タグ:Topcon PR ( 1 ) タグの人気記事

トプコンPR 再び

2016年5月6日(金曜日)

2010年の夏、梅田は桜橋のマルシンカメラで買ったトプコンPRを
買ってから8日後に あの世に送ってしまったことをお話ししました。

巻き上げしているときに 何かおかしな感触があり
シャッターが切れずに巻き上げも出来なくなったのです。


マルシンカメラで買うときに
「委託品ですので 壊れても治せませんよ、それでも良いですか?」
と言われておりました。
そんな訳で修理にも出せずに 泣きながら綺麗な機体だけを眺めていたのです。

壊してしまってから インターネットの「トプコンクラブ」などで調べると
「トプコンPRは、巻き上げとシャッターの連携が弱く 壊れている機体の殆どがそれだ」とありました。

どうしても忘れられないトプコンPR、6年ぶりに やっと手に入れました。





1
b0069128_13243173.jpg

ご対面

新旧のご対面です
左が壊してしまったトプコンPR 右が新しく入手したPRです


古いとか新しいとか言っておりますが どちらも1959年から造られた
日本で初めての レンズシャッター式のペンタプリズム付き一眼レフです

ボディのシリアルナンバーは2800番ほど違っていますが 全く同じ機体です


綺麗に見える左側のPRですが、壊れたときはシャッターが切れず巻き上げできない状態でしたが
その後、裏蓋を開けて 構造も判らないのに いじくり回しているうちに
レンズシャッターが開いて 遮光用の接眼部のアイシャッターが閉じてしまい
ファインダーを覗いても真っ暗なのです





2
b0069128_13295623.jpg

正面

一通りカメラの機能を確かめてみました

前のオーナーはシャッターが粘っていると言われていましたが
シャッター速度は正常で ただシャッター速度をバルブにしたときだけ
指を離す前に シャッターがゆっくり閉じる現象が認められました

フォーカルプレーンのシャッターでしたら すぐに軍艦部を開いて中を覗くのですが
現在 可動している機体が殆ど無いレンズシャッター一眼レフの機体ですので
いじくるのはやめておきます





3
b0069128_13331671.jpg

右側面

レンズの前側より

絞りリング
黒い小さな プリセット絞り作動レバー
銀色のリングがシャッター速度リング
白いチョボは セルフタイマーの指かけ
フォーカスリング
マウント前が被写界深度目盛りリング(固定)





4
b0069128_13351697.jpg

左側面

軍艦部は 右手側から

巻き上げレバー
シャッターボタン
アクセサリーシュー
巻き戻しクランク

シンプルで可愛らしいですね





5
b0069128_13365824.jpg

軍艦部

軍艦部も非常にシンプルです


仕様を書き上げてみました

発売:     東京光学機械1959年
型式:     35mmレンズシャッター式一眼レフ
シャッター:  シチズンMV B、1~1/500秒 セルフタイマー内蔵
レンズ:    Topcor 1:2.8 f=5cm 3群4枚構成 最短撮影距離60cm
コーティング: シアン系単層膜コーティング
絞り:     プリセット式 F2.8~22
ファインダー: 全面マット 倍率0.8倍 視野率 横92% 縦88%
ミラー:    非クイックリターン(巻き上げてファインダーが見える)
シンクロ接点: M / X 切替え式
寸法・重量:  横幅131 x 高さ83 x 奥行72mm 620g
発売時価格:  本体16,200円 ケース1,300円





6
b0069128_13403799.jpg

レンズ

定評があった東京光学のトプコール50mm F2.8が付いています


シャッターは シチズンMVです
一眼レフ用のレンズシャッターでなく 普通のレンズシャッターですので
一眼レフの作動に合わせるのは 壊れるのも当然かと思われるほど 複雑な作動をします





7
b0069128_1343849.jpg

複雑なシーケンス

レンズシャッター式一眼レフの作動シーケンスです

1. 巻き上げで 閉じていたシャッターのリーフが開く
2. ファインダーの遮光シャッターが開く
3. このとき反射ミラーが降りる (ファインダーが見えるようになる)

シャッターボタンが押されると
4. シャッターはまず閉まる
5. 反射ミラーが跳ね上がる
6. シャッターが作動する(設定スピードに応じてリーフが開いた後 また閉まる)
7. ファインダーの遮光シャッターが閉じる

1.に戻って巻き上げを待つ





8
b0069128_13462024.jpg

トプコン三姉妹

トプコンが誇る レンズシャッター一眼レフの三姉妹です

右から
1959年のトプコン PR、日本最初のペンタプリズム採用のレンズシャッター一眼レフ
1964年のトプコン ユニ、日本最初の自動露出一眼レフ
1969年のトプコン ユニレックス、トプコン最後のレンズシャッター一眼レフ

どれも シャッターボタンを押すと
「バコン」と みんなが振り返る強烈なシャッター音を発します





*******************************************
 ■ 2016年5月4~6日
 ■ AF Zoom Nikkor 28-105mm on Nikon D700
 ■ Speedlight ON

*******************************************





おまけ
b0069128_1354213.jpg


トプコンPRの記事中、日本最初のペンタプリズム採用のレンズシャッター一眼レフと書いたのは
トプコンPRは 日本最初のレンズシャッター式一眼レフではないからです

日本最初のレンズシャッター式一眼レフは 1954年の常盤精機製のファーストフレックスという
ウェストレベルファインダー付きのもので、2番目が 写真3、4の 1955年の同じ常盤精機のペンタフレックスです
このペンタフレックスは、当時製作が困難だったペンタプリズムを使わずに 鏡を張り合わせて造った
ペンタミラーを使っていました

このファーストフレックスやペンタフレックスを、おもちゃカメラに分類したり 量産カメラではなかった等の理由で
日本最初のレンズシャッター式一眼レフはトプコンPRだと言われる方もおられます

でもわたしは、レンズ交換もできるファーストフレックスやペンタフレックスはおもちゃカメラだとは
とても考えられない立派なカメラと思うのです


■ 写真は、1987年 クラシックカメラ専科No.9「35mm一眼レフカメラ」の
  久野幹雄さんの記事中の写真をスキャンしました









-
by nakajimaakira1948 | 2016-05-06 14:02 | 28-105mm AF Nikkor | Trackback | Comments(2)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31