タグ:Topcon R ( 1 ) タグの人気記事

2020年5月5日(こどもの日)

相変わらず COVID-19 が 猛威をふるうなかで、今年も「こどもの日」を 迎えました

DR ズミクロン 50mm F2 を 持ち出しました
このレンズ、近距離では これ以上のボケ味はないという きれいな写りをします


最後には、5月3日に届いた 1957年製の トプコン R を お見せします





1
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08474514.jpg

DR Summicron 50mm F2 on Leica M3

1956年に生産が開始された ダブルレンジ(DR) ズミクロン 50mm F2 を
1954年からの ライカ M3 に 付けています


最近の若い方が 古いズミクロン50mmF2 を 絞り込んで遠景を撮っておられるのを見るにつけ
「もったいない写し方をしているなぁ」と 感じます

ズミクロン50mm や DRズミクロン50mm は、絞り開放付近で近距離を撮ったときの
ピントの合ったところからうしろに なだらかにボケて行く味が特徴のレンズです

また ズミクロンを F4程度以上に絞ると どんなレンズで撮ったのか全く判らない
特徴のない写りになってしまいます


ボケ味の優れているレンズは 収差が残っているので 美しいボケ味が出るのです
コンピューターで設計された近年のレンズでは、残存収差が殆どなく 美しいボケを見ることは少なくなりました


それでは DRズミクロン50mmF2 を ソニー α7 II に付けた 絞り開放写真に行きます

■ 2020年4月30日 ■ AF Micro Nikkor 60mm F2.8 on Nikon D700





2
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08475120.jpg

これが ズミクロン

新聞を取りに外に出て 置物ミミちゃんを撮りました

これが「ズミクロンのボケ味」です

被写体のミミちゃんから 背景の向こうのお家の塀が なんとも美しくボケていますでしょ





3
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08475666.jpg

本棚のうえ

近距離でも そのボケ味は美しいです

被写体は 黒いミノルタ SRT Super ですが
一番奥の スワジランドの働くおばさんまで なだらかにボケて行きます





4
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08480044.jpg

おひさまっこ保育園

おひさまっこ保育園が 再開されました
みんな 大丈夫だったかい

遠景では そんなに美しい描写とは思えません





5
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08480353.jpg

ひなたぼっこ

ミミちゃんが ひなたぼっこ しています

DR(Double Range) ズミクロンは、ヘリコイドが二つあって 切り替えると 48cmまで寄れます
この写真は ∞~1m の レインジのままで撮っています





6
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08480739.jpg

歪曲収差テスト

なぜ 近距離での後ボケが 美しいのでしょうか

歪曲収差は まったく認められません





7
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08481108.jpg

TOPCON R in 1957

トプコン R です

1957年に造られました
日本国産の ペンタプリズム搭載の 35mm一眼レフでは
ミランダ T、アサヒペンタックス(AP)に次いで 第3番目のカメラです

残念ながら、このカメラに付いていたオリジナルの Auto Topcor 58mm F1.8 は まだありません
写真のレンズは 1963年の RE Auto Topcor 58mm F1.8 を付けています

この トプコン R が わたしの 9台目のトプコンの一眼レフになります
詳細は トプコン物語 を ご覧ください


けっこう高かったので、これからしばらくは 水だけを飲んで暮らさねばなりませぬ
そして オリジナルの オートトプコール58mmF1.8 を 探さなければなりません





8
DR ズミクロン 50mmF2 の 描写と トプコン R_b0069128_08481619.jpg

Primagon 35mm F4.5 on TOPCON R

大好きな 東独のメイヤー光学(Meyer-Optik Görlitz)の Primagon 35mm F4.5 を 付けてみました

1956年の プリマゴン 35mm F4.5 と 1957年の トプコン R
古いレンズと 古いカメラが 対面を喜び合っているようです




*****************************************************
 ■ 2020年4月30日~5月5日 撮る
 ■ 1、7 & 8枚目 AF Micro Nikkor 60mm F3.8 on Nikon D700
 ■ 2 ~ 6枚目  DR Summicron 50mm F2 on SONY α7 II
 ■ 絞り優先AE、すべて絞り開放 F2

*****************************************************

DR スミクロンの綺麗なボケ味は どんな収差を残していることから来ているのでしょうね

古い ヤシカペンタ ジャガー の Auto Yashinon 50mm F2 と
ヤシカ FFT に 付いていた Auto Yashinon-DS 50mm F1.9 の 写りが
DR ズミクロン 50mm に 似ていたのを思い出します

Auto Yashinon 50mm F2 の 写りです
ジャガーの 50mm F2 で
Auto Yashinon 50mm F1.9 の 写りです
ヤシノン DS 50mmF1.9 で











by nakajimaakira1948 | 2020-05-05 10:31 | 50mmF2 Summicron DR | Trackback | Comments(4)

気楽な写真のブログです。 どの写真も jpegで撮ってリタッチなしです。 写真はクリックで大きくなります。 リンクやコメントも ご自由になさってくださいね。


by Akira Nakajima
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31