデザインのカメラです

レンズシャッターのカメラも まずシャッター速度を確認します
低速シャッターが粘っていたり 切れないときは
前玉を外してシャッターをベンジンで拭きます

絞りは、シャッター速度をB(バルブ)にして
シャッターを切った状態のまま 絞りリングを開閉して確認します





3
天日干し_b0069128_10221946.jpg

Nikon F3 with Ai Nikkor 50mm F1.8S

電子シャッターのカメラは わたしの技量ではメンテナンスはできません

スイッチONにして 動けばOKとしています





4
天日干し_b0069128_1029293.jpg

Mamiya Prismat NP with Mamiya-Sekor 58mmF1.7

古いカメラは、巻き上げやシャッター速度の変更などは ゆっくりしましょう
急に作動させると 金属部品でも変形したり破損したりするからです

この マミヤ プリズマット NPは、シャッター速度ダイアルが良く空回りをします
ダイアルがグラグラするときは 空回りの前兆ですので
ダイアルを固定している ローレット部のネジ2本を締めます





5
天日干し_b0069128_10412418.jpg

Asahi Pentax ES-II with SMC Takumar 55mmF1.8

機械的な作動は完全ですが 露出計が動かないES-IIです
このような露出計が動かない古カメラは ジャンク扱いで非常に安く入手できます

露出計が動かなくても写真が撮れるように 人間露出計を鍛えておきましょう





6
天日干し_b0069128_10502926.jpg

Minolta 35 Model IIB with Summitar 50mm F2

このミノルタ35 IIBは、デッドストックかと思うような素晴らしい状態です
シャッター速度と 無限遠での二重像合致の確認だけです


レンズのズミタール50mmF2は 30年まえに絞りリングが動かなくなり
最近 潤滑油の一滴で息を吹き返したヤツです

絞りリングの回転と 沈胴の作動具合を確認しました





7
天日干し_b0069128_1111371.jpg

Praktica Super TL1000 with Hanimex Automatic 28mm F2.8

どこにも文句が無いプラクティカ Super TL1000 です

しいて文句を言えば、軍幹部のカバーがプラスティック製なのと
シャッターが ストロークの最後で切れて、シャッターフィーリングが悪いことでしょうか

露出計も単体露出計とドンピシャリ ♪♪♪





8
天日干し_b0069128_111422100.jpg

Zeiss Ikon Hexacon with mamiya-sekor 55mm F1.8

このヘクサコン、お歳のせいか(1952年製)
低速シャッターと高速シャッターの切り替えレバーが固くなってきていました

レバーに潤滑油を一吹きして 数回切り替えると治りました


レンズのマミヤセコールは 少しピントリングがガタついていました
精密ドライバーで小ネジを締めて改善できました





9
天日干し_b0069128_11233186.jpg

Praktica IV with Semi-auto Tessar 50mm F2.8

どこも悪いところはありませんでした
いわゆるブラックアウトする 非クイックリターンミラーなので丈夫で長持ちです

セミオート テッサーとの組み合わせでは
シャッターボタンを押すと、まず 絞りがカタッと絞られファインダー像が暗くなり
次に ミラーがポンッと上がって真っ暗になり、最後に チャッとシャッターが切れます





10
天日干し_b0069128_113211100.jpg

Exakta Varex IIa with Tessar 50mm F3.5

シャッター速度は 12秒まで完璧でした
実際は、10秒か15秒か 時計と見合わせておりませんので判りませんが

裏ブタの開閉が少し固くなっていましたので
ラッチの噛み合い部分に潤滑油を一吹きして改善できました

三半テッサーは 問題なしです





11
天日干し_b0069128_11421269.jpg

Konica Autorex with Hexanon 52mm F1.8

外光式CdS露出計を含めて すべて完璧でした

コニカのカメラは、「親・子・孫と3代にわたって使える丈夫さ」と評した上野千鶴子さん
本当ですねぇ





12
天日干し_b0069128_11494066.jpg

Topcon RE Super with RE Auto Topcor 58mm F1.4

わたしの大好きな トプコン RE Super

う~ん、シャッター速度1秒と1/2秒が作動しません
何回やっても きっちり1/4秒までで 1秒と1/2秒はアウトです
しくしく

まあ 肝心のトプコール58mmF1.4は快調だからええかぁ





13
天日干し_b0069128_11574046.jpg

Meyer-Optik Görlitz Primagon 35mmF4.5 on Sony α7

最後に、メンテナンスはしていませんが メイヤー光学のプリマゴン35mmを付けたソニー α7です

1956年製のプリマゴン35mmF4.5、F4.5とは思えない前玉の大きさです
レトロフォーカスにするための大きな凹レンズの後ろの結像レンズは、3群3枚です
トリプレットをレトロフォーカスにしたレンズなのです

ちょっとだけ作例に行きます





14
天日干し_b0069128_1283316.jpg

阪急バス

プリマゴン35mmの絞り開放の写りです
良い写りだと思います





15
天日干し_b0069128_1214667.jpg

郵便受け

焼肉屋さんの「もくもく亭」の ポスト型郵便受けです





16
天日干し_b0069128_12183567.jpg

街角

おばさんが 切れかけています
もう少し中央寄りにしたかったのに

腕が悪いですね





17
天日干し_b0069128_12221079.jpg

Nikon F with Ai Zoom Nikkor 43-86mm F3.5

プリマゴン35mmでも 天日干しを撮ってみました
ニコン F です

35mmだと カメラが小さくなってしまうのと
被写界深度が分厚いので 網戸が写ってしまうのでやめましたぁ



**********************************************
 ■ 2017年6月8日~9日
 ■ 1 ~ 13枚目 AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700

 ■ 14~17枚目 Primagon 35mmF4.5 on Sony α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F4.5

**********************************************









-
by nakajimaakira1948 | 2017-06-09 12:34 | 35mmF4.5 Primagon | Trackback | Comments(2)

岡町から梅田へ

2017年5月31日(水曜日)

先週の5月27日の土曜日は 朝から素晴らしい快晴でした

この日は、鹿児島へ移住するH君と奈良のY君と3人で 梅田の「たよし」で飲むのです

朝からカメラを持って家を飛び出し、まず阪急電車岡町駅周辺から梅田周辺を撮りまくりました
撮りまくったと言っても 50枚程度ですけど

写真を撮らない人と飲むときは やはりAFカメラを持ち出します
MFで 時間をかけてピントリングをグリグリ回すのは 待っている人に迷惑でしょうから




1
岡町から梅田へ_b0069128_8453873.jpg

わんこプランター

近所の玄関先に居た わんこです
このわんこ まえに1回撮ったことがあります

愛嬌のある顔をしていますねぇ





2
岡町から梅田へ_b0069128_8505156.jpg

良い天気

朝から良いお天気です

桜塚高校の球よけネットです
むかし奥田くんという剛腕投手がいて 阪神タイガースに入ったのですが・・・

おねぃさんの左側の塀は 桜塚高等女学校時代からある「さくらの塀」です





3
岡町から梅田へ_b0069128_93461.jpg



マンションや駐車場に囲まれて 古い蔵がありました
何を入れているのでしょう





4
岡町から梅田へ_b0069128_962085.jpg

スカート摘まんで

おチビちゃんが スカートを摘まんでいました

カーテシー(curtsey)をするのなら そのまま片足を後に引いて腰を落とすのだよ





5
岡町から梅田へ_b0069128_9123290.jpg

ええ感じ

岡町駅の北西に ええ感じのお家がありました





6
岡町から梅田へ_b0069128_9153742.jpg

飲み過ぎて

奥の方から、飲み過ぎて だんだん良い気持ちになり
手前のほうでは 横になり眠りかけています (^^)

岡町図書館まえにて





7
岡町から梅田へ_b0069128_9234328.jpg

プラットフォーム

阪急電車中津駅です

おそらく日本で一番 幅の狭いプラットフォームではないかと思います
幅は 2メートル程度です

時間があったので 途中下車して撮ってみました





8
岡町から梅田へ_b0069128_93118.jpg

お初さん

Hくん、Yくんと2時に待ち合わせで「たよし」で6時過ぎまで うだらうだら

そのあと 恒例のお初天神へ
もう6時20分ですが まだ空は明るいです

悲恋のお初さんも 明るくふっくらしていますねぇ





9
岡町から梅田へ_b0069128_9433557.jpg

Menue

こんなお店を見ると また入りたくなります
この日は アルコールに弱い人たちと一緒ですので 横目で見るだけですけんど





10
岡町から梅田へ_b0069128_9473066.jpg

1st Pocket

わたしの生家ちかくの ホテル1st Pocket です





11
岡町から梅田へ_b0069128_9505016.jpg

Fuji

二人と別れたあと、夕暮れの曽根崎界隈を また歩きます

ええなあ~、曽根崎は



**************************
 ■ 2017年5月27日 撮る
 ■ FE 28-70mm on SONY α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放

***************************









-
タグ:
by nakajimaakira1948 | 2017-05-31 09:59 | 28-70mm SONY FE | Trackback | Comments(8)

フジノン-ES 50mmF4 で

2017年5月25日(木曜日)

また 引き伸ばしレンズによる写真撮影です

今回は、富士写真光機の フジノン-ES 50mmF4 です

富士写真光機製の引き伸ばしレンズは フジナー-E 50mmF4.5を紹介済みですが
フジノンと名称が変わり サフィックスにESが付いた後継型です





1
フジノン-ES 50mmF4 で_b0069128_934577.jpg

Gun Collection

きのう シャープス カービン(Sharps Carbine)という1895年製のライフル銃を手入れしました

手入れと言っても、撃鉄を上げて引き金を引くだけです
バチンと打つと衝撃で壊れるかも知れないので 左手を撃鉄に添えて優しく打つのです
スプリングカメラの 前蓋を開くときと同じ要領です

数回打った後に 潤滑油を可動部に塗って終わりです

このライフルは 20年ほど前に朝日新聞に広告が出ていたものを買いました
スペイン製の模造品ですが 本物と寸分違わず製作されており 重量も本物どおり4Kgです

右側は下から、コルト45(日本製)、海賊のおもちゃライター(中国製)、Two Lions(南ア製)です

ピントは シャープス カービンの撃鉄部です

このほか ルガーP08とか いっぱい持っていたのですが いつの間にかなくなってしまいました





2
フジノン-ES 50mmF4 で_b0069128_1073498.jpg

べっぴんさん

ミミちゃんは女の子なので 鉄砲には興味ありません

フジノン-ES 50mmF4を付けたα7を向けると べっぴんさんにしています





3
フジノン-ES 50mmF4 で_b0069128_1015412.jpg

早朝の雨

今朝の雨です

う~む、フジノン-ES 50mmF4は 絞り開放から とてもシャープです





4
フジノン-ES 50mmF4 で_b0069128_10192555.jpg

フジノン-ES 50mmF4

なんの変哲もない 引き伸ばしレンズですが描写は良いです

富士フィルムが カメラやレンズを造ってもらっていた富士写真光機製です

フジノン-ES 50mmF4は 3群4枚のテッサー型の構成ですが
フジナーでなく フジノン銘にしています

小西六も引き伸ばしレンズでは、テッサー型でもヘキサーでなくヘキサノン銘でした
引き伸ばしレンズの場合は レンズの名称は写真用レンズと異なるようです

■ 2017年5月25日 ■ AF Nikkor 28-105mm on Nikon D700



****************************************
 ■ 2017年5月24~25日 撮影
 ■ 1~3枚目 Fujinon-ES 50mm F4 on SONY α7
 ■ 絞り優先AE すべて絞り開放 F4

****************************************

むかしから コレクション好きでした

ビー玉
メカチン(目の高さから 足元のビー玉を狙って落とす)が得意で 数百個集めました
ある日 死んだ母が 黙って全部捨ててしまいました(涙)

切手
いろいろ集めました、2枚あるものは学校で持っていない切手と交換したり
外国の切手も多くあります
もう集めていませんが いまでもストックブックに入れて持ってます

コイン
海外に出張したとき等に 記念に集め始めました
非常に珍しいのを 1枚持っています
ローデシアからザンビアに独立した1965年の 初代大統領の記念コインです

古カメラ・古レンズ
これは コレクションと呼べるほどものではありません









-
by nakajimaakira1948 | 2017-05-25 11:05 | 50mmF4 Fujinon-ES | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31